ブログトップ | ログイン

岩佐徹のOFF-MIKE

toruiwa.exblog.jp

実況、ドラマなど放送全般、映画、スポーツ全般、 旅、食、友 etc

みのもんたの退場!~決め手は“セクハラ”じゃないのか~10/28

d0164636_7445165.jpg
10/23のツイート

ふだんは爆笑問題・太田の騒々しさに辟易しているが、
今日はヒットだった。
番組冒頭で「いいとも」が終了することについてタモリに
「それはやっぱり息子の犯罪で…?」と。
こいつにタブーはないらしい。ハハハ。


太田光にはビート・たけしや松本人志と同レベルの才能があると思っているのだが、
このところ激しく“迷走”している。たけしや松本も通った道だから、彼もいずれ
“本道”に戻って才能を開花させると信じているが。
とにかく、番組の流れを無視して“暴走”を繰り返す彼にはうんざりだ。歯止めを
かける人間がいないらしい。事務所の社長でもある奥方からしょっちゅう怒られて
いるようだが、反省は長続きしない。ハハハ。

…この時点では“みのの降板”は発表されていなかったから、ジョークですんだが、
今となっては微妙だ。


10/25のツイート

みのもんたが「朝ズバ」を降板するそうだ。
TBSが発表した。
31歳の息子がやった犯罪の責任を親がかぶる必要はない。
しかし、世の中のありとあらゆる出来事を斬る
ワイドショーを仕切ることには本人も見る側も違和感が
あるからやむを得ないだろう。少し敵を作りすぎたね。

d0164636_7451283.jpg
26日の会見では、ためらいがちながら言葉を選び、思いを語りつくし、とりあえず
「さすがは名司会者」と思わせるケジメをつけた形だ。
“さすが”は私が抱いた感想ではない。“世間にはそう受け取られるだろうな”と
思うだけだ。
思い出すのはがんを告白し闘病を宣言した記者会見のときの逸見政孝だ。2人とも
テレビの表も裏も知り尽くした男たちだから“計算”があった。当日だけでなく、
将来的にも会見のどの部分が使われるかを考えて話している。自己演出だね。

冒頭で深々と長い時間 頭を下げたのに続いて謝罪と報道陣を避けていた理由や
報道番組への出演を自粛した理由、2ヶ月の間に考えていたことなどを話した。

不完全な形で世の中に送り出してしまった責任は父親である自分にある。

降板を決断したのは、バカせがれと同じ悔しい思いを味わうべきだと思ったから。


…“憎まれ役”を覚悟して言うなら、首をかしげたくなることがいくつかある。
全体のスクリプトを読むと、最初の会見で疑問を呈していた“親としての責任”や
息子がやったことの愚かさを認めつつ、どこかに“詰め腹”を切らされたことへの
未練・恨みが漂っている点だ。

「人品骨柄、収入、住む家、ここまで叩かれるとは思わなかった」は最悪だ。
彼が出演していた番組は、誰かを責めるとき“徹底的に”やっていた印象がある。
それを先頭に立って仕切って来た彼にかかわる問題で、性格や品、言動、収入…
すべてが論じられるのはむしろ当然だ。“ブーメラン”が舞い戻ったんだ。

報道番組の降板は“親としての責任を取るのだ”という印象を残し、わが子への
複雑な胸中を語り、番組への未練も見せた。“やつれた”様子とともに一部からの
同情論も予想される。その意味でこの会見は成功だったと思う。
しかし、TBSが「降板してもらおう」と決めた過程で大きな要素になったのは
息子の犯罪ではなく、むしろ“セクハラ疑惑”の方だという私の思いは変わらない。

会見では質問に答えて一度だけ触れている。

あのお嬢さんはよくトチる。僕はトチるたんびに背中をたたいたり
肩をたたいたり、コラコラってやっていて、だんだんトチらなくなりました。
あの一件の時、カメラのフレームの下で映らない腰をたたいたつもり。
連続写真で撮られたようなものを見ましたが、私はセクハラをするつもりも
何もありません。彼女に聞いてもらったほうがいいと思います。
でもそれを巧みに、どうやって映像をつくったかわかりませんけど、
動いている映像を見せられました。


いかにも加工された映像・画像が出回っているような言い方だが、果たしてそうか?
d0164636_7453124.jpg
私が見たのは番組そのものだが、CM明けの映像は”限りなく黒に近いグレー”だ。
彼の手が“引っ込む”ところから映り、女性アナの仕草・表情やこの直後、「なにも
してないよーん」と言いたげに両手をもんでいた彼の動きを見ると相当怪しいのだ。

「人としてどうか」と言われたのだ。息子の犯罪についての責任を問われる以上に
“公人”にとって一番言われたくないことだったはずだ。「潔白だ」と主張するなら、
もっと毅然とした態度を見せなければいけなかった。
TBSに残る 直前のCM 中の映像を見せれば誰もが納得する証明になったはずだ。

“セクハラ事件”は「紛らわしい行為があった」で逃げようと考えていたTBSだが、
当の女性アナや過去の疑惑を調べていく中でかばうことの難しさが明らかになり、
息子の件が表ざたになるに及んで「もはやこれまで」と“観念”したのではないか。
素人探偵の読みに過ぎないが、“親の責任”よりこちらの方が決め手になったと見る。

好みとして「朝ズバ」はいやな番組だったから、実質的に消滅するのは喜ばしい。
報道番組と思ったことはなく、見るときは“バラエティとして”だった。
しかし、そのほかの番組で見せる彼のキャラクターや才能には視聴者を惹きつける
ものがあると思う。69歳なら、まだ十分やれるだろう。ただし、そこを足掛かりに
再び報道番組に戻ろうなどとは思わない方がいい。たぶん、オファーもないだろうが。
by toruiwa2010 | 2013-10-28 07:58 | 放送全般 | Comments(2)
Commented by S_NISHIKAWA at 2013-10-28 16:52 x
岩佐さん、こんばんは。
記者会見、私も見ましたが、あれでは次男に全責任を押し付けているようにしか見えませんでした。
ご自身のセクハラ問題については、ニヤニヤしゃべるなどもってのほかです。「私はセクハラをするつもりも何もありません」と言われても、セクハラはされた側の取り方でもあるしなあ、としか言いようがないのですが。
週6の番組を降りるということは、水道メーターの会社の売上が大きく減るわけですから、確かに「未練・恨み」もあるのかもしれませんが、それも自業自得。自身のタレントマネジメント会社を水道メーターの会社と合併させたのもご自身ですから。
記者と言うかレポーターの質問も突っ込み不足と思いました。
Commented by toruiwa2010 at 2013-10-28 17:07
S_NISHIKAWAさん、こんばんは。

ツッコミどころはふんだんにあるのですが、
今回はこのぐらいにしとこうか…って感じです。
ハハハ。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。