ブログトップ | ログイン

岩佐徹のOFF-MIKE

toruiwa.exblog.jp

実況、ドラマなど放送全般、映画、スポーツ全般、 旅、食、友 etc

田中&松坂〇 岩隈✕ ~日本人投手3人が先発~14/05/27

d0164636_8385373.jpg
03時10分:ホワイトソックスvsヤンキース(田中が先発)
05時10分:マリナーズvsアストロズ(岩隈が先発)
05時40分:メッツvsダイヤモンドバックス(松坂が先発)


昨日は忙しい朝になりました。
雨で流れた試合がダブルヘッダーに組み込まれ、松坂が急きょ、先発することになって
そのスケジュールを見たとき、MLBファンにはうれしい悲鳴が上がりました。
結果的には、松坂の試合をどこも生では放送しなかったため3試合が重なる最悪の事態は
避けられましたが、開幕前から、松坂の動向次第では起こりうると予想されていたことが
現実のものになるところでした。まあ、悪いことではないんですが。ハハハ。


田中:苦労して7勝目

田中将大が先発する。前回登板でMLBと日米にまたがる
連勝記録はそれぞれ終止符がうたれた。
雨でボールのコマンドが効かず、マウンドも滑ったようで
田中らしさが見られたのは2回までだった。
連敗だけは避けたい。bounce backを期待する。
d0164636_8381722.jpg
6回2/3 118球(73ストライク) 5安打2四球・6三振 1点 勝ち(7勝1敗)

d0164636_8383344.jpg
大量リードに守られて7勝目を手にしましたが、満足にはほど遠かったでしょう。
コントロールが全然ダメでした。ぎりぎりの球をストライクと言ってもらえませんでした。
打ち取っても、首を傾げたり、「危なかったなあ」という顔を見せることがありました。
本人的には気に入らないのです。

3-0に4回なったのを含めて、3ボールまで行った打者が延べ9人(26人中)いました。
完封した試合で対戦した30人の打者のうち、6球以上要したのは3人しかいなかったのに、
昨日は7人もいました。苦労の投球だったことが分かります。
普通、“苦労”して勝つときは、接戦のリードを守って勝つケースが多いのですが、昨日の
田中はリードは十分なのに、“一人相撲”をして自分を苦しめた感じです。ストレートが
140キロ台後半を記録し始めたのは中盤に入ってからだったと思います。楽天・星野監督が
言う通り、疲れが出ているのかもしれません。

その“疲れ”は二つのスパンが関わっているかもしれません。
一つは、初めてのMLBで、開幕から過ごしてきた期間、もう一つは、前回登板がナイト
ゲームでこの日はデーゲームですから、登板間隔が実質、“中3.5日”だったことです。
当日のルーティンもこれまでの登板と違ったはずです。

読み返してみると、なんだか私だけ“辛口”ですね。
自分が応援する立場“だから”、あまりいい出来だと思わなかったのかもしれません。
NYタイムズは見出しにsolid outing と言う言葉を使って、普通に褒めていますし、ポスト、
デイリー・ニューズ紙をざっと読んでも、批判する言葉は一切ありません。
反応が一番気になる地元紙がこれなら、安心です。ハハハ。


岩隈:2ラン2発で負ける

岩隈、先発。戦列復帰してからの安定した投球には
目を見張るものがある。
3勝0敗、1.76ERAはダテではない。
抜群の制球力でフォアボールを与えず、相手打線に
.189しか打たせていない。頭にあるのは休んだ1ヶ月の
埋め合わせをすることだと言う。
d0164636_8372723.jpg
7回 94球(66ストライク) 9安打(2HR) 0四球・6三振 4点 負け(3勝1敗)

d0164636_8374939.jpg
1回はわずか9球、わずか5分で終えましたが、2回には得点こそ許さなかったものの、
3本のヒットを打たれました。1イニングに3安打されるのは今シーズン初めてです。
5回まで無失点で切り抜けたのは、ヒットを打たれながら、要所で三振が取れたことと
二つのダブルプレーがあったからです。

しかし、6回につかまりました。抜群のコントロールが持ち味の岩隈が、甘いコースに投げ、
2ラン2発を浴びて4失点…ともに、完璧に打たれました。
本人は「9安打されているけど自分ではそういう感じはしない。相手は、状況に応じて
特定の球に絞っていた。全体に悪くなかった。ミスはあの2球だけだ」と話しています。
この日のストライクとボールの比率(66-28)はとてもいいのですが、主審が岩隈にかなり
“フレンドリー”で、特に低めの球をよくとってくれたせいだと思います。私の目には
“そこらへんに”投げておけばストライクと言ってくれている感じでした。

ヤンキースの試合の主審が彼だったら、田中は完封したかも。まさか。ハハハ。


松坂:嬉しい先発勝利
d0164636_8354077.jpg
6回 98球(67ストライク) 3安打 1死球・6三振 2点 勝ち(2勝0敗)

d0164636_8364779.jpg
スポット・スターター…昨日の先発はあくまで諸事情による“臨時”のものでしょうが、
そこできっちりと結果を出したのはさすがです。当面はまたブルペンに戻ると思いますが、
腐らずに仕事をしていけば、たとえば球宴明けにローテーション入りするなどの可能性は
十分にあると思います。

仕事と言えば…
バッティングのセンスもいい松坂は打つ方でもバットを折りながらのタイムリーヒットと
犠打、3打席目は自分の代打が勝ち越しタイムリーを打つなど、しっかりと仕事をしました。
芸は身を助く。ハハハ。

26歳で海を渡った松坂も33歳になりました。
TJ手術の影響もあって、スピードは140キロ台の後半で、かつてのように150㌔半ばの
剛速球は見られませんでした。その分、球種を増やして丁寧に投げている印象でした。
“ストライク67、ボール31”は松坂らしくありません。ハハハ。
ブルペンでは21イニング・17四球だったのですから。

マイナーからスタートし、苦労して昇格したあとも慣れない中継ぎに甘んじていました。
これまでは、“3回2/3、56球”が今年の最長・最多投球でした。
「体がどう反応するか予想できなかった。やれるという自信はあったけどね。できれば
7回まで投げたかったけど、チームには貢献できた」と話していますが、投げ終えたあと
きっと、満足感があったことでしょう。おめでとう!
by toruiwa2010 | 2014-05-27 08:41 | メジャー&野球全般 | Comments(2)
Commented by 赤ぽん at 2014-05-27 14:37 x
岩佐さん、こんにちは。

マー君は慣れぬ環境の中結果OK。岩隈は2発で!、まぁどこかで負けると
思って次に切り替え切り替え。

松坂・・・今一番苦労?!、いや、頑張って結果を残そうとしてる?
彼の投球になぜか引き込まれて応援している自分がいます。
とりあえず本当に「おめでとう!」ですね。

サッカーのCL決勝中継も含め、これで松坂も中継されてたら
身体が持ちません(涙)という最悪状態は避けられたwカナ?
Commented by toruiwa2010 at 2014-05-27 14:45
赤ぽんサン、こんにちは。

松坂は悔しいと思っているはずです。
早く次の機会を、、、と願っていることでしょう。
ただし、フォームにだいぶ無理があるので
コンスタントな成績を残すのは難しい気がします。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。