ブログトップ | ログイン

岩佐徹のOFF-MIKE

toruiwa.exblog.jp

実況、ドラマなど放送全般、映画、スポーツ全般、 旅、食、友 etc

自薦・厳選300?コーディネーターNo1 14/04/06

d0164636_63891.jpg
コーディネートはこうでねーと (2006.06.22 初出)

めぼしいイベントはほとんど地上局が権利を持っていましたから、WOWOWの
開局当時はスポーツ・コンテンツの獲得には相当の苦労が必要でした。
少しでもいいものをと、目は海外に向けられました。そのおかで、WOWOWが
放送するスポーツ番組は、開局から現在までほぼ90%が海外で行われるものです。
そして、種目的にはマイナーであってもレベルは高いものが多く、視聴者の支持を
得てきたと思います。

スポーツ中継では、しばしば現地からの実況になり、そんなときに大きな影響力を
持つのがコーディネーターの存在です。放送がうまくいくかどうかはこの人たちの
腕前にかかっていると言ってもいいでしょう。
100点満点のコーディネーターを探すのはなかなか大変なことです。
業界での経験が浅いWOWOWは“帯に短く、たすきに長い” コーディネーターに
ずいぶん手こずったものです。

学生気分が抜けていなくて、観光やショッピングにマメに付き合ってくれるのは
いいのですが、時間が守れなかったり、雑な仕事ぶりだったりの若者もいました。
言葉はOK、仕事もてきぱきしていて助かりますが、立場を考えずに“でしゃばる”
コーディネーターもいました。
私が古巣のフジテレビ・スポーツ部から紹介してもらっていた時期があります。
テニス、ゴルフ関係の番組のコーディネーターがすべて“フジテレビ経由”の
人たちだったこともありました。
d0164636_6382889.jpg
その一人が、全仏オープン・テニスでお世話になる、エミコ・ロッシさんです。
フランス語、英語がぺらぺらですからどこに行っても困りません。
フジテレビでは、パリ・ダカール・ラリー、F1、トゥール・ド・フランスなど
大きなイベントに関っていますから経験も十分です。
1年目ですっかり納得したプロデューサーは全仏だけでなく、99年ハノーファー
(ドイツ)、2000年リスボン(ポルトガル)のATP最終戦も“出張”を頼んでいました。
お金はかかりますが、仕事がスムーズに進むし、第一、楽ですからね。ハハハ。

私は、エミコさんの仕事に不満を感じたことはまったくありません。
制作陣のやりたいことが出来るだけスムーズに実現するように、また、スタッフや
キャストが居心地よく過ごせるように体制をつくるのがメインですが、メリハリの
きいた仕事は見ていて気持がいいです。

数年前の全仏で、当時トップ・プレーヤーとして日本では女性ファンが多かった
フェレーロにインタビューを申し込んでいました。
ところが、“基本的にはOK”と言っておきながら、ドタキャンをふくめてのらり
くらりとなかなか実現せず、何度も無駄なスタンバイをさせられたたカメラマンは
「もう、あんなやつは絶対撮ってやんない」と宣言するほど怒っています。ハハハ。

しびれを切らした彼女は、電話口でマネージャーに最後通告を突きつけました。
「ああ、日本人が嫌いなのね?」と、かましたのです。
マナージャーに連れられたフェレーロが、あたふたと私達のテラスに姿を現すのに、
それ程時間はかかりませんでした。ハハハ。

そんなエミコさんからメールをもらいました。
時候の挨拶のあと、今年は常連だった私がいなくて残念だった、来年はぜひまた…
ということが書かれていました。
いま、こういう何気ない優しさ、温かさに極めて弱いんです。もろくなっている
涙腺がゆるんでしまいました。ハハハ。

そうですね。来年はまた一緒に仕事をしたいものですね。
by toruiwa2010 | 2014-04-06 06:38 | 自薦・厳選300? | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。