ブログトップ | ログイン

岩佐徹のOFF-MIKE

toruiwa.exblog.jp

実況、ドラマなど放送全般、映画、スポーツ全般、 旅、食、友 etc

自薦・厳選300? ゴルフvsテニス 1 14/04/12

d0164636_8242751.jpg
Federer vs Tiger! (2006.04.04 初出)

30歳と24歳。優勝回数は48と37。メジャーのタイトルは10と7。
初メジャーは21歳4ヶ月と21歳11ヶ月。
…ゴルフとテニスをくらべるのが無理なことは承知していますが、タイガー・ウッズと
ロジャー・フェデラーがこれまでに残した数字です。
蛇足ですが、客観的に見て、競技の複雑さ、プレー・コンディションの影響度を考えれば、
勝つことが難しいのは明らかにゴルフでしょう。

ウッズとフェデラーには多くの共通点があります。
若くしてそれぞれのスポーツで、あっという間に先輩を追い抜いて自分の位置を確立した。
ふたりを打倒するために、ほかの選手たちが懸命の努力をした(している)。
それぞれの世界ではまだ中堅で、むしろこれから最高の時期を迎える。
技術的、精神的、肉体的な強さは群を抜いている。
プレーぶりに人を魅了するものがある…

しばしば、このふたりの比較が試みられる理由でしょう。
二人は互いに「会いたい」と思っているようですが、「どうしてもスケジュールがうまく
合わないんだ」とフェデラーは語っています。
d0164636_8244779.jpg
当時25歳のウッズが2001年のマスターズに勝って“Tiger Slam”(2000全米オープン-
全英オープン-全米プロ-2001 Mastersのメジャー4連勝)を達成したとき、19歳だった
フェデラーは驚きの目で見ていました。
「彼のプレーをずいぶんフォローしてたよ。あの頃、彼の周囲は大変な騒ぎだったんだ。
彼の偉業はゴルフに衝撃を与え、現在の位置まで引き上げたものさ」

ただし、タイガーがゴルフ界を席巻したように、自分も将来テニス界を…と考えたことは
ないそうです。
「一切ないね。彼と僕の物語をくらべれば、大きく違うんだ。彼の目標はごく若い頃から
ジャック・ニクラウスの記録を破ることだった。一方、僕が願い、夢に見たのはボリス・
ベッカーに会うことかウインブルドンでプレーする日が来ることだったからね」
自分の可能性は少しずつ明らかになってきたのに対して、タイガーの場合は早い段階から
いずれ史上最高のゴルファーの一人になると言われたとも語っています。

ふたりといい勝負をした挙句、敗れた選手たちの多くが口にするのは“ここというときに
信じられないショットを打つすごさや勝負強さ”です。
フェデラーの決勝での強さはテニス・ファンなら誰もが知っています。
2003年ウイーンから2005年バンコクまで24連勝を含む37勝10敗です。
ゲームのやり方が違いますからくらべることは難しいですが、3日目を終わってリードした
タイガーは37大会中34勝しています。うーん、どちらもすごくて、甲乙つけがたいなぁ。
ハハハ。

フェデラーはこう言っています。
「ゴルフ・コースであれだけのことをやってのける人がどういう個性を持っているのかに
興味があるね。食事を共にしたら、彼がとても気楽な人だと分かるだろうし、彼も僕を
同じだと思うだろうね」

すでに生涯グランド・スラムを達成したタイガーに対して、フェデラーの今後の目標は
全仏に勝つこととサンプラスの持つグランド・スラム14勝(あと7勝)です。
一方、タイガーはニクラウスのメジャー18勝(あと8勝)ですが、どちらも、まだ相当に
年数がかかるでしょう。

今年のフェデラーは、5大会に出て4回優勝、タイガーは6大会で2勝と、二人ともいい
スタートを切りました。円熟期に入った二人がどんな成績を残すか楽しみですね。


自分の中では「どこもおかしくない」という気持ちがありましたから
一部の読者の方からの批判にビックリしました。
今はもう、コメントが残っていないのが残念ですが、テニスを愛する
人たちのお気に召さなかったようです。ええ、冒頭の部分です。

どうも「テニスよりゴルフの方が競技として上等だ」と言っているように
受け取ってしまったようです。
客観的に見て、競技の複雑さ、プレー・コンディションの影響度を考えれば、
勝つことが難しいのは明らかにゴルフでしょう。

by toruiwa2010 | 2014-04-12 08:25 | 自薦・厳選300? | Comments(4)
Commented by 秋の桜 at 2014-04-13 06:30 x
こんにちは。

秋の桜と申します。
テニスよりゴルフのほうが「勝つことが難しい」だとあたかも両者が同じ条件で比較できるかのように読めてしまうので、テニスの勝者よりゴルフの勝者のほうが上等だと書いているように思った人がいてもおかしくないのではないでしょうか。

実際にはテニスとゴルフはそもそも条件が異なっており、岩佐さんはそれを書いているのかなと思いますが。ゴルフのほうが「より多くの条件に左右されるスポーツだ」くらいなら、反発もないと思いますが、そもそも(岩佐さんも書いておられるように「蛇足」の、)意味のない比較だとも思います。
草ゴルフとか市民大会ならともかく、どんなスポーツでもその頂点にある人たちが競う時、そこに生じる難しさはそのスポーツに固有の、そう簡単には比較のできないものではないかと思います。

しかし、この記事8年も前のものなのですね。ウッズもフェデラーもまだ現役で活躍していて(ウッズは依然世界一位!)本当にすごいことだと思います。
Commented by toruiwa2010 at 2014-04-13 06:45
秋の桜サン、おはようございます。

あなたの意見は尊重しますが、分からない人には
どう説明しても分からないということで。
Commented by 秋の桜 at 2014-04-13 07:23 x
岩佐さん

お返事ありがとうございます。
「分からない人には分からない」という斬り方は少し寂しく思いますが、いずれにせよ、1、2とも楽しく読ませていただきました。ありがとうございます。
Commented by toruiwa2010 at 2014-04-13 07:27
秋の桜さん・・・

おやおや。私は「分からない人には
どう説明しても分からない」こちらの
寂しさを書いたつもりでしたが。
ま、分からない人には分からないでしょうね。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。