ブログトップ | ログイン

岩佐徹のOFF-MIKE

toruiwa.exblog.jp

実況、ドラマなど放送全般、映画、スポーツ全般、 旅、食、友 etc

10月期ドラマ総括:やっぱり「ドクターX」~2013岩佐徹的ドラマランキング~13/12/28

d0164636_955226.jpg
“とりあえず見てみる”ものとして選び出したドラマは
13本あったのですが、幸か不幸か、次々に脱落していき、
最後まで見たのは4本だけでした。(+プラス「八重の桜」)
ギブアップが多いのはほかにも見たい番組があるので
できるだけ本数を絞りたいからです。
そして、どうせ途中でやめるなら少しでも早くと思うので
1,2話で結論を出すようにしています。情け。ハハハ。

今期は以下の9本が早々と脱落した作品です。

海の上の診療所 月21 フジ
松田翔太、武井咲、藤原紀香、福士蒼汰、荒川良々  1話
d0164636_9551455.jpg
刑事のまなざし 月20 TBS
椎名桔平、要潤、小野ゆり子、北村有起哉、松重豊  1話

ミス・パイロット 火21 フジ
堀北真希、斎藤工、桜庭ななみ、菜々緒、相武紗季  3話

ダンダリン・労働基準監督官 水22 日テレ     3話途中
竹内結子、松坂桃李、ドリンドル玲奈、北村一輝、佐野史郎

夫のカノジョ 木21 TBS             1話途中
川口春奈、田辺誠一、鈴木福、鈴木砂羽

独身貴族 木22 フジ               1話
草彅剛、北川景子、伊藤英明

家族の裏事情  金20 フジ              1話途中
財前直見、沢村一樹、小野田昭、真野響子、佐藤二朗

クロコーチ 金22 TBS
長瀬智也、剛力彩芽、香椎由宇、風間杜夫、渡部篤郎  2話途中

安堂ロイド~A.I. know LOVE?~ 日21 TBS    1話途中
木村拓哉、柴咲コウ、大島優子、桐谷健太


最も残念なのは「海の上の診療所」ですかね。
松田翔太が好きだし、そろそろ、武井咲もいい作品に
巡り会ってもいいころだとひそかに期待していましたから。
ほかのドラマも、見続ければ面白かったのかもしれませんが、
悔いはありません。ハハハ。


上位争いをするのは「ドクターX」「リーガルハイ」「相棒」
「安堂ロイド」の4本だと思っていました。
しかし、11月に入ってまず「安堂ロイド」が引き離され、
「相棒」が考えていたほどには伸びず、「ドクターX」と
「リーガルハイ」の一騎打ちになりました。

以下、最後まで見た4作について簡単に総括しておきます。

85 相棒(12) 水21 テレ朝
水谷豊、成宮寛貴、鈴木杏樹、六角精児 


絶対的な安定感がありますね。
好みですが、杉下右京の相棒としては、初代の亀山薫(寺脇康文)が“断然”でした。
視聴率的には2代目・神戸尊(及川光博)のときの平均20.7%が最高なんですね。
3代目の甲斐享(成宮寛貴)も悪くないと思いますが、数字はあまり伸びません。
ドラマの作り方が固まってから参加したのが不運だったかもしれません。

これだけ長く続くと、“マンネリ”は避けられません。
パートナーがどんなに頑張っても、いいところは全部、右京が持っていくパターンで
決着がつきます。私は少し食傷気味ですが、固定ファンががっちりと支えています。
彼らが「飽きた」と言わない限り、このドラマはテレ朝のドル箱であり続けるでしょう。
ハハハ。
d0164636_9555046.jpg
85 リーガルハイ2 水22 フジ
堺雅人、新垣結衣、岡田将生、生瀬勝久、小池栄子、田口淳之介

「半沢直樹」のあとだけに堺には俳優として相当のプレッシャーがかかったと思います。
ついてしまった強烈なイメージを消したいという気持ちは強かったしょう。私の目には
それが少し“裏目”に出ていた気がします。演出サイドにも意識があったようです。
肩に力が入っている印象があって、1回目から“おふざけ”がすぎているなあと、かなり
辟易しました。20%台でスタートし、「半沢…」の1回目を超えたとか書かれていましたが、
2回目で視聴率が大きく下がりました。

しかし、さすがの“半沢効果”…。
「ドクターX」には及びませんでしたが、前シリーズの12.47%をはるかに超える視聴率を
残しました。健闘したと言っていいのではないでしょうか。
もっとも、主演の堺にとっては(「半沢直樹」もふくめて)「無味乾燥で、やりがいのない
1年だった」そうですから役者の“満足”がどこになるのか分かりにくいですね。ハハハ。
d0164636_956992.jpg
80 科捜研の女(12) 木20 テレ朝
沢口靖子、風間トオル、奥田恵梨華、斉藤暁、内藤剛志、若村麻由美


毎シリーズ、毎回、見ています。なぜだか、自分でもよく分かりません。
科学捜査研究所がどういう仕事をするところか、なんとなく分かりますが、ドラマほど
的確に事件の真相に迫れるとは思いません。それなら苦労しませんもの。ハハハ。
たった一粒の植物の種から、日本のどこに限定して生えているものかを絞り込む過程が
あまりも簡単で拍子抜けすることもしばしばです。そのせいで推理の部分のスピードが
“程よくて”ストレスがたまらないというプラス材料はありますが。

沢口が“できる”科学者として捜査に大きく貢献していくところがこの作品の魅力ですが、
刑事役の内藤のしっかりした演技力も見逃せませんね。

今回は先日の2時間スペシャルを挟んで2クール(6ヶ月)だそうです。
飛びぬけた視聴率は出ませんが、テレビ朝日にとっては、ある程度の数字を計算できる
ありがたいドラマなんでしょう。2クールというやり方は今後はやるかもしれませんね。
d0164636_9565920.jpg
90 ドクターX~外科医・大門未知子 木21 テレ朝
米倉涼子、藤木直人、内田有紀、遠藤憲一、岸部一徳、西田敏行


前シリーズは2012年の平均視聴率No1でした。
フリー外科医として大病院を渡り歩き、たしかな腕とどんなに難しい手術を前にしても、
「私、失敗しないので」と言い切る、絶対の自信を持つ女医、大門未知子…その設定には
無理がありますが、あらゆる“権威”を跳ね飛ばしていくかっこよさに魅力があります。
視聴者が無意識に求めているものとドラマの中身が見事に一致したのだと思います。
「リーガルハイ」にも同じことが言えます。つまり、それだけ、世間には“うっぷん”が
たまっているということでしょう。ハハハ。

9話中8話で20%を超え、その強さは圧倒的でした。
それにしても、最後まで見た4本のうち3本がテレ朝かあ。絶好調ですね。
d0164636_957438.jpg
おまけ

85 八重の桜 日20 NHK
綾瀬はるか、西島秀俊、長谷川博己、オダギリジョー、風吹ジュン ほか


新島襄もその妻・八重も全く知らないのですが、結構、楽しみました。
「仁」を見たときも「八重…」を見たときもはっきりと自覚していませんでしたが、結局
最後まで見たのは“綾瀬”のせいだったかもしれません。どこに魅力を感じているのか
よくわかりません。番宣でバラエティなどに出るときの天然ぶりに惑わされているかも。
ハハハ。

最終回の時点で八重は49歳のはずでした。無理に老けさせる必要もないですが、せいぜい
30代前半にしか見えませんでした。演出側の問題ですが、ちょっとひどかったなあ。

八重が主役ですが、いいところをさらっていったのは山本覚馬だったような気がします。
秋口あたりから西島のCM量が目立って増えたのがその証拠です。ハハハ。

来年は岡田准一で「軍師 官兵衛」ですか。また、見ることになります。
d0164636_9594793.jpg
90 まほろ駅前番外地 テレビ東京
90 半沢直樹 TBS
90 ニュースルーム WOWOW
90 ドクターX テレビ朝日

85 リーガルハイ2 フジテレビ
85 相棒(12) テレビ朝日
85 ビブリア古書堂の事件手帖 フジテレビ
85 最高の離婚 フジテレビ
85 とんび TBS
85 メイド・イン・ジャパン NHK
85 女と男の熱帯 WOWOW
85 レディ・ジョーカー WOWOW
85 第二楽章 NHK
85 空飛ぶ広報室  TBS
85 救命病棟24時(4) フジテレビ
85 DOCTORS2 最強の名医 テレビ朝日

80 科捜研の女(12) テレビ朝日
80 ハンチョウ6  TBS
80 いつか陽のあたる場所で NHK
80 夜行観覧車 TBS
80 Dinner フジテレビ
80 鴨、京都へ行く。 フジテレビ
80 遺留捜査(3) テレビ朝日
80 雲の階段 日本テレビ
80 名もなき毒 TBS
80 警視庁捜査一課9係(8) テレビ朝日


今年、最後まで見たドラマの“岩佐徹的”評価です。
基本的に、同じ点数の作品に優劣はありません。
90点をつけた4本の中でNo1を選ぶとすれば、「まほろ駅前番外地」です。
深夜の放送でしたから、見た人は少ないかもしれませんが、好きなタイプのドラマでした。
最後に、そのレビューを再録しておきます。
d0164636_100622.jpg
まほろ駅前番外地 テレビ東京
瑛太、松田龍平、臼田あさみ、新井浩文、坂井真紀、真木よう子


2011年に公開された映画も面白かったが、これもいい。今期の最高だと思う。
瑛太が経営する便利屋「多田便利軒」に転がり込んだ高校の同級生、松田…二人の
呼吸がピッタリ合って、きれいごとばかりじゃない、人間臭いドラマが展開する。
40分枠だから正味はおそらく30分前後しかないはずだ。回によってどうしても
出来不出来はあるものの、物足りなさはない。完成度が高いドラマだ。

何話か、つまらないものもあったが、全体としては面白く見た。今期の最高だ。
ドラマを支えたのはもちろん、二人の魅力ある俳優だ。

おそらく正味は30分前後しかないはずなのにうまく作られていて、物足りなさは
感じなかった。その意味では、完成度が高いドラマと言っていい。
深夜の放送だったから見た人が少ないに違いないのが惜しまれる。
悪がき同士のような二人の“じゃれあい”は本編でもしばしば見せてくれたが、
エンディングの面白さには毎回笑ってしまった。ハハハ。

原作者である三浦しをんの最新作「まほろ駅前狂騒曲」が映画化されると聞いている。
来年秋の公開が待たれる。
by toruiwa2010 | 2013-12-28 10:01 | ドラマ | Comments(10)
Commented by eita3 at 2013-12-28 10:30 x
岩佐さん、こんにちは。

毎年夏のドラマはつまらない反面、秋ドラマは面白いのですが今回はイマイチだったようですね。

リーガルハイと安堂ロイドはともに半沢直樹と比較されることが多いようですが、ともに全く違うタイプのドラマだけにみる層も異なりますから比較できないですよね。

私は安堂ロイドはそこそこ楽しめましたよ。SFだから突拍子も無いストーリーだと割り切ればそこそこ。

ドクターXは残念ながら一度も見ませんでした。

意外に独身貴族はいい話だったと思います。草彅くんにはマッチした役どころでよかったのではないかな。

あと岩佐さんははなから対象外にされていましたが、陰陽屋もB級なりに楽しめました。錦戸亮が割と好きだという個人的趣向がありますが。彼は二宮和也、戸田恵梨香とやった流星の絆以来役者として割と好きなんです。

ま、所詮は個人の好き好きですけどね。
長々と失礼しました。
Commented by toruiwa2010 at 2013-12-28 11:08
eita3サンの感想を否定するものではありません。
感じ方は人それぞれですから、強制する気はありません。
Commented by えどたろー at 2013-12-28 17:20 x
はじめまして<(_ _)>

WOWOWのエキサイトマッチを観て
岩佐さんを知った者です。
ブログは去年末から、拝読させて
いただいております(^^)

まほろ駅前番外地、とても面白い
ドラマでしたよね。
劇場版が作られるという、嬉しい
情報ありがとうございます(^^)
Commented by あおき at 2013-12-28 18:30 x
岩佐さん、こんばんは。
やはり?ドラマNo.1はドクターXなんですね。評判が良かったのは知ってましたが、前期も見てなかったので避けました。。ちょっと見た感じでも惹き付けられる感が有ったので、落ち着きましたらレンタルでもしてみます。自分は空飛ぶ…になります。
岩佐さん、テレ朝感が強いですね~
Commented by toruiwa2010 at 2013-12-28 19:01
えどたろーサン、こんばんは。

WOWOWのボクシングで最高の思い出は
タイソンの試合をラスベガスから中継できたことです。
「まほろ…」の映画化は私も楽しみです。
Commented by toruiwa2010 at 2013-12-28 19:03
あおきサン、こんばんは。

「空飛ぶ・・・」の新垣はよかったですけどね。
私は、綾野がもう一つでした。
Commented by えどたろー at 2013-12-28 19:50 x
お返事ありがとうございます。
実はぼく、タイソンの試合だけ
観ていた、にわか者です(^^;)
タイソンとラドックの一戦目の
中継、アンダーカードを含めて
確か四試合実況されていたような。
喉が痛くならないのかなぁと
テレビの前で心配した中学生当時を
思いだします。タイソン戦は
だいたい日テレが中継していて
箱根駅伝でも有名だったAアナの
高い声ばかりだったので
岩佐さんの、右のオーバーハンド!!
の声は新鮮に聞こえました(^^)

いつかまた、お声が聞きたいと
思っています。古巣フジテレビの
スワローズ戦CS放送を実況して
頂けたら最高ですが‥フジ
オファーしてくれないですかね(^^;)

長文失礼いたしました。寒さに
お気をつけて良い年をお迎え下さい♪
Commented by toruiwa2010 at 2013-12-28 20:49
えどたろーサン、オーバーハンドは
それまでまり聞いたことがなく、
現地の資料で知って使いました。

豪華なアンダーカードだった日のことは
2012.03.20に書いています。
まだだったらぜひ。
Commented by 八重 at 2013-12-31 19:09 x
岩佐様
早々にご返事ありがとうございます。
先ほどの名前の書き込みについて、どうやら、ココログのブログは、一度名前を書き込んだら、その名前が表示される仕組みでした。私の勘違いでした。たいへん失礼しました。
岩佐様は、慎重に発言されますね。さすがです。
Twitterやブログは、慎重に取り扱うことが大切ですね。
岩佐様のご心配なこと、たいへんよく伝わります。
それでは、良いお年を。そろそろ紅白始まりますね。
Commented by toruiwa2010 at 2013-12-31 19:26
八重さん、早く気付いてよかったですね。
ブログもツイッターも難しいところがありますから
慎重になることは大事です。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。