ブログトップ | ログイン

岩佐徹のOFF-MIKE

toruiwa.exblog.jp

実況、ドラマなど放送全般、映画、スポーツ全般、 旅、食、友 etc

“東洋の魔女”逝く&星三っつー!~河西昌枝さん・YAHOO ブログ~13/10/09

d0164636_8292823.jpg
マニキュアを忘れない

10/03のツイート

河西昌枝さんが亡くなった。
鬼と呼ばれた大松博文監督のもと、キャプテン&
セッターとして“東洋の魔女”を1964東京オリンピックの
金メダルに導いた。当時の女性アスリートとしては異例の
31歳だった。
2度目の五輪が決まった年に亡くなるとは…。

d0164636_8295899.jpg
「…オーバーネット、オーバーネット!」。
ネット際のボールをソビエトの選手が叩いたとき、その手がネットを越えていた。
実況アナの叫び声とともに、“東洋の魔女”がソ連を下して金メダルを手にした。
東京オリンピック・女子バレーボールの決勝だ。
その瞬間を私は会場裏手のビルの一室で見ていた。

入社2年目の私はオリンピック要員だったが、実況の経験はほとんどなかったので、
主に、メダリストのインタビューをやらされていた。
私がテレビを見ていたのは、フジテレビの人気番組だった「スター千一夜」用に
女子バレーのインタビューを撮るためにセッティングされた部屋だった。
番組側は「監督(大松)とレギュラーの6人だけで」と希望したのだが、大松監督の
「12人で“チーム”。話を聞かなくてもいいから全員を出演させてやってくれ」と
断られたことを覚えている。厳しいだけの人ではなかった。

6人にしても12人にしても経験の浅い私にとっては入社以来の大仕事だった。
ドキドキしながら待っていると、試合終了から1時間たって彼女たちがやって来た。
「スター千一夜」は15分番組だが正味は11分45秒ぐらいだったと思う。
「できるだけ、編集なしで行きたいのでよろしく」とプロデューサーから注文が
つけられていて、それがまたプレッシャーだった。ハハハ。

こういうインタビューで聞くことは決まりきったものになりがちなのだが、担当を
命じられたときから私はキャプテン・河西にまつわるネタをひとつ仕込んでいた。
週刊誌で読んだのだが、彼女は選手の中でただ一人爪を伸ばしていたのだ!
指先でボールをトスするセッターが爪を伸ばすことがどれだけ危険なことか…
考えるまでもなく、容易に理解できる。記事を読んだときビックリした。
d0164636_8301798.jpg
どんなに厳しい練習も我慢します。ここ(爪)だけに女性らしさを残させてほしいと
大松監督に直訴して許可を得たという話だった。
インタビューの後半で、「河西さん、カメラに爪を見せていただけますか」と頼んだ。
祈るような気持ちだった。ハハハ。
少し抵抗の姿勢を見せたが、念願の金メダルを獲った直後で気分がよかったのか、
応じてくれた。カメラに向かってかざした10本の指…その爪は普通のOLなみに
伸びていてきれいなマニキュアが施されていた。

プロデューサーから「全体に固かったけど、あれだけはよかったよ」と言われた。
苦手なインタビューで褒められた珍しい例だ。ハハハ。


気がつけば星三つ

エキサイト・ブログに引っ越して来たのは2011年1月でした。
しかし、それまでお世話になったYAHOO!も残してあります。エキサイトの方に
何か不具合が生じてすべてが“吹っ飛んで”しまう事態に備えているのです。
非公開ですが、毎日、更新もしています。ほぼ3年間、なんにも起きませんが。
時間と労力を返せ。ハハハ。

そちらにも、日に30件前後のアクセスがあります。
フルネームで検索すると上の方に出ているし、ウィキペディアにも載っているので
ためしにクリックしたりする人がいるのでしょう。有難いことです。

YAHOO! 版の更新は写真を入れない簡単なものなのであっという間に終わります。
それで気づかなかったのですが、いつの間にか“人気度”が上がっていました。
プロフィル欄の下に表示されているもので、最高は金の星五つです。金の星は2、
グレーの星が1です。私のブログはずっと金x2とグレーx1の合計5でしたが、
気がついたら金が三つになっていたのです。
d0164636_8304479.jpg
仕組みがどうなっているのかよく分かりませんが、こういうものは多い方がいいに
決まっていますから、星半分でも増やそうと、かつてはかなりがんばりました。
説明によると“記事へのトラックバックやコメントのほか、ブログリンク数など、
さまざまな要素をもとに算出している”そうです。ただし、“算出方法の詳細は
非公開”となっています。ずるいよなあ。ハハハ。

5年前に金星が二つになったときのブログに「どうせなら“星 ミッツーッ”まで
行きたい」と書いていますが、それからグレーを一つ増やすのに1年かかりました。
それが2009年7月です。「達成には、もうひとがんばりだなあ」と思いましたが、
その後、本店が引っ越したため、目標は“自然消滅”していました。
d0164636_831628.jpg
4年3か月後、ふと気がつくと1個分増えて金星が三っつ並んでいたのです。
打ち上げから7年後、“ひょっこり”還って来た探査機・ハヤブサみたいです。
きれいなもんですね。まるでオリオン座。どうせなら五つ並んだところを見たいと
思わないでもないですが、100歳を超えるでしょうね。ハハハ。

星を獲得する基礎になるトラックバックもコメントも3年近くゼロに等しいのに
なぜ増えたのでしょう?
あ、そうか、“詳細は非公開”だもんね。ハハハ。
by toruiwa2010 | 2013-10-09 08:31 | 岩佐徹的考察 | Comments(2)
Commented by 北海道の麿 at 2013-10-09 20:29 x
岩佐さん こんにちは お尋ねしたい事があります ヤクルトのコーチ人事で今議論があります それは城石コーチが留任したのはテレビ東京の意向があったでのはという事です たしかに城石氏にコーチの実績があるとはいい難く今度の人事で退団するのは間違いないと言われていました ところが責任を取ったのは次期監督の荒木 氏です 荒木氏は残るのではと言われてたのに実績のない城石氏が残るのはおかしいというのです たしかにそう思いました 実際テレビ局がコーチ人事に口を出すという事はあるのでしょうか
Commented by toruiwa2010 at 2013-10-09 20:40
北海道の麿さん、申し訳ありませんが、
情報を何も持っていません。

ただし、テレビ局が口を出すとすれば、
大きな株を持っている(はずの)フジテレビでしょう。
それでも、コーチ人事に関与するとは思えませんね。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。