ブログトップ | ログイン

岩佐徹のOFF-MIKE

toruiwa.exblog.jp

実況、ドラマなど放送全般、映画、スポーツ全般、 旅、食、友 etc

原谷苑にKOされた~桜を堪能した京都への旅~14/04/09

d0164636_8461337.jpg
いい天気に恵まれて、月~火で京都に行ってきました。
今年の桜には“満を持して”いました。妻がネットで
見つけた原谷苑に賭けたのです。
“そこが見ごろのときに行く”と決めていたのです。
JR東海がCMで推していた十輪寺、久しぶりの醍醐寺、
“行きつけ”の哲学の道から南禅寺も捨てがたいですが、
“満開”や“満開近し”の情報を見ても、ぐっと我慢して
この日を待ちました。ハハハ。

慌ただしい旅でしたが、ツイートで流れを追いながらの
リポートです。


4月7日

午前2時起床。
ええ、もちろん、京都へ行くためにこの時間に起きたわけではありません。
ダルビッシュが今シーズン初めて登板するからです。
首痛の影響を感じさせずに好投した彼が降板したのは5時過ぎでした。まるで、こちらの
都合に合わせてくれているようでした。ハハハ。

大急ぎでブログを更新し、朝食をすませて家を出たのは6時半です。

d0164636_8463061.jpg
暖かくなるとどうしても雲が出ることが多く、富士山が全貌を見せるのは珍しいのですが、
この朝は気温が低かったせいか、こんなにきれいな姿を見せてくれました。
しかも、数日寒い日が続いたために、かなり下の方まで雪がありました。

京都駅についても快晴は続いていました。
このところの“善行”が評価されたのでしょう。ハハハ。

タクシーで一気に原谷苑に行きました。
金閣寺でさえ、相当 北に位置していますが、原谷苑はその金閣寺の横を抜けて細い道を
さらに北に進んだところにあります。バスは行けません。団体客は金閣寺でバスを降りて、
タクシーでピストン輸送するそうです。

d0164636_8464696.jpg
d0164636_8465638.jpg
ここの特徴は開花状況によって料金が“変化”することです。平日と土・日で違いますし、
つぼみのころやピークを過ぎると安くなり、“見頃”、“満開”は高くなるのです。この日は
平日でしたが満開ですから最高の1200円でした。前日の日曜日は1500円。リーズナブル。
ハハハ。
d0164636_8472220.jpg
d0164636_8471351.jpg
d0164636_8491121.jpg
d0164636_8492510.jpg
d0164636_849404.jpg
d0164636_8495450.jpg
美しさに圧倒されました。
しだれ桜のピンクがあたり一帯を華やかな空気に染めています。
ユキヤナギの白やレンギョーの黄色があって、桜を引き立てていました。
個人の農園が植えているものだそうですが、あまり人工的でない…つまり、見せることを
強く意識していないところが素晴らしいです。

青空をバックにした色とりどりの花々を堪能しました。
第一目標で満点が取れましたから、気分は上々です。ハハハ。

d0164636_850928.jpg
植物園もいい桜が楽しめます。
去年は入り口付近のソメイヨシノだけを見て次に向かったのですが、今回は少し奥まで
入りました。きれいなしだれ桜があることを初めて知りました。原谷苑のあとでしたから
少し見劣りしますが、順番が逆だったらポイントは高いと思います。
d0164636_8503567.jpg
d0164636_8504482.jpg
去年は“60歳以上無料”でしたが、今年は“70歳以上”に変わっているのに笑いました。
ハハハ。

d0164636_851075.jpg
d0164636_8511731.jpg
d0164636_8512780.jpg
半木(なからぎ)の道は去年初めて訪れた場所です。
まだ、植えてから10数年しか経っていないとのことでしたが、満開時は見ごたえ十分です。
5年後、10年後は名所になっていることでしょう。対岸のソメイヨシノも見事です。


とらやで一息入れました。
あんみつだけでよかったのですが、メニューにあったヨモギ餅の誘惑に勝てませんでした。
ハハハ。
d0164636_8521634.jpg
d0164636_8522883.jpg

ついでなので、近くの御苑に行きました。
ピークを過ぎていましたが、十分に楽しめました。
d0164636_8541378.jpg
d0164636_8542463.jpg
d0164636_8543986.jpg

時間が余ったので法然院~哲学の道に行くことにしました。
去年、葺き替えたばかりの山門の屋根はほとんど“そのまま”でした。
かつての風情を取り戻すころに来られるかどうかわかりません。トホホ。

d0164636_8551391.jpg
d0164636_8552733.jpg
d0164636_8555553.jpg
花の少ないところですが、隣接の墓地に桜が一本だけ…
文豪・谷崎潤一郎の墓を守っていました。

d0164636_8581537.jpg
d0164636_8583797.jpg
哲学の道は満開で、人出もすごかったです。
ただし、聞こえてくるのは日本語よりむしろ中国語の方が多い感じでした。
声が大きく、喧嘩をしているように聞こえる話し方になる特徴があります。
話しているのは台湾の人が多いということでした。
ウエディングドレスを着て桜の花の下で写真を撮ることが台湾では流行っているとか。
人の流れをせき止めて、通りかかったタクシーにクラクションを鳴らされていました。
d0164636_8585330.jpg
「マナーを守れよ」と言いたい気持ちもありますが、数十年前の日本人も海外の人から
“白い目”で見られていたものです。大声で話す、コーヒーやスープを音を立てて飲む、
ブランド品の店に観光バスで押しかけ、占拠状態で買い漁る…。ロサンゼルスのホテルで
「便所→」と大きく書いた紙が貼られているのを見たときは恥ずかしかった!
そんなことを思えば…。ねえ。ハハハ。

いつものホテルが取れず、今回はグランヴィアに泊まりました。駅の上ですが、静かだし、
交通アクセスに関しても便利のいいホテルです。
荷物を置いてすぐに芦屋の兄のところに向かいました。
間もなく90歳になる兄をいたわる75歳の優しい弟。いつの日か、兄と私、私と妻が
入れ替わるのでしょう。そう遠い日のことではなさそうです。ハハハ。
d0164636_914993.jpg

4月8日

二日目も快晴でした。
平安神宮に行きました。神苑のしだれ桜に外国人観光客が歓声を上げていました。
量はそれほど多くありませんが、水があるので映えますね。

d0164636_8593792.jpg

d0164636_901226.jpg
d0164636_903366.jpg
d0164636_904935.jpg
近くの疎水に行きました。
琵琶湖から京都に水を運ぶ…昔の人の発想が素晴らしい。
d0164636_91446.jpg
d0164636_912029.jpg
以上で桜は見納め、京都駅に向かいました。
伊勢丹の前で20分待ち、はつだの牛めし弁当を手に入れました。
文句なしにおいしいです。
ただし、比較すれば、山形の牛肉ど真ん中が上です。なかなか食べる機会がないのが
残念です。

d0164636_913747.jpg
帰りもきれいな富士山を“拝め”ました。
ただし、行きは頂上付近に見えた伊吹山の雪は消えていました。暖かかったからでしょう。

d0164636_915551.jpg
1時半には病院にいました。
楽しい旅から一転、少々鬱陶しいリハビリ。
ま、いろいろあっての人生ですから、文句を言ってはいけません。ハハハ。
d0164636_9293.jpg
疲れましたが、満足度マックスの旅でした。

ほかの写真も含め、週末にギャラリーにまとめる予定です。

by toruiwa2010 | 2014-04-09 09:20 | 旅に出る食べに行く | Comments(12)
Commented by マオパパ at 2014-04-09 09:47 x
岩佐さん、おはようございます。素敵な写真ありがとうございます。また京都に行った気になれました。(笑)富士山と桜、いいですねぇ。日本人でよかったと思える画像です。
私の方は、今年は地元の石神井川沿いの桜とゴルフ場の桜を堪能しました。いつか京都で桜を愛でたいと思います。
Commented by toruiwa2010 at 2014-04-09 09:50
マオパパさん、こんにちは。

京都の桜・・・まだ、そんな年齢じゃないでしょう。
高齢者優先にしてほしいです。ハハハ。
Commented by えそらいろ at 2014-04-09 10:20 x
写真から色があふれてこぼれそうです。
きれいですね~
Commented by toruiwa2010 at 2014-04-09 10:41
えそらいろサン、こんにちは。

まさに、眼福でした。
Commented by じゅんじ at 2014-04-09 12:26 x
岩佐さん、こんにちは。

この半年ほど仕事の現場が西京極ですので
抜け出してお会いしに行きたかった、
などと思いながら拝見しました。

暖かくなり益々人通りが絶えないのを
帰りの車窓から眺めております、
と言っても五条通りからだけですが。

ぜひ、来年も健康なお身体で桜を満喫しにいらしてください。
Commented by toruiwa2010 at 2014-04-09 12:46
じゅんじサン、こんにちは。

お住まいが京都ですか。うらやましい。
記事には書きませんでしたが、鴨川沿いの
桜と柳のコントラストもきれいですね。

温かい言葉・・・恐縮です。
Commented by イレザー・シート at 2014-04-09 14:22 x
こんにちは。
素晴らしい京都旅行でしたね。
「琵琶湖疏水」
ご存知かと思いますが、水道用水を運ぶ水路を”疏水”と言います。
時は明治時代、工部大学校の一人の学生が書いた卒業論文。
それに目を留めた当時の京都府知事が、その学生を京都府に採用して作らせたのが琵琶湖粗衣。
インクライン(船を運ぶエスカレーター)、水力発電所(現在も稼働中)、日本初の鉄筋コンクリートの橋なども作られました。
ひとりの学生の論文に巨額の費用をつぎ込んだ明治の政治家に、ただただ感服するだけです。その学生も期待に応える見事な働き。
その学生が、私が最も尊敬する土木技術者である田辺朔朗さんです。

次の機会には宇治の平等院鳳凰堂にもお越しください。大修理をほぼ終えて綺麗になっています。
Commented by toruiwa2010 at 2014-04-09 14:29
イレザー・シートサン、こんにちは。

学生の論文の話…タクシーの運転手さんに
こまかく聞きました。
宇治・・・コース取りが難しいですね。
建物や仏像にはあまり興味がないので。
ハハハ。
Commented by じゅんじ at 2014-04-09 22:20 x
岩佐さん、こんばんは。

誠に申し訳ありません、私は京都の隣県の滋賀に住んでおります。
“いらしてください”は京都在住と思われますよね、つい「関西へまた」と大きな
くくりで書いてしまいました、恐縮です

今日の夕方は清水寺周辺がいつにもまして混雑しておりました、観光バスが20台程で交差点を埋め尽しとても大変でした
あと少し続きそうですね。

訂正のコメントを長々失礼しました。
Commented by Yumi at 2014-04-10 01:16 x
素敵な桜の写真に心は日本でした!こちらはまだまだです。Hanamiも少しずつ浸透してきたかもしれません。お酒は飲めないですが(笑)
Commented by toruiwa2010 at 2014-04-10 06:26
じゅんじサン、おはようございます。

清水周辺には近づかないようにしています。
台湾からの観光客は清水そのものより
土産物店に群がるらしいですね。ハハハ。
Commented by toruiwa2010 at 2014-04-10 06:27
Yumiサン、おはようございます。

ポトマックの桜なら、すぐ見にいけるのでは?
さあ、田中のホーム・デビュー、間もなくですね。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。