ブログトップ | ログイン

岩佐徹のOFF-MIKE

toruiwa.exblog.jp

実況、ドラマなど放送全般、映画、スポーツ全般、 旅、食、友 etc

関口vs唐橋・相撲・錦織圭~久しぶりにテレビが面白かった~05/15

d0164636_8225142.jpg
あえて逆らった?

05/11のツイート

関口宏の”サガン鳥栖”のイントネーションを
訂正した唐橋ユミに拍手!!! 

d0164636_8222470.jpg
どうということではないのですが、この日のTBS「サンデーモーニング」のスポーツ・
コーナーで交わされた会話が私的にはとても面白かったのです。

関口:サガン鳥栖がトップ…。
唐橋:サガン鳥栖です。
関口:サガン鳥栖!?サガン鳥栖じゃいけないの?変だなあ。

文字だけだと、“禅問答”のように見えますが、司会の関口はサガン鳥栖を、言ってみれば
“左岸・椅子”のアクセントで、コーナー担当の唐橋は“ユベントス”のアクセントで
発音していたのです。「変だなあ」と言ったって、固有名詞のアクセントは独特ですから、
手も足も出ません。特にローカルの場合は普段耳にしないことが多いのでたまたま聞くと、
呆然とするときがあります。
関口が少しでも ムッとすれば、もっと面白かったんですが、そんなこともなく。ハハハ。

アクセントには決まりがあるようで、絶対的なものはありませんから結構難しいです。
原則はあるでしょうが、むしろ、言葉を構成する音の並び方から時間をかけて、自然に
落しどころが決まってきたのだと思います。
特に、外国の固有名詞については、ルールを聞いたことがありません。
たとえば「アメリカ」のアクセントが平板なのは、厳密なルールに従ったわけではなく、
それが一番自然だったからでしょう。英語の発音では「メ」にアクセントがあることは、
この際関係ないのです。

逆に、アメリカ人にとって、Tokyo,Ichiroは頭高(あたまだか)ですが、Osaka,Matsuiは
中高(なかだか)といって、中間の音にアクセントがきますね。日本語とは違うのですが、
彼らにはアルファベットの並び方からして、それが自然なのでしょう。

私の名前、「岩佐」は頭高です。ところが、同じようにイ、ア、オ段で構成される苗字の
「岩田」は平板です。更にところが…同じ「イワタ」でも静岡県の「磐田」市は頭高です。
Jリーグ立ち上げのころ、各テレビ局は磐田市や市民から「アクセントが違う。我々の街は、
イにアクセントを置いてくれ」というクレームを受けました。市の名前が決まったとき、
頭高で読むのが自然だと感じる人が多く、それが定着したのでしょう。私の考察によれば、
たぶん、アクセントの決定には気候や風土も関係するのだと思います。

この、クレームというよりアピールには戸惑いもありましたたが、「地元がそういうんじゃ、
しょうがないね」と各局が直した記憶があります。


大相撲五月場所から

タレント、コロッケの次男が五月場所で
序の口デビューしたそうだ。
佐渡ヶ嶽部屋所属でしこ名は琴滝川だとか。
いっそ、琴“美川”にすればよかったのに。ハハハ。


父親が物まねを得意とする美川憲一に引っ掛けたジョークでした。
これに対して、「“琴五木”はどうでしょう?」というリプがありました。いいね!
その流れで言えば、琴淡谷、琴宏美、琴島倉、琴志村、琴瀬川…キリがありませんが。
ハハハ。

呼吸が合わない刈屋アナと北の富士・・・
好き嫌いじゃなくて北の富士は“なんとなく”
話しにくいのさ。はっきりしているのになぜ
組ませるんだ。
あと1時間、この呼吸で聞かされる視聴者の
身にもなってもらいたい。

d0164636_8213431.jpg
前にも書いたことがあるような気がしますが、実況アナウンサーと解説者の“呼吸”は
なかなかむつかしいものがあります。年齢、性格や持ち味、 競技に対する考え方まで…
“ケミストリー”がうまくかみ合わなければ、会話も微妙に行き違ってしまうのです。
そういう二人の実況・解説で放送を見るのはつらいです。私は“元アナ”なので、特に
気になるのかもしれませんが、一般の人でも、放送を聞いていて「なんか、この二人、
話がかみ合ってないなあ」と思うことがあるはずです。

人間同士だから好き嫌いもあります。
呼吸が合わないことは当人はもちろん、プロなら周囲の作り手たちも知っているはずです。
…なのに、なぜ、組ますのか!民放だったら絶対にそんなことをしないと思います。
NHKは“親方日の丸”だから、そんなことは気にならんのでしょう。ハハハ。

初日、外出からの帰宅がNHK総合テレビの相撲放送開始に間に合わず、新横綱・鶴竜の
初めての土俵入りを見損ないました。こんなとき、およそ14日分の地デジ放送をそっくり
録画してくれるエグザがあることはありがたいです。
すぐに頭から再生してみましたが、きちんとは見せていませんでしたね。すでに、3横綱が
土俵入りを済ませ、翌日の取り組み紹介が行われている中、番組は、鶴竜の土俵入りを
編集してほんの数十秒再生することから始まりました。

…それだけでした。
あとでそっくり再生してくれると思ったのに、伝達式や明治神宮での土俵入りや場所前の
インタビューは見せたものの、新横綱初の本場所土俵入りは見せなかったのです。
BSでは生で中継したのでしょうが、地上波は別のはずです。この辺も“サービス”という
視点が欠けてますね。あの“問題会長”が来てからではなく、以前からですから、これは
つまり、“体質”なんでしょう。
d0164636_8215088.jpg
4日目、遠藤が素晴らしい相撲でその新横綱に初黒星をつけました。スピードがあって、
強くて…ほれぼれするような見事な一番でした。
彼がケガをしたりスキャンダルに巻き込まれたりしないで、順調に番付を上げていけば
協会もNHKも彼の人気に便乗していけるのでしょうが、安心して、サービスする気持ちを
忘れちゃダメなんじゃないかなあ。


錦織の快挙!

05/12のツイート

錦織がマドリード決勝でナダルに善戦した。
ニュース映像でもうなるようなラリーを見せている。
クレーシーズンの序盤ではなく全仏直前のこの時期だけに
“あっぱれ度”は高い。GSを控えているから今回ばかりは
棄権も仕方ないね。

d0164636_821814.jpg
トーマス・ムスター、マルセロ・リオス、カルロス・モヤ、エフゲニー・カフェルニコフ、
パトリック・ラフター、マラト・サフィン…90年代の後半、ごく短い期間、トップの座に
座った選手たちです。もちろん、それだって血と汗の結晶ですから、尊敬に値しますが、
残念ながら、名前を並べてみると、その経緯をつぶさに見ていたのに、彼らがNo1だった
という記憶は薄いのです。“定着”しなかったからです。

テニスのランキングは、“その週”までの52週間の成績からはじき出しているのですから
その時点での力が反映されています。錦織のトップ10入りは“快挙”です。正直言って、
ここまで強くなるとは思いませんでした。脱帽です。

準優勝したマドリードも、ニュース映像しか見ていないのでうかつなことは言えませんが、
サーブ力が上がったと聞きます。合点がいきます。
世界のトップクラスはみんないいサーブを持っています。
思い出すのは、錦織の現コーチ、マイケル・チャンです。1989年に17歳で全仏の王者に
なったあと、何度もトップ10に入りました。しかし、6位、5位ぐらいまでは上がれても
そこから先が厚い壁にさえぎられていました。

兄・カールとの二人三脚で徹底したトレーニングをしてまず体力を強化し、それによって
サーブの威力を増し、じりっじりっとランクを上げてトップ4に定着しサンプラスに次ぐ
2位まで上りつめたのは1990年代半ばでした。
「僕のサーブは過小評価されている」と苦笑していたのはアガシでした。数字を見れば、
彼のサービスゲームのキープ率は高かったのです。

今後の錦織に求められるのは、まず、トップ10への定着です。
次の目標は“トップ5”でしょうが、グランドスラムを含むビッグイベントでベスト4の
常連になることを意味するのですから簡単ではありません。なぜかと言えば、準々決勝で
トップ4の誰かに勝たなければ準決勝には進めないのですから。
そのためには、ますますサーブ力を強くすることが不可欠な条件になると思います。
サービスエースはとれなくても、サーブで圧倒的な優位に立てればいいのです。

そして、デビュー当時から不安の材料だったケガをしないことですね。
トップ10入りするまでにこれだけケガをした選手は珍しいと思います。捻挫や骨折なら
時間がたてば完治するものですが、錦織の腰(今回は股関節?)は厄介です。
試合が長引く、あるいは、勝ち進むと疲れて痛みが出てくるのでは上位定着は難しいです。
チーム一丸となってこの点の克服に取り組んでほしいですね。

「2,3年後、錦織が勝てない相手はいない。
そのときケガをせず、しっかり安定した体力と
メンタルを持っていたら相当なことが起きる」と
松岡修造が言う。“前提”がすごいなあ。
同じ条件をナダルやジョコビッチに当てはめたら
GS独占だね。w
d0164636_8203562.jpg

by toruiwa2010 | 2014-05-15 08:23 | 岩佐徹的考察 | Comments(7)
Commented by えどたろー at 2014-05-15 11:13 x
岩佐さん、こんにちは<(_ _)>

四時頃からチラッとしか観なかったの
ですが、昨日の相撲中継のアナウンサーと
芝田山親方、何だか合ってないように
感じました。親方に聞くべきことまで
アナが喋っちゃってるような感じがして‥。
気づいてしまうと、ずっと気になって
観る事に集中できなくなって
しまいますよね(´д`;)
Commented by toruiwa2010 at 2014-05-15 11:49
えどたろーサン、こんにちは。

藤井、吉田を除くアナたちはレベルが落ちますね。
彼らと、たまに放送席に座る解説者という組み合わせも
いいハーモニーを生みません。困ったもんですね。
Commented by 大平 台 at 2014-05-15 12:31 x
岩佐さんこんにちは
”琴五木” いいね!いただきありがとうございました。(^^)
ところがその後、追放されたあの力士の四股名にそっくりなのを思い出してしまい、一人でトホホ・・・に。
将来は、「琴淡谷、琴宏美、琴島倉、琴志村、琴瀬川…」といろいろな四股名が入った浴衣姿の琴滝川を見たいですね。
Commented by toruiwa2010 at 2014-05-15 12:42
大平 台サン、こんにちは。

琴光喜…はまったく頭に浮かびませんでした。
問題ないですよ。
Commented by ひさご at 2014-05-16 12:59 x
岩佐様

たびたび申し訳ございません(今日は休暇で纏めて読んでいたら沢山書き込みしてしまいました)

私も北の富士親方の件、気になるに一票です。話し方で解説が誰か解っちゃいます。
個人的には舞の海の解説が分かりやすく、選手愛を感じ好きです。

田中のまーくんはすごいですね!ダルもすごい!
イチローが、見ていて辛い…頑張れ!

錦織圭くんは、もう尊敬です。身体は大切に怪我が慢性化しないように頑張って欲しい。楽しみな選手が沢山増えました。
Commented by ひろ☆はっぴ at 2014-05-16 18:04 x
今6日目の取組を見ながら投稿しております。
今日の解説は引退したばかりの琴欧洲。実況は吉田アナです。初めて解説する琴欧洲をうまくリードしながら、元琴錦の中村親方の話を引き出しつつ、相撲を「愉しませる」実況でした。
岩佐英治アナ不在の今、最近放送席に来ていないデーモン小暮閣下を相手にできる唯一のアナですね。

琴欧洲は声質が通りにくいのが残念ですが、なかなかしっかりした話をしていました。これから出番が増えることでしょうね。
Commented by toruiwa2010 at 2014-05-16 18:23
ひろ☆はっぴサン、こんばんは。

映画を見に行っていた野枝今日は相撲放送は
見ていません。この後、いくつかの取組を見ます。

吉田アナなら、うまく話を引き出すだろうし、
琴欧州もリラックスできると思いますね。
スタッフも、今日ばかりは組み合わせを
考えましたね。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。