ブログトップ | ログイン

岩佐徹のOFF-MIKE

toruiwa.exblog.jp

実況、ドラマなど放送全般、映画、スポーツ全般、 旅、食、友 etc

黒田が苦しんでるなあ~明るい兆しあり?~14/05/03

d0164636_10455846.jpg
05/02のツイート

黒田が今シーズン6度目のマウンドへ。
ここまで2勝2敗だが、防御率5.28が示す通り
内容はよくない。納得した試合はないと思う。
投球数を減らされているが自分のスタイルを
変えるのも厳しいだろう。
つき(ツキ&月)も変わった。
そろそろいいところを見たい。
d0164636_10461742.jpg
6回 94球(61球) 7安打 1四球・7三振 4点(自責は3) 負け(2勝3敗)

d0164636_1046298.jpg
今シーズンはまだ黒田の笑顔を見ていない気がします。
応援している者にとっては、苦しげな表情を見るのはかなり辛いです。
開幕以来、ずっと“軸になる”球を見つけるのに苦労しているようです。バッテリーは
その球を中心に投球を組み立てていくのですから、それが見つからないというのはかなり
深刻だし、当人はさぞ焦っていることでしょう。

昨日もそうでしたが、私の目には…つまり素人の目には、試合の中で特定の球が生きて
いるように見えることはあるのですがね。前回の2シームとか、昨日のスプリットとか。
きっと、それはたまたまよかったのであって、本人が自信をもって狙ったコース・高さに
投げたものではないのでしょうね。

ツキにも見放されている感じがあります。
1回の失点も、いいスプリットで空振り三振を奪って幸先のいいスタートを切ったのに、
2番・ロメロにバットを合わされただけのヒットを打たれ、カノーには投げ勝ったように
見えたのですが、力で持っていかれました。調子がいいときなら気にならない失点ですが、
今は具合が悪いです。特に“あっさり”と見えるところが…。

放送の中で現地のアナが興味深いデータを紹介していました。
去年、黒田が相手打者にボール球を降らせる率は34.9%で
MLBのトップクラスだったが、今シーズンは29%まで
下がっている。

“見きわめられている”ことを意味していますね。ボール球だと知って手を出すことは
基本的にないわけですから、“投球術”が必要です。そして、テクニックを発揮するには
軸になる球がなければなりません。それを見つけるのが“急務”ですね。

唯一明るい材料は、5回、6回の内容が良かったことです。
次に期待しましょう。

さて、明日は午前2時から田中が、5時過ぎから岩隈が投げますね。
9時に寝て1時半に起きる…ということになるのかな?

by toruiwa2010 | 2014-05-03 10:46 | メジャー&野球全般 | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。