ブログトップ | ログイン

岩佐徹のOFF-MIKE

toruiwa.exblog.jp

実況、ドラマなど放送全般、映画、スポーツ全般、 旅、食、友 etc

自薦・厳選300?バンクーバーを振り返る 5 14/02/11

d0164636_8444970.jpg
ソチ五輪はまだ序盤ですが、実況への不満は
あまり聞こえてきませんね。
4年前、激しく腹を立てた実況がありました。
もともとそのアナを好きじゃない私だから
気に入らなかっただけかもしれませんが。
ハハハ。

d0164636_8451257.jpg
(2010.02.27 初出 )


女子フィギュアは期待通りの高いレベルの争いを見せてくれました。

テニスで言えば、ジョン・マッケンローとジミー・コナーズ、クリス・
エバートとマルチナ・ナブラチロワ、バスケットでマイケル・ジョーダンと
マジック・ジョンソン、ホッケーのウエイン・グレツキーとマリオ・レミュー、
…言い出せばキリがありませんが、スポーツの世界には、ときにとんでもない
“ライバルリー”(ライバル関係)が生まれることがあります。
「二人、一度に出てこなくても」と言いたくなることも。ハハハ。

キム・ヨナと浅田真央。
19歳の若さで、まったく五分に渡り合える素晴らしいライバルリーを築き、
ファンを楽しませ、オリンピックでの対決への期待を持たせ、これ以上ない
大舞台でその期待にこたえてくれたことに感謝しましょう。
順位が逆なら…そんなことを言ってはいけません。ハハハ。
d0164636_853317.jpg
今回、キム・ヨナはすべてがひとつにまとまって最高の演技をしました。
同じアジア人だし、国境を越えて素直に称えるべきです。
浅田真央は泣いていましたね。何度も何度もティッシュを当てたのでしょう、
鼻の下の人中(ジンチュウ)が赤くはれていたのがかわいそうでした。
どんなに「自分でやるべきことはやった」と、その部分では納得できても、
結果として、“さらに上”がいるというのは悔しいものだと思います。
はたち前の若い女性が、自分の意志ではあっても、青春のすべてを注ぎ込み、
頼みもしない“期待”を背にオリンピックに臨むのは大変なことでしょう。
「楽しめ」と言っても、他人がテレビの前で考えるほど簡単じゃないこと、
「泣かないでいい」と言っても、無理な話だということも分かっています。
すべて、その立場に立った者でなければ理解できない領域です。
昨日は、音を消した画面に彼女が現れても音量を絞ったままでした。
聞こう、という気にならなかったのです。

数日前から繰り返し聞かされた“運命”の“決戦”が終わりました。
2人の舞姫だけでなく、選手全員に「おつかれさま」と言います。

安藤美姫は、小さなミスが続いて出遅れたショート・プログラムの4位から
ひとつ順位を下げましたが、いいパフォーマンスだったと思います。
終わったあとの顔に満足感が見えました。立派でした。
ただ、彼女については、少し前から疑問に思っていたことがあります。

コスチュームです。
ショート・プログラムで使った楽曲がモーツアルトの「鎮魂歌」だったからだと
思いますが、胸の部分の十字架が気になって仕方がなかったのです。

かつて、アメリカのツアーに参戦したゴルファーの丸山茂樹が、危いショットが
きわどいところで残ったのを喜んで、おどけた仕草で大きく十字を切りながら
グリーンに上がってきたことがあります。一瞬、ドキッとしました。
「助かったぁ」という気持ちを彼流に表したかっただけで他意はないのですが、
クリスチャンが多い国でジョークとして通じるのかな、と思ったのです。
杞憂に終わりましたが。

タイヤやシューズのデザインの一部がイスラム教の聖典・コーランに似ている
として問題になったこともあります。
小さなペンダントヘッドならともかくキリスト教徒にとっては大きな意味を持つ
十字架をあれだけ大きくコスチュームのデザインとして用いるのは、あまり、
見たことがないように思うのです。
これも杞憂でしょうが、こういうことは慎重であったほうがいいと思います。
私は、記事を書くときも宗教が絡む話にはとても慎重になります。
だれも気にしないでしょうが。ハハハ。

最後に、女子フィギュア史上最高得点を獲得したキム・ヨナの演技を十分には
楽しめなかったことに苦言を呈しておきます。
d0164636_8493690.jpg
滑り出してから1分過ぎのスローパートで実況アナはこんなことを話しました。

「今、19歳のキム・ヨナはカナダに来たときは15歳。
才能がありながら、非常にシャイで、スケートがあまり面白くなさそうな(*1)
少女だったそうです。
それが、カナダに来てこの4年間で、自尊心があって、明るく前向きに
スケートを楽しめる女性に成長した○○(*2)
その成長の・・・(*3)キム・ヨナの成長の記録を描いたのがこの4分間の
フリーのプログラムです。

そのあたりでしゃべろうと用意していたメモを読んだのだと思います。
アドリブで出てくるコメントでないことはハッキリしています。
完全な文章にしておくと、いかにも“読む”感じになってしまうので箇条書きに
してあった可能性があります。私もよくやりました。
しかし、それにしては、*1は日本語としておかしいですね。

*2は聞き取れませんでした。
「…成長しました」とするのが自然ですが、そうは聞こえません。
「…成長した・の・で・す」と言ったのでしょうか?
どちらにしても、ムニャムニャ…となったのは、文末をどうしようかと考えながら
しゃべっているうちにまとまらなくなったのではないかと思います。
箇条書きにしておいて、同じミスをした経験があります。
d0164636_850578.jpg
このコメント全体が前もって用意されたものだと考える理由は*3にあります。
目元リンクを半々に見ていた目が一度メモから離れてリンクを見たあと、
“キム・ヨナ”のところに戻らなければいけないのに、その先の“成長”に
目が落ちたのです。対応を一瞬迷った(・・・の部分:1-2秒)あと、結局、
初めから言い直すことにしたのでしょう。
そう考えれば、全体のつじつまが合います。

そんな、実況アナの“裏側”は、まあ、どうでもいいことです。ハハハ。
たまらないのは、この“どうでもいい”情報を32秒も聞かされた視聴者です。
ファンの多いアナウンサーです。きっと、「いいこと言うわ」と思ったでしょう。
しかし、そうでない者は、せっかくの最高レベルの滑りを“イライラしながら”
見ることになりました。至福のときを奪われたのです。

安藤美姫のときにもスローパートになるのを待ちかねたように話し出しています。
「大好きだったお父さんとひきかえに出会ったのがフィギュアでした」に始まって
22秒かかっています。
「“ひきかえ”って」と思いました。用意したコメントなのに、言葉が無神経です。
浅田のときにも準備はしてあったはずですが、ジャンプの失敗などがあったので
話すのを思いとどまったのでしょう。

最終組6人のうち、滑走前に曲の紹介が終わっていたのは2人だけでした。
フラットのときなどは話が長引き、演技が始まったあとも「パガニーニの主題による
狂詩曲」がこぼれて、静かな曲調で始まる音楽にかぶってしまいました。
一般の方は気にしなかったかもしれませんが、実況アナとしては“失敗”です。
100メートル決勝のピストルが鳴るときにしゃべるバカがどこにいるか、という話です。
ハハハ。

彼は、「栄光への架け橋だ」のとき、懸念した“アリ地獄”に落ちたと見ます。
刈屋アナについては、項を改めて書きます。
ツイッターで、放送や実況についての関心がそれなりにあることが分かりました。
同業者の先輩として、理性的に分析してみたいと思っています。
by toruiwa2010 | 2014-02-11 08:55 | 自薦・厳選300? | Comments(4)
Commented by ルブラン at 2014-02-11 09:13 x
岩佐さん お疲れ様です
オリンピックはNHKと民放が共同なんですよね
だから民放のアナがNHKで実況するという現象がおきるのですがその時は結構違和感があるんですよね
Commented by toruiwa2010 at 2014-02-11 10:43
ルブランさん、こんにちは。

東京のNHK,民放それぞれの副調整室の
空気が分かります。
小さなことに大騒ぎする民放アナに
「しょうがねえなあ」と顔をしかめるNHKスタッフ、
正確だが面白みに欠けるNHKアナに
「盛り上げんかい」と毒づく民放のスタッフ。

ま、おたがい様なんですよ。ハハハ。
Commented by kuroneko at 2014-02-12 00:16 x
刈谷アナが大の苦手なので思わずコメントしてしまいます。(刈谷アナ関係では2回目です。)
その通り!バンクーバーのキムの実況中の刈谷アナは最悪です。フリーのご指摘の部分もまさしくその通り、SPの指パッチンのところで変な声で”ココ”というのにもイライラさせられました。ソチに向けてバンクーバーの録画を見なおしたばかりなのですが、この二人の対決を海外はどう実況したんだろう、と思いました。アイスダンスでも刈谷アナが実況をしていて、これまたイライラさせられました。解説がアイスダンスに詳しいわけではなかったせいか終始暴走気味で、実況解説を全てやってる感じでした。やっと引退?されたようですが、最後の方は自分の見方や楽しみ方を押しつけてくるところがどんどんひどくなっていてホントーに嫌でした。
Commented by toruiwa2010 at 2014-02-12 04:16
kuronekoサン、おはようございます。
NHKは「引退」が早めなので助かります。
惜しいと思う人もいますが。ハハハ。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。