ブログトップ | ログイン

岩佐徹のOFF-MIKE

toruiwa.exblog.jp

実況、ドラマなど放送全般、映画、スポーツ全般、 旅、食、友 etc

桜を追って北へ~待望 弘前公園~ 14/05/02

d0164636_701321.jpg
日曜日に今年最後の桜を愛でる旅をしてきました。

目指したのは本州最北の桜の名所、弘前です。去年は半月板の手術で断念していたので
今年は何としても実現しようと考えていました。
ここの桜は例年ゴールデンウイークごろに満開を迎えていました。連休中の混雑を避け、
直後に訪れる計画を立てていました。弘前で桜を楽しんだら、どこかで一泊し、翌日は
角館あたりを見て東京に帰ることを考えていました。

しかし、ネットを見ていると弘前の桜の開花がどんどん進んでいて金曜日の午前中には
週末にも見ごろを迎えてしまいそうだと分かって焦りました。
土曜日(26日)には黒田が投げ、月曜日は田中が先発する予定でした。しかも、火曜日以後、
現地の天気が悪くなる予報になっています。…日曜日に行くしか選択肢はありません。
さらに、月曜日の田中は“マスト”ですから、日帰りしかないじゃないですか。ハハハ。

現地に早く着きたいので4時に起きて5時半には家を出ることにしました。
えきねっとで切符を予約するのも大変でした。連休序盤の日曜日ですから当然です。
さんざん苦労してようやく狙った列車の席を確保しました。

北へ向かう新幹線は秋田・角館まで乗ったことがありますが、新青森までの3時間12分は
“最長不倒距離”です。ハハハ。
福島を過ぎ、仙台を過ぎ、やがて、ときどき咲き誇る桜を車窓から見るようになりました。
10日前には福島の三春町と花見山が見頃でした。桜前線は確実に北上しています。
d0164636_704271.jpg
新青森で奥羽線に乗り換えるのですが、これが超満員でした。「乗れないかもしれないぞ。
そうなると、計画が狂うなあ」と心配するほどでした。日帰りの旅をするとき、普段なら
事前に帰りの切符は買いません。しかし、この日は混んでいることは明らかでしたから
買っておきました。弘前滞在時間は3時間半です。日帰りとはいえ、そんなに短い人は
いないらしく、ビックリされるのですが、過去の経験から、それで十分のはずでした。
ハハハ。

弘前が近づくにつれて岩木山が間近に見えてきました。東北の人たちにとっては信仰の
対象ですが、形も美しい山ですね。

駅からそれほどの距離でないことは分かっていましたが、タクシーを使いました。
“爆弾”を抱えているひざの状態を考えると歩く距離をできるだけ短くしたかったのです。
運転手さんが「咲くのが早すぎました。これでは連休まで持たないかもしれません」と
心配していました。「山に行くと、ようやくバッケが顔を出したところなんだけど」とも。
話すこと全体がもっとなまっていますが、“バッケ”は明らかに方言だと分かりましたから
意味をたずねると“ふきのとう”のことでした。
雪は多かったようですが、急に暖かくなって、桜が咲くのは早くなったのでしょう。
d0164636_711426.jpg
弘前城あとが公園になっていて、そこにたくさんの桜があるのですが、前日、観光協会に
電話して「いま、ちょうど見ごろなのは外堀のあたり」だと分かっていたので、そこで
降ろしてもらいました。見事なソメイヨシノの並木があり、まさに満開を迎えていました。
d0164636_713395.jpg
女子高生が桜をバックに写真を撮っています。一人が叫びました。「ワも入りたい!」
すぐわかりました。“ワ”は私のことですね。テレビの普及で標準語・共通語は全国に
浸透しているようですが、若い人でも平気で方言を口にするのを聞いてうれしかったです。
“なまり”はあったかいですから。
d0164636_714873.jpg
追手門から城内に入ります。
途中の案内書でもらった簡単な図面を頼りに歩き回りました。
とにかく、ものすごい桜の数です。これまで多くの桜の名所に行きましたが、これだけの
ボリュームは初めてです。圧倒されました。ついでに人出にも。ハハハ。
d0164636_722873.jpg
d0164636_723961.jpg
d0164636_725756.jpg
d0164636_731694.jpg
d0164636_733330.jpg
d0164636_734851.jpg
疲れ果てて、予定より早く駅に戻りました。公園の中にいたのは結局2時間ぐらいです。
十分に堪能しましたから、もったいないとは思いません。さすがに全国に名前を知られた
名所だなあと思いますが、いくつか注文があります。

協賛する企業や個人のものと思われる行燈のような派手な飾りが邪魔でした。
もちろん。これだけの桜を管理・維持するのに莫大な費用がかかることは分かります。
しかし、この桜は弘前の“売り”だし誇りのはずです。せっかくの桜はもっとスッキリ
見せてほしいと思います。
かかる費用は桜を楽しむ人たちが払えばいいのではないでしょうか?本丸と北の郭など
一部だけが有料(300円)になっていますが、場内に入るところから有料にしてもいいと
思います。
d0164636_6594831.jpg
ところどころで見られたブルーシートも“目障り”で周囲の雰囲気を壊していました。
アルコール類が認められているかどうかわかりませんが、花は飲食抜きでも楽しめると
思います。どうしても、飲んだり食べたりしたい…という人たちがいるなら、どこか
一ヶ所にフードコート的な場所を設ければいいと思うのですが…。
桜の名所につきもののような提灯の類には辟易しているので野暮は承知でつい…。ハハハ。

後で知ったのですが、この日“満開”が宣言されたようです。いいタイミングで行った
ことになります。
桜前線が津軽海峡を渡って北海道に達したというニュースを見ましたが、我が家的には
今年の花見はこれにて終了です。
京都の原谷苑、なから木の道、三春の滝桜、花見山、そして、弘前公園で桜を楽しみました。
どこも“見頃”だったのはラッキーでした。ええ、私の”緻密な計画性”のおかげもありますが。
ハハハ。

お詫び:

昨日、コメント欄で吹石一恵について書いた記事を含む
旧ブログをオープンにしておくと約束しましたが、「手続き」を
間違えていたようです。改めてカギを開けましたのでどうぞ。
すみませんでした。
http://bit.ly/1o4ZjQA

by toruiwa2010 | 2014-05-02 07:45 | 旅に出る食べに行く | Comments(2)
Commented by otani0708 at 2014-05-02 10:59 x
岩佐さん、こんにちは。桜を観賞する旅、とても素敵だと思いました。私も定年を迎えたら挑戦してみたいと思いました。それにしてもブルーシートは確かに目障りですね。
Commented by toruiwa2010 at 2014-05-02 12:55
otani0708さん、こんにちは。

私が花のことを言うようになったのは
定年後ですから。
それからでもたっぷり楽しめますよ。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。