ブログトップ | ログイン

岩佐徹のOFF-MIKE

toruiwa.exblog.jp

実況、ドラマなど放送全般、映画、スポーツ全般、 旅、食、友 etc

浅田に安心&高橋が心配~小久保の一言には笑った~13/10/22

d0164636_854258.jpg
町田が飛び出した

10/19のツイート

町田樹「遠慮なく勝ちに行かせてもらう」…
その言やよし。そうでなくっちゃ。
ジャンプの高さ!!
村上佳菜子も浅田真央を慕うだけじゃなくて、
“勝ちに行く”姿勢にならないと。

d0164636_8654.jpg
もともと潜在能力が高かったということなのだろう。一つの壁を越えたと思ったら
“あれよあれよ”という間に町田がSPでトップに立っていた。ピタリと決まった
4回転について「確固たる自信があった」と話した。なかなか言えないセリフだね。
選手として“こうありたい”という理想像を描き、それに近づけたいとの思いから
かなり無理をしているようにも見えるが、フィギュア選手には珍しく、思い切った
発言を連発する町田は興味深い存在だ。

オリンピック・シーズンの開幕戦、スケート・アメリカで自己新記録を更新して
“圧勝”と言ってもいい勝ち方をした。4回転をはじめとするジャンプに高さと
キレがあって観客とジャッジを魅了した。ただ…あの衣装、どうなんだろう。
曲(「火の鳥」)に合わせたものだが、町田というより日本人に似合うとは思えない。
もっとシンプルなものにした方が演技が“より映える”と思うんだけどねえ。
ま、本人が気に入っているのなら、何をか言わんやだけど。ハハハ。

よほどのことがない限り、このまま代表のイスを射止めることになるのだろうが、
今後の課題は“勝手に”高まる期待に押しつぶされないことだ。

エースに黄色信号?
d0164636_862892.jpg
ケガを抱えながら“こわごわ”滑っている印象が強かった小塚崇彦はともかく、
“エース”・高橋大輔の胸中はどうだろう?
ジャパン・オープンでも“さんざん”だったジャンプが決まらないのは深刻だ。
ほかの要素で高得点を稼いでなんとか4位に食い込んだが、喜べるわけはない。
彼のジャンプに何が起きているのだろう?

本人も「やばい」と言っているが、シーズン初めだからなんて言っている場合では
なくなったね。修正、修正と言うけど、口で言うほど簡単じゃないはずだ。
経験があるからなんとかするとは思うが、早く立て直さないと、日本の代表になる
ことさえマジで厳しくなる。層が厚い日本男子だから、「まさか」と思っていると
現実になる可能性は十分だ。

フリーのあと、「中途半端で終わってしまった」と言っていた。
ほかに言いようがないよね。ファンはそう思わないだろうが、この日はウエアも
“中途半端”だったし、使用した“ビートルズ・メドレー”にも疑問がある。
本人は“乗れる”のだろうけど、観客やジャッジは盛り上がらない気がする。
Blues for Klookがよすぎたということかなあ。

(高橋は)シーズンを通してプログラムを作っていく選手だということをお忘れかと
リプライがあった。思うようにプログラムが作れるとしたら、よほど器用なんだね。
ハハハ。
それが事実でも、いつものシーズンならいいけど、まず日本代表に入らなければ
いけないのに、そんなことを言っていて大丈夫かと心配してるんだけどね。

浅田にゆとりが見える

10/20のツイート

浅田真央…ひいき目でなく、柔らかさがあり美しかった。
全体にゆとりを感じさせる滑りだった。
“集大成”の年にしたいとしきりに言っているが、
どこか「肚がすわった」ように見える。これを維持できれば、
その先に大きな成果が待っている気がする。

d0164636_864752.jpg
SPのあとのツイートだが、浅田はFSでも 3回転半の失敗をほかの要素で補って
高得点を獲得し、優勝を飾った。「気持ちに余裕があるのかな」と本人も話している。
ゆったりとした演技が目を引いた。浅田の中の“変化”を見た気がする。
あえて言うなら、これまでの彼女は“自分が納得するいい演技をしたい”という
気持ちが強すぎて、ジャッジにアピールすることが“お留守”になっているように
見えていた。

典型的なのはトリプル・アクセルへの強いこだわりだ。
成功すれば点数が稼げるが、失敗すれば減点される大技だ。ジャッジの採点傾向を
見たら損だと分かっているのに、こだわっていた時期があった。
彼女のファンはいろいろ“難癖”をつけるが、キム・ヨナのうまさはそこにある。
しなやかで優雅だし、分かりやすい。それはそのままジャッジの点数に結びつく。
バンクーバーの金メダルをキムが獲ったのは戦術がものを言ったのだと思う。

今回の浅田は、時間をかけてやってきたことに自信があるのが分かった。
それがこれまでになかった“ゆとり”を生み、素晴らしい演技につながった。
FSで、転倒後のジャンプのレベルを下げて演じたのもゆとりがあったからだ。
結果として完成度の高いパフォーマンスになったことが素晴らしい。
今の自信が“ゆるぎない”ものであってほしい。この状態が維持できるなら、
その先に大きな成果が期待できる。

最大のライバルはやはりキム・ヨナだと思う。
アメリカのワグナーやイタリアのコストナーも強敵だが、彼女たちは平均点以上の
パフォーマンスを見せるスケーターだが、“とんでもない”高得点を叩き出すという
雰囲気はない気がする。しかし、“魅せる”ことがうまいキムにはその怖さがある。
ケガでGPシリーズにも出ないそうだが、ソチに間に合うのか、間に合うとして、
どんな状態で出てくるのかが問題だ。

私は、普通にフィギュアが好きなだけのファンだから、キムがいい状態で出てきて
ほしいと願うし、好調を維持する浅田との一騎打ちを見たいと思う。

テレビ朝日の実況アナウンサーの配置は女子が森下アナ、男子は若手の進藤アナ、
インタビュー担当が角沢アナ…だったようだ。外野席から眺めているだけだが、
局内では“No2・進藤”が定着しつつあるらしい。

森下アナ「きれいな作品を見せてくれました」と。
いいね。なんの変哲もない言い方だけどその通りだもの。


伝えるべきことを“飾らない言葉”で伝える…それが大事だ。
さすがはエース・アナだね。


大丈夫か、小久保くん

10/19のツイート

アドバンテージを含めて楽天の3勝1敗に
なったことについて聞かれた解説・小久保
「正直、明日が大事だと思いますね」。
ねえ、みんな、サムライJAPANの監督なんだけど、
これでいいのだろうか?

d0164636_87999.jpg
ツイートはもちろんジョークだが、これぐらいのことしか言えない男が監督じゃあ、
少々心配だ…というのは本心だ。
試合後、伊東監督がロッテの選手たちに「正直、明日の試合が大事だ」と言ったら、
どんな反応があったのか聞いてみたい気がするが。ハハハ。

小久保が監督に就任すると聞いたとき、「なるほど、そういう手があったか」と
半分 感心したものだ。引退したあと、あちこちでゲスト解説をしていた。現役感を
漂わせながらの話に納得することも多かった。しかし、監督経験はないんだよね。
寄せ集めチームを束ねるのに、大物を持ってくる手もあれば、選手たちとうまく
付き合っていく若手を起用するやり方もある。おそらく小久保は“兄貴分”として
チームをまとめていけるはずと見込まれたのだろう。手腕は二の次で。ハハハ。

MLB組を含めて、欲しい選手を集める“求心力”も大事だし、よほどクレバーな
作戦コーチをつけないと厳しいかもしれないね。時間は十分にあるが、本番までに
こなす実戦の数はそんなに多くないもの。
問題は、日本球界を挙げての支援体制が作れるかどうかだ。
監督に選んだのはいいけど「あとはしっかり頼んだよ」と言って眺めているだけ…
そんなことにならないように願いたいものだ。“ありがち”だからね。ハハハ。
by toruiwa2010 | 2013-10-22 08:32 | フィギュアスケート | Comments(6)
Commented by 老・ましゃこ at 2013-10-23 21:50 x
どこか「肚がすわった」ように見える。>>>

このコメントを目にした時、思わず、そう!本当にそうだ!!と何度も頷きました!
GPアメリカ大会を優勝!とても嬉しくて録画を何度も見ています(^^)
浅田選手の姿も演技もとても綺麗ですね。

キム・ヨナ選手は怪我のためリハビリ中とか…。
今季GPシリーズを戦う姿を見たかったので、残念です。
Commented by 挑戦 at 2013-10-24 03:45 x
キムヨナは上手いというより計算高いんだと思いますよ。
彼女に欠けているのは挑戦し続ける姿勢と努力
シニアに上がってきた時はいい選手が上がってきたとワクワクしましたが
その後、なんら成長もなく点だけが右肩上がりする摩訶不思議な面白みのない選手に成り下がりましたね。
残念です。
Commented by toruiwa2010 at 2013-10-24 06:23
老・ましゃこサン、おはようございます。

今シーズンの浅田真央には期待を裏切られることが
なさそうです。それだけに、キムとの一騎打ちがみたいです。
Commented by toruiwa2010 at 2013-10-24 06:53
挑戦さん、おはようございます。

その後、なんら成長もなく点だけが右肩上がりする選手…

それって、すごい選手ってことになるんだけど。ハハハ。
Commented by ふうこ at 2013-10-25 17:31 x
なんら成長もなく点が右肩あがり、それって、切磋琢磨して、技術を磨く選手への冒涜ですね。 なぜ高得点?という疑惑に顔をそむけているだけですね。 ブログ主さんはキムの大ファンですものね。で、時折、浅田選手のファンが批判すると、ぶちぎれて、いい年のおじさんが、マオタとか言い出す。ちょっと恥ずかしいですよ。 そうそう、キムナの怪我、仮病らしいです。もう韓国では伝わっているとか。先にコメントもありましたが、ほんと、計算高いですよ。ブログ主さん、情報網をお持ちでしょうから、確認してみたらどうですか? キムヨナファンとしては心配でしょう。 彼女のすべりが危なげないのはなぜか?わかります? ジュニアレベルの簡単な技だけで構成しているから。日本の宮原選手でもできますね。 ブログ主さんはスポーツ関係の報道してたとか?プロが特定のスポーツを語る時は、ルール、採点方式など勉強した上でお願いしますよ。そうでないと、単なるキムびいきで終わります。まあ、それでいいでしょうけどね。
Commented by toruiwa2010 at 2013-10-25 18:55
ふうこサン、こんばんは。

典型的な浅田真央ファンの書き方…読み返したら、
きっと恥ずかしいと思うでしょうから、承認しといてあげます。
ハハハ。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。