ブログトップ | ログイン

岩佐徹のOFF-MIKE

toruiwa.exblog.jp

実況、ドラマなど放送全般、映画、スポーツ全般、 旅、食、友 etc

納得の陣容になったね~全日本フィギュア:まとめ~13/12/24

d0164636_6472646.jpg
d0164636_6492220.jpg
12/21のツイート

全日本フィギュア が始まる。いや、放送が…。
男子最大の関心事は高橋大輔だ。
今の日本で一番強いのは羽生結弦かもしれないが、
チームの柱になるのは高橋だ。
何とか行かせてやりたいが、織田、町田と3人で
2枚の切符を争うことになる。厳しいが、粘れ!


今や、羽生の強さには確実性が増している。1年前はまだ不安定だったのに、短い間に
急激に成長を見せた。やわらかい体と強い気持ちが見事にマッチングした結果だ。
“オリンピックの切符”という点ではよほどのハプニングがなければ、彼がその一枚を
手にすることは誰もの想定範囲内だから、問題は、2,3枚目だ。

高橋大輔、織田信成、小塚崇彦、無良崇人…日本男子の層は厚く、GPファイナルを
欠場した高橋が最も苦しい立場に追い込まれていた。
焦点はけがからの回復だった。

…SP,FSともによく頑張ったと思うが、足にスタミナが戻っていなかったようだ。
ジャンプが乱れ、ほかの要素でも計算通りにポイントが取れなかった。
FSで4回転に2度挑戦したが失敗し、会場が静まり返っているのが分かった。
もがくように演技する“エース”を見るのはつらいものがあった。
勝負の世界は残酷で非情だ。よく演じきったがこれは厳しいことになった。
終わった瞬間の表情を見ても、彼自身もその厳しさを理解していたと思う。
結果は5位で大会終了後の選考を待つことになった。

SP最終グループのトップ滑走だった町田はポジションについて構えに入ったとき、
表情がすっきりしていた。冒頭の4回転をきれいに降りて波に乗った。続いて跳んだ
3Aも降りたあとがとてもきれいだった。
本人も納得の出来で高得点をたたき出し、今年の全日本の“トーン”をセットした。

FSも最後まで大きな破綻がなく、どうやら切符を手にしたかと思った瞬間、エッジが
引っ掛かってそれまでのスムーズな流れが止まってしまった。
ヒヤッとしたが、「失点は小さい」という本田の解説にホッとする。
2位を確保したことで、オリンピック2枚目の切符は大丈夫だろうと思った。

無良が力を出し切れなかったあとに織田が登場した。
ジャンプの美しさ、降りたあとの流れの美しさは世界のトップクラスだが、いつも、
ここというときに何かが起きてしまう選手だ。
3位までに入れば、GPの表彰台と合わせて高橋との“最後の切符”をめぐる争いでも
いい勝負に持ち込めると思ったが、SP,FSともにもうひとつだった。

羽生のFSは圧巻だった。
GPファイナルでチャンに勝って優勝したのが大きな自信になったのだろう。
たぶん、コーチが考えた全日本のテーマはこの自信がソチにつながるようにしっかり
滑ることではなかったかと思う。しかし、羽生はどんな大会でも“勝つこと”に
強くこだわるのだという。

それでいて気負いがなく、リラックスしていた。“チャンピオンのメンタリティ”が
すでに身についているように見える。名前がコールされてリンクに出るとき、会場の
迎え方が王者に対するものだった。その空気はジャッジ席にも伝わるものだと思う。
表情が柔らかいだけでなく、体のどこにも力が入っていない感じだった。驚く。

4回転も3Aもきれいだった。自信がものを言っている。
これはもしかするとSPの100点があるかな、と思ったら、103.10が出た。
これが“ながれ”ってものだ。すごいとしか言いようがない。
勢いに乗って、最初の4回転で転倒したFSも素晴らしい演技でまとめ、優勝した。
それも2位以下を寄せ付けない圧倒的な勝利だった。時代は羽生結弦ってことか。

小塚のSPを見終わったときの印象は“苦しい演技”だった。この出来だとフリーで
よほど頑張らないとオリンピックは難しいのではないかと思った。
しかし、素人は悲しいものだ。90点が出たことでチャンスが残り、FSでも頑張って
表彰台に乗った。この時点では、織田に代わって高橋との3枚目争いに持ち込んだ。
d0164636_6481151.jpg
12/22のツイート

羽生が決まった。町田も大丈夫だろう。
問題は5位に終わった高橋と全日本3位の小塚だ。
常識として、まず、高橋になるんだろうなあ。
断っておくが、私はそれを「救済措置」と
言うつもりはない。
男子選手、お疲れ様でした。



2日目の放送の最後の部分に高橋のインタビューが流れた。泣いていた。

このインタビューは聞くほうもきついなあ。
断ったってよかったのだが、よく、マイクの前に立った。
これまで日本スケート界を背負ってきた自負が
そうさせたのだろう。
高橋大輔、君は十分に戦った。あとは、選考の結果をまとう。

私にしては情緒的なツイートだったが、多くの人がRTしてくれた。
共感してもらえたのだろう。
d0164636_6482973.jpg
12/22のツイート

女子SP:GPのシリーズとファイナルを見ると
浅田は一人だけ別次元のところにいる気がする。
ソチの切符もほぼ手中にして今日はどんな演技を
見せるのか?
二、三枚目の切符を誰がものにするのか?
男子以上に見えないところがあるね。


女子SPの浅田も強かった。
最近の彼女は構えに入ったときから“空気”が違う。SPでは最初の3Aは危なかったけど、
演技全体が流れるようで見事だ。こういう選手は今の世界のトップにもなかなかいない。

安藤美姫には驚いた。
例の騒ぎのあと、いろいろ言ってきた。彼女の言動に釈然としないことが多かったから。
しかし、かなり難しいと思った全日本の舞台に戻ってきたのは立派だ。
観客からもいい拍手が送られる中でまさか、60点+(SP)を出すとは思わなかった。
先日のフジテレビ「僕らの時代」でも伊藤みどり,八木沼純子、荒川静香が口をそろえて
安藤の復活ぶりは信じられないことだとほめていた。
FSの最終組に残るなど、予想していなかった。
クロアチアの小さな大会で2位になったとき、“全日本で最終グループの6人に入ったら
あっぱれだと思う”とブログに書いた。だから、あっぱれだ。ハハハ。

一番の気がかりは村上佳菜子だった。
いい素材だし、ソチに行ってほしいと思っているのに、今シーズンはなかなか持てる力を
出しきれずにファンの期待を裏切ってきた。SP冒頭の3-3が決まってゆとりが出たのか、
久しぶりに彼女らしい演技を見せてもらった。 フィニッシュが決まったときの彼女は
カッコいいや。

鈴木明子はベテランの力を見せた。宮原には悪いけどやはり浅田、村上と3人でソチに
行かせたいものだと思いつつ、演技を見守った。
会場を味方にして気持ちよさそうにSPを滑りきったが、点は出すぎじゃないかなあ。
印象として、浅田との差は5,6点あると思ったが、3点未満! 彼女にはファンが多いから
ネットにはほとんどブーイングはなかったけどね。ハハハ。

「愛の賛歌」がコーチの好きな曲、感謝の気持ちを込めて…と、塩原アナが言う。
この1週間~10日ほど、織田の家族の映像が散々流れていた。聞き飽きたし、読み飽きた。
日本のスポーツマスコミはずいぶんウエットだ。センチメンタリズムに流された報道は
いい加減 うんざりする。
いつもはもう少し冷静な、男子担当の西岡アナもずいぶん情緒的なアナウンスをしていた。
つまり、全日本フィギュアはそういう大会なのだ、ということか。

放送…という意味では、今回のフジテレビの中継にはいくつか変化が見えた。
注文の多いオタクたちは少しも満足していないだろうが、男子SPは生だったし、FSも
最終グループは生だった。リスクを負いつつ、やればできることが分かってしまった。
これからが大変だ。ハハハ。

プロデューサーが代わったか、代わらないけど心を入れ替えたか(ハハハ)…いずれにしても、
細かなところで変化が出てきたのはいいことだ。最終的には、スポーツ中継はかつての
シンプルなスタイルに戻っていくと信じているのだが。

…ここまで、23日夕方までに書きあげてあった。
d0164636_649481.jpg
女子のFSは波乱の展開になった。
最終グループ1番滑走の宮原知子が125.06と、いい点を出したせいか、全体の得点が
“インフレ気味”に設定された感じだ。トータル191.58といえば、GPファイナル3位の
ワグナーを上回り、2位・リプニツカヤに0.49に迫る得点だもの。

続く鈴木明子は“目をむくような”点を出した。144.99!!!
えっ、えっ!と絶句した。しかし、不正があったり、公平を欠いたりした結果ではなく、
理由があっての点数だから文句は言わない。受け入れなければ、競技が成立しないし。
ハハハ。

安藤美姫はスタミナ不足を露呈して大きく順位を落とした。バンクーバー以後の4年間、
ソチを見据えて精進してきたほかの選手たちには及ばなかった。予想された結果だ。
ここまで持ってきた努力には素直に敬意を払う。現役を引退するそうだから、心おきなく
育児に専念してもらいたい。
 
今シーズンは不安げな顔つきの村上佳菜子ばかりを見てきた気がするが、今日は自信に
あふれていた。これ以上ないグッド・タイミングでいいときの彼女に戻ったね。

浅田真央のFSは意外だった。
優勝は動かないと思っていたが、鈴木の得点がプレッシャーになったのか、なめらかさを
感じない滑りになっていた。自信を自分のものにしたと思っていたが、そうではないようだ。
オリンピックに向けての心配材料になるなあ。


12/23のツイート

代表の切符は羽生・町田・高橋と鈴木・浅田・村上…
誰もが納得することはないかもしれない。
小塚陣営には不満が残るだろうが、高橋はしっかり
条件を満たしての当選だ。
できることならこの6人を気持ちよく送り出して
やりたいものだ。


今月初めの記事<高橋大輔、大ピンチ!?~でも“特別扱い”しちゃダメだ~>では一方的に
誤解されてしまったが、今回の選考を“特別扱い”だとはまったく思わない。
FSが終わり、形は小塚との3枚目争いになったが、その段階で、高橋に決まるだろうし、
異論はないとツイートしている。記事を書いた時点では、けがから日が浅く、全日本には
もっと悪いコンディションで臨むことになると思ったから、その場合でも特別扱いしては
いけないと書いたに過ぎない。
小塚陣営やファンの納得を得るのは難しいかもしれないが、“全日本最優先”ではない以上、
この決定は間違っていない。公平な目で見ても、これでよかったのだと思う。

それにしても、全日本フィギュア…。肩が凝る大会だ。ハハハ。
d0164636_6465836.jpg

by toruiwa2010 | 2013-12-24 07:11 | フィギュアスケート | Comments(7)
Commented by Vevey at 2013-12-24 11:59 x
岩佐さん、こんにちは。

今回の放送はできる範囲の最も望ましい形ではなかったでしょうか。男子フリーの最終グループが生だったのも嬉しい誤算でした。
考えてみれば日本の大会だから、やろうと思えばできたんですよね?お陰で次世代の選手も見られたし、選手がそれぞれいい演技をすれば胸が熱くなることも多く、堪能できました。

局のスポーツ担当の方にも色々な考えの方がいて、今回スポーツの原点に戻る形を選んでくれたのかな?バラエティ寄りを苦々しく感じていたのかな?
それもこれも、今年限りで引退というスター選手が多かったから実現したのかも知れませんが。
先日のグランプリシリーズではBS朝日の方では全選手を見せてくれる構成の時がありました。地上波の盛り上げたっぷりの再放送ではなく、淡々とした番組でしたが、こんな選手もいるんだな〜と見られて興味深かったです。同じソフトを地上波とBSで使い分けるという意味で、今後広まって欲しいと感じました。

ソチの代表選考も納得です。ソチが楽しみです!
Commented by toruiwa2010 at 2013-12-24 12:26
Veveyサン、こんにちは。

視聴率次第ですね。
あなたが言う「こんな選手もいるんだな〜」という
レベルの選手を見せた時、ほかのチャンネルに
逃げられたと分かれば、元に戻る可能性もあります。
難しいのです。
Commented by toruiwa2010 at 2013-12-25 21:02
海外に伝えてサン、
URLは開いていません。
残念ですが、こういうことには
応じられません。あしからず。
Commented by coco at 2013-12-30 10:29 x
はじめまして

盛り上げアオリ無し演技中心の垂れ流し放送は、朝日だけじゃなくフジもBSとCSでやってますよ。
ただフジが放映権を持っている全日本フィギュアは10人だけ出場のGPSと違って、男子は地方予選にエントリーすれば自動的に全日本出場が決まるほど競技人口が少なく、ジュニアの推薦枠からもエントリーもあり、
出場人数も多くレベル差も大きいので、トップ12人くらいの放送となりますが、あります。
フジも朝日も、BSは解説・実況あり、アオリ無し、CSは解説・実況なし、会場音のみでの放送です。
フジの全日本放送だと、30日にCS、2日・3日にBSです。本気でフィギュアが好きな人は地上波は速報確認用、力を入れてみるのはBS・CSです。
つか、今年だけ男子は地上波はライブになりましたけど、そうでなくても一時間差くらいでアオリを挟む余裕もないディレイ放送で今年とあまり変わらない感じでしたが。
そしてここ4年位は男子はこんな感じなんですけど…
Commented by toruiwa2010 at 2013-12-30 10:46
cocoさん、こんにちは。

えーと、BS、CSで放送していることは承知しています。
このコメントは各局の放送形態の説明をなさってるだけで
私の意見を求めているものではない…という理解でいいでしょうか?
Commented by coco at 2013-12-30 11:05 x
あたりまえです、あなたの意見を伺ったところで地上波のスポンサー命がかわるわけでもありますまい。
ただ、男子ライブが実現したけど女子は録画だったのは、
男子より女子ファンの方がそういうアオリが好きだと、テレビ局スポンサーは思っているんだなと感じましたから、
女子ライブ化は女子ファンの動向次第でしょうね。浅田真央引退でどう動くかな。
Commented by toruiwa2010 at 2013-12-30 11:11
あれまあ。
年の瀬に何をそんなに気色ばんでいるのかなあ。
わけわからん。ハハハ。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。