ブログトップ | ログイン

岩佐徹のOFF-MIKE

toruiwa.exblog.jp

実況、ドラマなど放送全般、映画、スポーツ全般、 旅、食、友 etc

ある過去の行方 85点!~ブルージャスミン、WOOD JOB 80点~ 14/05/23

d0164636_919239.jpg
05/11のツイート

映画「ブルージャスミン」を見た。
セリフに妙味があるのだと思うのだが、悔しいかな、
字幕に頼る身には分かりかねる。
ブランシェットの主演女優賞…言われればそうかな、
という程度だなあ。

「ブルージャスミン」80


ニューヨークからサンフランシスコへ飛ぶ飛行機のファースト・クラスで、およそ6時間、
ジャスミンは隣の女性にずっと話しかけていた。迷惑顔の相手にお構いなく。

彼女は金融関係の仕事をする夫とニューヨークで羽振りの良い暮らしをしていたのだが、
詐欺で逮捕された夫が刑務所で自殺したあと、新生活を始めるために妹・ジンジャーを
頼ってサンフランシスコにやってきたのだ。
かつて、ジャスミンの夫に乗せられて大金を失った苦い経験をもつジンジャーだったが、
いやな顔を見せずに身勝手な姉の面倒を見るのだった。

西海岸での生活が始まって間もなく、誘われて出かけたあるパーティーでジャスミンは、
政治家になることを目指す外交官と出会った…
d0164636_9195542.jpg
開映直後、画面に浮かび上がる字幕の裏に流れる古いジャズ。
そこから、もうウディ・アレンの世界は始まります。私も好きなジャンルの音楽ですから、
心が浮き立ちます。しかし、機中でジャスミンが年配のご婦人を悩ませるおしゃべりに
夢中の場面からセリフの量と速さについていけなくなります。

アレンの映画ですから、当然、登場人物たちの言葉のやり取りが面白いことは分かって
いるのですが、字幕を読むのが精いっぱいで、楽しむ余裕はまったくありません。ハハハ。
これでは、映画を見る喜びは限定的になってしまいますね。見に行くのなら、その辺の
覚悟をしていった方がいいでしょう。せりふのすべてを読もう…と思わない方がいいです。
ハハハ。

ケイト・ブランシェットがアカデミー賞の主演女優賞を獲ったことは知っていますから、
果して、どんな演技を見せるのかと期待していました。
ツイートした通り、「言われてみればそうかなあ」という感じです。

エイミー・アダムス (アメリカン・ハッスル)、サンドラ・ブロック(ゼロ・グラビティ)、
メリル・ストリープ (8月の家族たち)、ジュディ・デンチ (あなたを抱きしめる日まで)と
くらべて圧倒的にいいとは思いません。私に投票権があったら、ストリープかデンチに
一票入れたでしょう。まあ、演技には絶対の基準はありませんから最後にものを言うのは
“好み”ということになりますね。相変わらずの結論で申し訳ないですが。ハハハ。


05/13のツイート

映画「WOOD JOB」…ネットでの評判は悪くないようなのに
渋谷TOHO、5番スクリーンは40人ぐらいしか入ってなかった。
ダイJOBか?ハハハ。
見て何かを学ぶという映画ではない。2時間を楽しむつもりなら
いいんじゃないのかな。

「WOOD JOB」80


のんびりと高校生活を送っていた勇気(染谷将太)は受験に失敗し、付き合っていた恋人にも
去られてしまった。友人たちとの飲み会の帰り、深夜の街で見かけた求人チラシの中から
「緑の研修生」という一枚に惹かれて、深く考えないまま山奥の村にやってきた。そこで
1年間、林業を学ぶのだ。住む寮と三食つきだが、携帯はつながらず、コンビニもなければ
カラオケもない“僻地”だった。

1ヶ月の基礎研修が終わったとき、初めは20人ほどいた仲間はほんの数人に減っていた。
厳しさに音を上げたのだ。残った研修生は山の中に散在する林業会社に預けられた。
勇気は、中でも最も手ごわそうなヨキ(伊藤英明)のところだった。
容赦なく鍛えられ、こき使われ、絶望的になる勇気だが、チラシに載っていた写真の娘
(長澤まさみ)に出会うことを夢に見て頑張るのだった…
d0164636_9203177.jpg
見るつもりはなかったのですが、ネットでの評判が割合よかったので思い直しました。
2013年の日本アカデミー賞の作品賞をとった「桐島、部活やめるってよ」を見落とした
“苦い”経験のせいです。大々的に宣伝していない作品の中にときどき、とんでもない
秀作が隠れていることがあります。この映画にその可能性があるかもしれないと思ったら
腰を上げないわけにはいかなかったのです。ハハハ。

…設定からちりばめられたエピソードまで“ありがち”で新鮮味に欠けるなあというのが
最初の印象です。伊藤が良かったし、染谷が頑張ったおかげで、青春映画として辛うじて
成立していますが、残念ながらそれ以上ではありません。


「ある過去の行方」85

ガラス越しにマリーが到着ロビーをのぞき込んでいる。
アーマドが姿を現した。ガラスを挟んで互いに聞こえない言葉を交わす。意志は通じた。
二人は元夫婦。アーマドは離婚を正式なものにするための手続きをしにイランからパリに
やってきたのだった。会うのは4年ぶりだった…
d0164636_9205723.jpg
マリアにはアーマドとの結婚の前にできた二人の子供がいます。彼女はアーマドと正式に
離婚して同棲中の男と結婚しようと考えているのです。
血はつながっていませんが、問題の多い上の娘はアーマドになついていました。
マリアはアーマドを自宅に泊めることにしていました。反抗し、夜遅くに帰宅する娘と
話をしてほしいのです。
滞在中、何度か娘と話したアーマドは隠れていた事実を引き出していきます。

とても珍しいイラン映画です。
めったに見ることがありませんが、この映画の監督、アスガー・ファハルディの作品は
3作目です。「彼女が消えた浜辺」も心に残りましたが、アカデミー外国語映画賞を獲った
「別離」(2012年)は賞に値する素晴らしい映画でした。
どの作品もていねいに作られていることに好感を持ちます。

邦題は紛らわしいですね。


「プリズナーズ」80

まだ雪の残る森の中に男の低い祈りの声が流れていた。
木の陰から一頭の鹿が姿を見せた。
乾いた銃声が響き、シカが崩れ落ちた。

その日、ケラー・ドーバー(ヒュー・ジャックマン)とその家族は近所の友人、バーチ宅に
招かれていた。感謝祭のパーティだった。仕留めた鹿の肉を土産に一家は出かけた。
大人たちが居間でくつろいでいるとき、子供たちがいないことに気づいた…
d0164636_9211931.jpg
白井佳夫(82)、北川れい子(81)、グレゴリー・スター(80)…週刊誌で見た3人の評論家の
採点はそうなっていました。ほかの作品の評価を見ると、私より基準が5点から10点は
厳しそうですから、その中でこの点数が与えられているのなら、もしかして、いい映画?
と思って出かけました。どうも、最近、“ぶれる”ことが多くなっています。ハハハ。

感じ方は人それぞれですが、冒頭の15分とラストの15分を除くとサスペンス、スリルを
味わいませんでした。宣伝文句にあった“ヒューマン・サスペンス”…意味不明です。
ハハハ。

警察は頼りにならない、娘を救えるのは自分だけという思いに取りつかれた父親を演じる
ジャックマンの演技は“狂気”をはらんで見事だと思いますが、その暴走を抑え込みつつ、
捜査を進める刑事役のジェイク・ギレンホールの方にすごみを感じました。


80 ブルージャスミン 字幕に頼るものにはつらい映画 セリフのやり取りが面白いのに
80 WOOD JOB ありがちな設定だが青春映画として成立している 伊藤英明が良かった
85 ある過去の行方 この監督の作品はいつもていねいに作られていて好感が持てる
80 プリズナーズ 感謝祭の夜、娘が行方不明になった 父親が思わぬ行動に走る
by toruiwa2010 | 2014-05-23 09:22 | 映画が好き | Comments(2)
Commented by BBB at 2014-05-23 12:45 x
岩佐さんこんにちわ。ウッジョブ私も見ました。
結構楽しめました。特に伊藤英明の野生児っぷりが素晴らしかった。
最近「七帝柔道記」という高専柔道を題材にした小説を読んだのですが、
いい加減な若者が度を越えた厳しい環境に身を置いて成長する、
という物語で、この手の話が大好きな私にはウッジョブもばっちりでした。
Commented by toruiwa2010 at 2014-05-23 13:06
BBBさん、こんにちは。

多分、あの映画をすごく面白いと思うかどうかは
年齢も関係してくると思います。若い人には
文句なしに面白いのでしょうね。書き忘れましたが、
優香が吹っ切れていました。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。