ブログトップ | ログイン

岩佐徹のOFF-MIKE

toruiwa.exblog.jp

実況、ドラマなど放送全般、映画、スポーツ全般、 旅、食、友 etc

どうなってるのさ!?~いよいよ危ないのか、母局~14/05/28

d0164636_8352880.jpg
私には“母局”が二つあります。フジテレビとWOWOWです。お世辞でなく、どちらも
働きやすいいい職場でしたから、“卒業”して何年も過ぎましたが、今でも気になります。
ネットをウロウロしていても、この二つの文字には敏感に目が吸い寄せられます。
YAHOOニュースに出ていた「フジ新番組軒並み低迷」の見出しも、当然、私のセンサーを
すり抜けることはありませんでした。ハハハ。 

“「笑っていいとも」の後継番組”だけが話題だった「バイキング」が超低空飛行中のほか、
4月からゴールデンに編成した「ジャネーノ!?」(月曜20時)、「クイズ30~団結せよ!~」
(日曜19時58分)、「ワンダフルライフ」(日曜21時)という新番組が全部コケています。
個々の番組の中身がどうこうと言うより、今のフジテレビの勢いや力が反映されていると
とらえた方が正解だと思います。
d0164636_8354827.jpg
視聴率の低迷はいずれ間違いなく営業成績の悪化につながるでしょうし、番組の内容や、
社員の素行など、かつては高かったはずの局のイメージもかなり下がっています。
在籍中は、WOWOWに出向している期間さえ、心のどこかに“フジテレビの社員”という
意識と誇りがありました。もちろん、OBになってからも。
残念ですが、今はそういう状態ではないようです。

これまでに書いてきた記事の中から、“母局”という言葉を使ってフジテレビを自分なりに
“叱責した”ものを検索してみました。

05/02/19 近頃、気になる…母局 
11/03/18 いま 報道姿勢が問われる~フジテレビの評判が悪い~
11/08/05 ああ、母局が袋叩きに…~“お好きなように”としか~
12/06/15 創立以来の危機と認識せよ~かばいきれない母局の惨状~
13/08/12 嫌われるフジテレビ~理由が分かるから困るよなあw~


最初に書いたのは“ライブドア事件”のときでした。
ホリエモン(ゆるキャラにあらず)に激しく揺さぶりをかけられて右往左往しました。ハハハ。
このときは、叱るというよりがんばれという気持ちが強かったのですが、2011年の震災を
きっかけに噴き出した感がある“フジテレビ叩き”から、母局を見る私の目は厳しさを
増していきました。

ただし、“かばった”事例もありました。根拠のないものも多かったからです。
ひどかったのは、震災発生の直後、ツイッター上にあふれた次のつぶやきでした。

仙台市民だが、緊急車両のみの給油所に
フジテレビの中継車がきていたよ…(以下略)


事実だとすれば問題だと思い、情報を求めましたが、1件をのぞいてまったく反応がなく、
その後もこの“悪事”を暴いたつぶやきは拡散を続けていました。
自分で調べた結果、最初の発信が2chからだったと判明しました。断言はできませんが、
この情報はデマだった可能性が濃厚です。
2ch=すべてウソと断定はしませんが、“面白がって”それを拡散するのは危険な話です。

あるとき、こんなつぶやきが私宛に発信されてきました。
そのあとのやりとりも含めて、そのまま再録すると…

@kuroiwayuji @toruiwa 今回の地震でフジテレビの報道姿勢が
批判されていますが、軽チャー路線のつけがこんなかたちで
くるとはおもいませんでした。

えっ、報道姿勢が批判されているんですか?
「笑えるわ」の件ですか?
あれは確定なんですか?

すみません、掲示板でそういう評判をきいただけです。
しかし、フジテレビの報道はスーパーニュースのキャスターが
安藤優子氏にかわってから変だとおもいます。

d0164636_8361497.jpg
ツイッターの怖さがここにあります。書かれていることを単純に信じてしまう。しかも、
初め、気がつきませんでしたが、@マークの次、toruiwaの前にkuroiwayujiがあります。
後輩で、私同様、すでにフジを退社していた黒岩祐次のアカウントなのでしょう。
つまり、ツイッター上で見つけたフジテレビOBに、無差別に送られたようです。
程度の悪い嫌がらせとしか思えません。“確たる証拠”はありませんが。

また、「笑えるわ」…は、菅直人総理大臣の会見中にその一言が流れた件を指しています。
“フジテレビの女性アナ”だとするツイートが恐ろしいほどの勢いで拡散されました。
これも間違いでした。

震災後のネット上でフジテレビは相当に非難されましたが、多くは根拠のないものです。
しかし、「だったらいいじゃないか。気にすんな」と言うわけにはいきません。
なぜ、そんなことになってしまうかを考えるきっかけにしなければいけないのです。
しかし、経営者や社員から危機感が伝わってきませんでした。残念だし、心配です。
どこかに“過信”“慢心”があるのではないか?

この30~40年、テレビ界のトップを走ってきました。視聴率も営業も。
知らない間に、それを当たり前と思い、油断や驕りが身についてしまったのではないか?
OBとしては厳しい反省を求めたいと思います。現在の不振は再出発のためのいい機会です。
それとも…身動きが取れなくなるまで待つのでしょうか?それだったら、お好きなように
どうぞ、と言うしかありません。一度、”どん底”を味わうのも悪くないでしょう。
ただし、企業年金だけはつぶすんじゃないぞ。ハハハ。
by toruiwa2010 | 2014-05-28 08:36 | 岩佐徹的考察 | Comments(6)
Commented by ルブラン at 2014-05-28 10:10 x
岩佐さん お疲れ様です
企業年金といえばTBSが年金給付額削減を一方的に発表してOBが一斉に反発して訴訟になった事がありましたよね
その後どうなったはしりませんがフジテレビOBのみなさんは案外他人事に感じ ていないのではないですか
Commented by toruiwa2010 at 2014-05-28 10:16
ルブランさん、こんにちは。

ありがちなことですが、私は深刻に考えるのが
嫌いな性格なので、「フジは大丈夫だろう」と
タカをくくってます。ハハハ。
Commented by 神田 at 2014-05-28 12:03 x
JALが破綻するとき、企業年金の削減に反対するOBは見苦しかったですね。世界史的にみてもそれなりの年金を受け取れる世代って、極めて異例でしょう。岩佐さんがうらやましい!ハハハ
Commented by S_NISHIKAWA at 2014-05-28 12:07 x
岩佐さん、こんにちは。
私は上京後最初のバイトが河田町フジテレビでした。
今の私を作ってくれた1つがCXです。
なので頑張ってほしいのですが…
そう「…」です。
Commented by toruiwa2010 at 2014-05-28 13:14
神田さん、こんにちは。

JALねえ。あれはたしかに。
でも、フジの年金はあんなには
出ませんから。
今の生活が送れるのはあくまで
国の年金と合わせてですから、
見逃してやってください。ハハハ。
Commented by toruiwa2010 at 2014-05-28 13:25
S_NISHIKAWAさん、こんにちは。

私がいたころと時期がダブってるんですね。
制作のほうですよね。
制作畑は、あとでスポーツ部に来た浜口とか
浜本ぐらいしか知りません。
河田町は狭くて汚くて…でも、いい時代でした。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。