ブログトップ | ログイン

岩佐徹のOFF-MIKE

toruiwa.exblog.jp

実況、ドラマなど放送全般、映画、スポーツ全般、 旅、食、友 etc

“抜きんでた”ものがない?~1月期ドラマを展望する~14/01/15

d0164636_8373741.jpg
年末年始でボーっとしていたら、1月期のドラマが
始まってるじゃありませんか。
大急ぎで展望しました。あくまで“基準は岩佐”です。
その点を踏まえて読んでください。



隠蔽捜査 月20 TBS
杉本哲太、古田新太、安田顕、松澤一之、三倉茉奈、鈴木砂羽、生瀬勝久


幼馴染で同期だという東大卒のエリート・杉本と私大卒のキャリア・古田をからませた
警察ドラマです。
どの刑事ドラマを見ても“上層部は腐敗しきっている”という手あかのついた描き方で
辟易することが多いですが、この作品も例外ではなさそうです。
古田が好きなので最低でも数回は見ることになるなあと思いつつ、第1話を見ましたが、
連続ドラマ初主演という杉本もいい感じでした。二人のケミストリーも悪くありません。

もっとも、警察庁幹部は警察官が連続殺人犯人あることを組織ぐるみで隠そうとするし、
現場レベルでは、杉本の息子が麻薬に手を出したと聞いた古田が「父親として、隠せ」と
アドバイスするなど 展開があまりに過激なので、成り行き次第で投げ出すかもしれません。
「そりゃないだろう」と。ハハハ。
d0164636_8381036.jpg
失恋ショコラティエ 月21 フジテレビ
松本潤、石原さとみ、水川あさみ、溝端淳平、水原希子、有村架純


石原に恋した松本が相手をふり向かせたい一心でパリに行き有名なチョコレート専門店に
頼み込んで修行して帰国します。松本は製菓学校出身ですが、チョコレート専門店では
働いた経験がなく、フランス語も話せないという設定です。うーん、どうなんだろう?
ハハハ。
おまけに、6年後、日本に戻って自分の店の開店を目指す松本には、フランスから溝端が
同行しています。その役名は…オリヴィエ・トレルイエ!!!

母局だし、月9だし、石原はともかく、水川や水原は好きなんですがねえ。
そう思って、月曜日に1回目を見ました。松潤、苦手ですが、どうにもならない…という
わけでもないのでもう少し様子を見ます。今期は“いかにもダメ”なのが少ないですから
このままだと毎晩ドラマづけになってしまいます。“いずれ見放す”有力候補です。


福家警部補の挨拶 火21 フジテレビ
檀れい、稲垣吾郎、柄本時生


まず、てっきり“ふけ警部補”だと思ったら“ふくいえ…”でした。私が出会った人は
全員“ふけ”だったけどなあ。ハハハ。
ここ数年の刑事ドラマにはなかったと思うのですが、この作品は、先にバラした犯人を
刑事たちがどのように追い詰めていくかを見せる“倒叙法”を用いています。
かつて、一世を風靡したアメリカの「刑事コロンボ」や三谷幸喜の「古畑任三郎」と
同じ手法ですね。つまり、脚本が極めて重要になります。

壇にはあまり魅力を感じないのですが、1回目を見た限りそんなに悪くありません。
吾郎ちゃんがどれだけやるかと好きな柄本に期待してとりあえずあと2,3回見てみます。


チーム・バチスタ4 火22 フジテレビ
伊藤淳史、仲村トオル、西島秀俊、柳葉敏郎、水野美紀、栗山千明


すでに2回の放送が終わっていますが、舞台はこれまでの東城医大病院から地方病院に
移りました。派遣命令を受けた心療内科医・伊藤がその地方病院に着任すると、そこには
先回りするように“厚労省の白鳥”・仲村が皮膚科の医師として働いていました!

かなり“無理やり”ですが、そうしないと“白鳥・田口”コンビが壊れてしまいますから
しょうがないのでしょう。突然 死んだり、海外に行ったり…ドラマでは普通ですからね。
ハハハ。

視聴率的には苦しいスタートになったようですが、好きなシリーズですから、よほどの
ことがない限り、最後まで見ます。
好きな理由は“トオル”ちゃんの存在です。仲村は男優の中ではかなり上位に入ります。
あくまで役の上のことだし、ドラマの中の話ですが、伊藤の“いじり方”も好きです。
加えて今回は、柳葉敏郎が謎を秘めた役柄で登場します。彼もまた好きな俳優です。
途中で見るのをやめることはあり得ません。ハハハ。
d0164636_8383216.jpg
相棒(12) 水21テレビ朝日
水谷豊、成宮寛貴、鈴木杏樹、六角精児
 

前期から継続中です。特に書き加えることはありません。
裏返すと、特に新しい魅力が加わるわけではないようです。マンネリの度が増す恐れは
十分にありますね。2クール続けてどんな結果が出るか、ちょっと注目です。


明日、ママがいない 水22 日本テレビ
芦田愛菜、鈴木梨央、三浦翔平、木村文乃、城田優、鈴木砂羽


久しぶりに、芦田が主演するドラマですから楽しみでしたが、見ることはありません。

ドラマのHPの冒頭に“今、君の隣にママはいますか――――?”とありました。
続けて、“物語の舞台は、児童養護施設 親の愛から見放された少女たちが集まる”とも。

…こういうの苦手なんです。「おしん」も見たことありません。受け付けないのです。
ごめん、愛菜ちゃん。ハハハ。


僕のいた時間 水22 フジテレビ
三浦春馬、多部未華子、斎藤工、風間俊介、山本美月、吹越満、浅田美代子


主人公が難病を抱えている…それを聞いただけで十分です。見ません。
“難病もの”は最も苦手とするジャンルです。


科捜研の女(12)木20  テレビ朝日
沢口靖子、風間トオル、奥田恵梨華、斉藤暁、内藤剛志、金田明夫、若村麻由美


テレ朝が“定番もの”として「相棒」とともに2クール連続で放送します。
特に理由は見つかりませんが、見ることになります。


緊急取調室 木21 テレビ朝日
天海祐希、田中哲司、速水もこみち、鈴木浩介、でんでん、大杉漣、小日向文世


天海の役は“たたき上げ”の女刑事…ちょっとうさん臭いけど、ま、いいか。ハハハ。
警視庁捜査一課に通称“キントリ”と呼ばれる緊急事案取調班があるそうです。
完全に可視化された取調室で厄介な容疑者を取り調べる専門チームですが、配属された
天海がそこで大活躍するらしいです。

1回目を見ました。
少し“微妙な”ところはあるものの、天海はこの役に向いているかもしれませんね。
ネット情報では、フジテレビで何本かのドラマが不調だったためテレ朝に“乗り換えた”
そうですが、だとすれば、ヒットさせないわけにはいきません。必死でしょう。
おっさん刑事たちの呼吸が合ってくると面白くなりそうです。役者は揃っていますから、
あとは脚本でしょう。

それにしても、最近のテレ朝は“できる女”で押していますね。
d0164636_839062.jpg
Dr.DMAT 木21 TBS
大倉忠義、加藤あい、瀧本美織、ほっしゃん。、麻生祐未、石黒賢、國村隼


災害現場に派遣される医療チーム、Disaster Medical Assistance Teamのイニシャルを
取って“DMAT”(ディー・マット)を描いた医療ものです。
加藤、市川、ほっしゃん。、麻生、国村…“脇”はいいと思いますが、主演の大倉に大きな
比重がかかるなあ…と思いつつ、1回目を見ました。

大倉は大丈夫と見ました。新鮮だし、光るものがあると思います。
1回目がもたついたのは、脚本・演出に問題がありそうです。ERで働いていた大倉が
なぜ、内科の外来に“逃げ込んで”いるかの説明が回りくどかったのです。
さいわい、第2話以降はその部分がなくなりますから、大倉の良さが前面に出るのではと
期待します。

ほっしゃん、いいわ。ハハハ。


医龍4 木22  フジテレビ
坂口憲二、稲森いずみ、小池徹平、阿部サダヲ、平幹二朗、岸部一徳、高橋克典


飽きることなく、刑事もの、医療もののオンパレードですね。ハハハ。

最新鋭機器を完備したL&P病院が近くに開業…桜井総合病院は医師や患者の流失が続き、
苦境に立たされていました。院長・平は天才外科医・坂口の恩師です。
平の求めに応じて坂口が紛争地から帰国します。かつてともに仕事をした仲間“チーム・
ドラゴン”のメンバーも続々と集まってきます。

怖いぐらいにすべてがうまくいきます。
しかし、L&P病院には“あの”怪物・岸部がいることを忘れちゃいけません。ハハハ。
夏木や新顔の経営コンサルタント・高橋を加えたワルたちが何かをたくらんでいるのは
間違いありません。ハハハ。

1回目の視聴率が低かった(11.4%)と伝えられていますが、最初の1時間は二つのドラマと
重なっていましたから、即断はできません。ただ、手術場面が多すぎましたね。
d0164636_8391918.jpg
三匹のおっさん金20  テレビ東京
北大路欣也、泉谷しげる、志賀廣太郎、西田尚美、甲本雅裕、藤田弓子、中田喜子


60歳代の3人の元悪ガキ仲間が集まって私設の自警団を結成して町内に目を光らせる…
その名前が“三匹のおっさん”!! 私には無理です。ハハハ。


夜のせんせい 金22  TBS
観月ありさ、蓮佛美沙子、田中圭、大政絢、高橋一生、新川優愛


定時制高校を舞台に“世代間の友情”と“共生”をテーマに描いたドラマだそうです。
観月ありさ主演で「よかった」と思った記憶がありません。このテーマも古いです。
よって、見ません。


私の嫌いな探偵金23  テレビ朝日
剛力彩芽、玉木宏、渡辺いっけい、安田美沙子、白石隼也


剛力が演じるのはミステリー・マニアで金持ちの女子大生、玉木は彼女が所有するビルの
一室で開業する探偵…うん!? 「謎解きはディナーのあとで」に似てないか?と思ったら、
原作者が同じでした。あのドラマも1話だけだったなあ。この作品も同じ運命でしょうね。
ハハハ。


戦力外捜査官土21 日本テレビ
武井咲、TAKAHIRO、佐野史郎、柄本明、木下隆行、八島智人、小藪千豊


配属初日に戦力外を通告された推理オタクの武井刑事が武闘派のイケメンTAKAHIROと
組んで難事件を解決する…そうです。
武井は相変わらず作品に恵まれませんね。事務所は何をしているのかと腹が立ちます。
さらに番組のHPには「世に君臨する大ヒット刑事ドラマの間隙を縫い、ここにまったく
新しい新感覚コメディ刑事ドラマが誕生します」とありました。

ひどい文章ですよね。“ドラマが君臨する”、“新しい新感覚”…編成部も制作スタッフも
これでよく文句を言わなかったね、と感心してしまいます。ハハハ。

気を取り直して第1話を見ましたが、20分足らずで撤収しました。


S~最後の警官 日21  TBS
向井理、綾野剛、吹石一恵、池内博之、平山浩行、高橋努、平山祐介


日本の治安を守るための組織、SATとSITは現実にあるものですが、TBSが日曜9時枠に
登場させるのは第三の組織です。名前をNational Police Safetyrescue(NPS)と言います。
SATやSITは警視庁所属ですが、NPSは警察庁直轄で犯人を“生かして確保”するのが
大きな特色です。うーん。Safetyrescueなんて言葉、あるんですかねえ。ま、“造語”は
テレビにとっては(原作は漫画らしいですが)珍しいことじゃありませんがね。ハハハ。

そうか、吹石が出るのか。見たいけどなあ。主演の二人、苦手なんです。弱ったなあ…と、
“腰が引けた”状態で1回目を見ましたが、リアリティがなくて見続ける気になれません。
吹石に“未練”があるし、視聴率はよかったようですが、戻ることはありません。ハハハ。


おまけ:

軍師官兵衛  日20  NHK
岡田准一、中谷美紀、桐谷美玲、松坂桃李、片岡鶴太郎、竹中直人、柴田恭兵


1-2回を見ました。厳しいですね。視聴率も悪いです。岡田は好きな俳優なのでなんとか
頑張ってほしいですが、黒田官兵衛が歴史の表舞台にいた人ではない(…ですよね)だけに、
1年間、視聴者の興味をつなぎとめる材料はあるのかと心配です。

私にとって、「八重の桜」の草笛光子はぎりぎりセーフでした。
しかし、藤村志保のナレーションには耐えられません。本来、物語の流れを整理するのが
役割なのに、彼女のナレーションでは見る者の神経を逆なでするばかりで、言葉が耳に
入ってきません。普通にアナウンサーが読むほうがいいと思います。
そして、片岡鶴太郎のキャラ付けはどうなんでしょうね?ハハハ。
d0164636_839384.jpg
…ざっと見た限り、抜きんでたものがないという印象があります。
そして、刑事ものが7本(+探偵もの 1)、医療ものが3本と偏っています。
視聴者がついてくるか…ですね。最後まで見るかどうかは別にして、
とりあえず見るだけでも10本近くあります。
そんなに見続けるわけにはいきません。ほかにもやることはあるし。
ハハハ。

by toruiwa2010 | 2014-01-15 08:40 | ドラマ | Comments(5)
Commented by マオパパ at 2014-01-15 11:50 x
岩佐さん、こんにちは。ドラマの記事待ってました。私は今回、官兵衛、隠蔽捜査、S最後の警官に絞って見る予定です。岩佐さんご指摘の点ごもっともですが、永遠の0で岡田のファンになってしまったこと、隠蔽は私の好きな今野敏の作品であること、Sは地元がロケ地(現在もまんぷく食堂のままになっています)であることなどの理由でチョイスしました。
隠蔽シリーズは本の方が数段良いですし、Sの内容にはついていけませんが、なんとか見続けたいと思います。
Commented by toruiwa2010 at 2014-01-15 12:16
マオパパさん、こんにちは。

こんな記事を待っていてくれる人が何人かいるようです。
ブロガーとしてこんなにうれしいことはありません。

すでに3作に絞ったマオパパさんがうらやましいです。
頑張ってください。
Commented by eita3 at 2014-01-15 13:15 x
岩佐さん、こんにちは。先ほどは失礼しました。

福家警部補の挨拶は私の中では突然見る候補に浮上したのですが、微妙だったかな。展開が都合がいいのは当たり前なのですが、古畑やコロンボはその都合の良さを感じさせない脚本・演出になってますよね。少し続けてみます。

黒田官兵衛は本で読んだことがあるので、龍馬伝以来取り組んでみようと思っているのですが厳しいですかね。こちらも頑張ってみますが。

フジは医療ドラマ二本出して見境なくなってると思いましたが、全体的に医療ドラマと警察もののオンパレードなのですね。

またレポート記事楽しみにしています。
Commented by toruiwa2010 at 2014-01-15 13:25
eita3さん、「福家…」の1回目の脚本の出来は
あまりいいとは思いませんでした。2回目も
あの調子だったら、ギブする可能性が高いです。
Commented by 幸子 at 2014-01-16 00:13 x
ドラマ記事、待ってました!
岩佐様もこれ!というのがないようですね。
私も似たり寄ったりで。う~ん。という感じですが。
黒田官兵衛は久しぶりにまともな時代設定な
ので、胸を撫で下ろしてます。
Sは日本版冒険警察部署?ですが、まあ、それなりに楽しめるかなと思います。隠蔽は、倫理的に無理な設定かなあ、日本だとありえなさすぎですからね。
天海女史がマスコミは話題にしてましたが、米倉にはかなわないかな、存在感が。と、米倉の手術シーンも実際に国内の技術最先端を引用してますから、裏方の情報収集も影響ありです
戦国時代は薬草園付きの隠居坊主になった豪族にありえる話なので、歴史ファンには取っつきやすいと思います。私の家も堀のある豪族屋敷でしたので。懐かしいと思いながら観ています。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。