ブログトップ | ログイン

岩佐徹のOFF-MIKE

toruiwa.exblog.jp

実況、ドラマなど放送全般、映画、スポーツ全般、 旅、食、友 etc

坊やを救ったキジ猫~宝塚ファン&P・マカートニー~14/05/21

d0164636_852425.jpg
勇気ある猫・タラ

05/17のツイート

飼い主の幼い坊やの危機を救った猫と少年に
穏やかな日々が戻った。めでたし、めでたし。
昔 飼っていた猫に似てるわ。

d0164636_850492.jpg
4歳の坊や、ジェレミーが家の前で自転車で遊んでいるところへ隣家の犬が姿を見せます。
何が気に入らなかったのか、犬はいきなり、ジェレミーに襲い掛かりました。噛みつかれ、
自転車ごと倒された坊やを見て、キジ猫さんが飛び出してきました。ジェレミーの家で
飼っている猫、タラ(Tara)です。

猫が自分より体の大きな動物を攻撃するのを見たのは初めてのような気がします。
犬は猫の“けんまく”に恐れをなして逃げ出し、坊やはそれ以上の被害を免れました。
痛々しい傷が見えますが、本人はあっけらかんとしていますし、そばに寝そべるタラは
もうすっかり出来事を忘れているようです。ハハハ。

ところで、タラは野球ファンらしいです。本当かね?ハハハ。
で、彼らが住む町、ベーカーズフィールドにあるマイナーリーグ(クラスA)のチームが
タラを始球式に招待したそうです。いかにもアメリカらしい発想ですね。
日本時間の今日のようです。“始球式”と言ったって、どう考えてもボールを投げられる
わけはないのですが、どんなことをするのか楽しみですね。またyoutubeに上がるのを
期待しましょう。

ちなみに、いまやヒーロー(メスのようですから、ヒロインですが)扱いのタラはアイス
ホッケーの試合にも招かれているそうです。この競技では、二人の選手の中間にパックを
落とすだけですから、野球よりはそれらしくできそうですね。
それにしても、ほんの数秒の出来事で、あちこちから“ひっぱりネコ”。ハハハ。
d0164636_8511541.jpg
防犯カメラに映っていた映像を坊やの父親がネットに投稿すると、瞬く間に世界中から
アクセスが集中し、“その数は1600万に達した”という記事を読んで、確認したときは
Youtubeでの再生回数は1900万回を超えていました。そして、翌日、「もう、2000万回を
超えたかな?」とyoutubeをのぞくと…

映像は見られず、“この動画はRoger Triantafilo から著作権侵害の申し立てがあったため
削除されました”の文字がありました。Roger某は坊やのお父さんです。ふむふむ。
猛烈な反応を見てこのフッテージは商売になると考えましたかね?
あーあ、せっかくの100%“美談”だったのになあ。ハハハ。
d0164636_8513278.jpg
今朝XX時に確認しましたが、この動画は見られるようです。http://bit.ly/1vBInWY
d0164636_850713.jpg
我が家で飼っていたチャバ(Ciaba)はこんなやつでした。
ツイッターのプロフィルページに使っています。最後まで
私の膝で眠ることがなかった冷たい奴ですが、何年たっても
忘れがたいです。


あくまで整然と…

05/13のツイート

蘭寿とむ宝塚を退団…と。
大劇場前の整然としたファン。
以前、楽屋入りするスターを出迎えるところを見たが、
大声で指示が出ているわけでもないのに立ったりしゃがんだり…。
一糸乱れず。
唖然とした。
でも、この蘭寿とやら、女優としてやっていくつもりだろうか?
いろいろ無理じゃないの?

d0164636_8494699.jpg
有楽座、みゆき座、日比谷映画、スカラ座…日比谷の一角は少年のころからしょっちゅう
出入りしていました。映画館や劇場がいくつもあって、ここで映画や芝居を見ると、少し
“おとな”になった気分がしたものです。ハハハ。

東京宝塚劇場へは足をふみ入れたことがありません。私にとっては“聖域”ですから。
正確にいうと、ロビーまでは入ったことがあります。新婚のころ、私の父から回ってきた
チケットで見に行った妻を迎えに行きました。
だ・か・ら、新婚のころですって。ハハハ。
フィナーレ間近かだったからでしょうか、「中をご覧になりますか?」と聞かれましたが、
丁重に断りました。扉の向こう側を想像するだけで“こそばゆい”気がするのです。

数年前、妻とでかけたときに“入り待ち”する100人ほどの女性たちを見かけましたが、
このとき、生まれて初めてあの儀式っぽい行動を見たのです。多分、私だけでしょうが、
ああいう光景を見るといつも思います。「外国人が見たらなんと言うだろう?」と。
別に外国人が何を言ったってかまやしないんですが。ハハハ。

統率がとれていて、決してタカラジェンヌのじゃまをしないという姿勢はいいですね。
先日の「ぴったんこカンカン」で一路真輝が宝塚をたずねていましたが、気がついても
遠巻きにするだけで取り囲んで声をかけたりしない…ロケがやりたすそうでした。ハハハ。


マカ―トニーの公演中止

05/18のツイート

ポール・マカートニーの公演が次々に中止になっている。
体調を崩したのは本人の意志ではないから、責めるのは
気の毒だが、損害は莫大だ。
こうなると次の企画が立てにくくなるね。
高校生の頃、イブ・モンタンのチケットを入手したのに
中止になって激しく落胆したことを思い出す。

d0164636_849991.jpg
国立競技場のチケットを持って遠くから来たファンの中には涙ぐんでいる人もいました。
世代によっては、ビートルズは神のような存在ですから無理もありません。
不摂生で体調を崩したわけでもなさそうですから、批判することはできないでしょうし、
事実、ファンから非難の声が上がっているという話は聞きませんね。
私も声を使う仕事でしたから、風邪をひかないこととお腹をこわさないことには最大限の
注意を払いました。グランドスラムやサッカーの担当が近づくと緊張したものです。
歌手はそれがずっと続くのですから大変です。

イブ・モンタンは1960年ごろ、読売新聞の招きで来日することになっていました。
フランスのシャンソン歌手で映画でも活躍したスーパースターです。私は高校生だったか
大学に入って間もないころだったと思いますが、小遣いをはたいて前売り券を買いました。
しかし、彼の映画撮影が延びて来日が中止になってしまったのです。
今のように、世界の大物が当たり前のように日本に来る時代ではありませんでしたから、
ものすごくがっかりしました。
d0164636_8484685.jpg
1980年代の初め強烈なダンス・シーンを売りにした映画「フラッシュダンス」がヒットし、
主題歌「What a Feeling」もメガヒットになりました。歌ったアイリーン・キャラという
歌手が来日しました。TBS系の東京音楽祭のゲストとして数曲歌いましたが、終始、声が
かすれていました。“商品”ではありませんでした。生放送でしたからTBSが無理やり
歌わせたのでしょう。キャラは逃げるように帰国しました。

マカ―トニーの体調は戻らず、結局、全公演が中止されました。70歳を超えていますから、
むしろ病状が心配です。マカートニー側の対応はスケジュールを調整して再来日したいと
考えているようです。彼のレベルになると、たぶん数年先まで決まっているはずですから
簡単な作業じゃないでしょうが、なんとか償おうとする姿勢が伝わり、ホッとします。
by toruiwa2010 | 2014-05-21 08:52 | 岩佐徹的考察 | Comments(4)
Commented by リエコ at 2014-05-22 00:15 x
イヴ モンタン‼
悪趣味かもしれませんが、旅行でお墓を見に行きました。
うーん、ポール マッカートニーは心配ですねぇ。もう70歳こえてますか、活力ある人は若く見えるので年を忘れてしまいますね。
Commented by toruiwa2010 at 2014-05-22 06:51
リエコサン、おはようございます。

外国の墓地は日本と違って独特の
雰囲気がありますから、見に行くのも
ありじゃないですか。地下に眠る人たちに
敬意を払いつつ。
Commented by ぷーさん at 2014-05-22 18:29 x
岩佐さん、こんにちは。
私も犬を撃退した猫「タラ」見ました。世界中の猫派は胸が熱くなったことでしょう。人間なら武勇伝でも語るのでしょうが…。猫はつくづく不思議な魔力を持っていますね。
Commented by toruiwa2010 at 2014-05-22 18:41
ぷーさんサン、こんばんは。

Taraは自分がやったことを覚えていないのでしょうね。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。