ブログトップ | ログイン

岩佐徹のOFF-MIKE

toruiwa.exblog.jp

実況、ドラマなど放送全般、映画、スポーツ全般、 旅、食、友 etc

田中アナ“卒業”~鶴竜優勝・浦和レッズ・町田樹~14/03/27

d0164636_857416.jpg
健闘を祈る

02/21のツイート

フジテレビ「とくダネ」の田中大貴アナが”卒業”し、
「スポルト」などを舞台に本格的なスポーツキャスターを
目指すそうだ。
過去、ツイッターやブログで書きたい放題、突っ込ませて
もらったが、期待していたからだ。
この10年でずいぶん成長した。

d0164636_8575272.jpg
後輩にはずいぶん甘いねえ…と言われそうですが、事実関係の把握、理解、プレゼン…
番組内で求められる能力に関して成長のあとが見えるのは間違いないと思います。
2枚目“過ぎる”ことで逆に厳しい目で見られることも多いと思いますが、評価は公平で
なければいけません。ハハハ。

中村光宏、立本信吾、木村拓也…ほかにもいるのかもしれませんが、スポーツの実況を
目指す若手の中に、今はバラエティやワイドショーにも出ているアナがいます。
見ていて気が気ではありません。
スポーツ実況をやるうえで、ほかの分野の仕事も経験することはプラスになります。
私自身も奥様向けのワイドショー「3時のあなた」のアシスタントを4年間やりました。
“寄り道”したことで硬かった実況が柔らかくなるというプラスがありました。

ただし、私がワイドショーをやったのは10年以上もスポーツに専念したあとで、年齢も
30代半ばを過ぎてからです。見たことを自分の言葉でよどみなく伝える快感はあるものの、
スポーツ・アナは顔も名前も売れません。世間でちやほやされる仲間に嫉妬もします。
若いうちの寄り道でその喜びを知り、勘違いするとそこから“抜ける”のは大変です。
実況するときの邪魔にならなければいいが…と心配なんです。

田中には番組で得たはずの“財産”を生かして いいキャスターになってほしいと思います。

静かに昇進

02/23のツイート

鶴竜が初優勝!そして、来場所の横綱昇進が確実!
先場所の14勝1敗でつかんだチャンスをあっさり
ものにした。稀勢の里は悔しくないのか?…
しかし、モンゴル出身の3横綱かあ。
排除するつもりは全くないが、何とかならんか
という思いは強い。

d0164636_858657.jpg
二場所連続の14勝、それも両横綱を下して。しかも、決定戦の末の準優勝と優勝です。
ここ数年、白鵬、日馬富士以外にそんな成績を残した力士はいないんじゃないでしょうか。
どこに出してもおかしくない立派な成績ですから、横綱昇進は当然です。
外国人力士だからか、稀勢の里のときほど騒がれなかったし、対戦の前日に白鵬が右手を
ひねるなどツキはあったかもしれません。NHKは毎日“綱取り”を口にしていましたが、
稀勢の里のときとは比較にならないほど“控えめ”でした。ハハハ。

優勝インタビューで一言ずつかみしめるように誠実な受け答えをする鶴竜の人柄に触れて
ファンが増えたかもしれません。
久々の3人横綱…はいいですが、すべてモンゴル出身というのはやっぱり悔しいですね。
差別や排除の気持ちで言うのではありません。3人とも日本人と変わらない風貌ですから
まだいいですが、把瑠都、臥牙丸、碧山だったら絶対に違和感があるでしょう?ハハハ。

若乃花が1998年五月場所後に昇進したあと、日本人の横綱は誕生していません。
稀勢の里に期待できないとすれば、遠藤の成長を待つしかないということでしょうか。
千秋楽、北の富士勝昭が悔しさを絞り出すように親方衆の“奮起”を促していましたが、
日本中で「その通り!」の声が出ていたに違いありません。

サッカー文化?

02/24のツイート

浦和レッズ差別の件:サッカー「文化」があることは認める。
しかし、Jリーグ発足のときにグラウンドをピッチとするなど
独特な呼び方を導入した。
それはよかったが、ファンをサポーターと呼ぶようになった。
あの辺から少しおかしくなった気がする。

d0164636_8581849.jpg
この問題のきっかけはJリーグ発足のときにあったような気がします。
ほかのスポーツではあまり聞かない“文化”という言葉がサッカーと結びつけて語られ、
書かれているうちにファンを「サッカーは特別」という気持ちにさせてしまいました。
プロ・リーグがあるのが当たり前で、サッカーが生活の中に根付いているような諸外国は
すでにそうでした。100年以上の歴史を持つヨーロッパや南米でも“勘違い”するファンが
フーリガンという厄介な代物に変質していきました。一番 真似てはいけない部分ですが、
早い段階から、日本のサポーターたちもことあるごとに選手・監督・球団に注文をつけ、
あるときは謝罪させるところまで増長してしまいました。誰もブレーキをかけません。
私は過去に、何度もサッカー・ライターや評論家を糾弾しましたが、代表チームの戦術・
作戦を声高に批判し、監督の交代を求めて、かっこよく感じる文章を書きまくって日本の
“サッカー文化”をミスリードしました。彼らの責任は大きいです。

ときどき問題が起きるものの、サッカーにおけるチームや選手とサポーターの関係性は
決して悪いものだとは思いません。大事なのは“距離感”です。多くのスポーツの中で
サッカーが特別だ、独特な文化があると言うなら、サポーターを含めたすべての関係者が
真剣に考えなければいけない大事な時期だと思います。


プラチナ・メダルはどこ行った?

03/26のツイート

世界フィギュア ・男子SP:町田・・・
素晴らしい出来だったね。いい点が出そうだ。
会場の雰囲気がすごいなあ。最終グループは
どえらいことになりそうだ。そして明日はもっと。
そしていよいよプラチナのメダルがリンクに
投げ入れられるのか?ハハハ。

d0164636_8583082.jpg
どの競技でも、オリンピックの年の世界選手権はテンションが下がるものですが、昨日の
さいたまスーパーアリーナは満員だったようですね。しかも、すごい熱気でした。
羽生の金メダルが少しかすんでしまうような滑りを見せた浅田真央のあのフリー演技が
ファンの気持ちをここまで盛り上げたということでしょうね。
町田がすごいスケーティングで98.21の高得点をマークしてトップに立ちました。
テレビで「語録はやめようと思う」と話していました。そうですよね。
一般論ですが、アスリートは口数が少なくて結果を出すのが一番です。ハハハ。

今更ですが、演技のあとリンクにものを投げ込むのはそろそろやめにしませんかねえ。
柔道やレスリングの勝者をたたえて花束をマットに投げますか?最高難度の技を決めて
着地した体操選手にぬいぐるみを投げ込むかって言う話じゃないですか。ハハハ。
それとも「フィギュアスケートは特別なのよ」「あれがフィギュアの文化じゃないの」と
言うんでしょうか。それではサッカーと同じじゃないですか。
あんなにたくさんの花束やぬいぐるみをどうするんでしょうか?
選手は本当に喜んでいるのでしょうか? 投げ込むことが楽しい…というファンの側の
“自己満足”でしかないように見えますけどねえ。

自己満足と言えば、プラチナ・メダルはどうなったのでしょうか?
たしか、「できれば世界選手権のときに渡したい」と言っていたようですが、出来上がった
という話も、渡したという話も聞こえてきません。
別にいいんだけど。ハハハ。
by toruiwa2010 | 2014-03-27 08:59 | スポーツ全般 | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。