ブログトップ | ログイン

岩佐徹のOFF-MIKE

toruiwa.exblog.jp

実況、ドラマなど放送全般、映画、スポーツ全般、 旅、食、友 etc

田中&岩隈 勝つ!~黒田&松坂は勝ち負けなし~14/06/06

d0164636_6304817.jpg
田中:苦労して9勝目

06/06のツイート

5月の最優秀投手, #田中将大 が先発する。
チームは4連敗中、最近8試合を2勝6敗だ。
相手打者が「消える」と恐れるスプリッターが
健在なら連敗ストッパーになれるはずだが。
四球を与えない田中に対しA'sの258四球は
MLB1位だ。
d0164636_6294843.jpg

6回 104球(71ストライク) 5安打(1HR) 1四球・4三振 1点 勝ち(9勝1敗) 

d0164636_6302371.jpg

baseball's most disciplined team at the plateと言われます。
=打席での訓練が最も行き届いたチーム…、この場合は“簡単に打ちにいかない”、
“ボールに手を出さない”という意味でしょうが、A’sはそういうチームの代表格です。
今日の田中に対しても2ストライク後のファウルが14本もありました。完封したメッツ戦は
わずか3本だったことを思えば、田中の心中は察するにあまりあります。なんて日だっ!!
ハハハ。

ボール球を振らせる、空振りさせる率が高い田中が“トコトン”苦しめられました。
苦労したのは田中の調子がどうこうではなく、A’sのチームとしての戦い方が理由です。
24人の打者と対戦しましたが、そのうち9人には6球以上を要しました。過去最多です。
1失点は2番・ジェイソのホームランによるものですが、初球だったのは“皮肉”です。

中盤の4回、5回は26球ずつかかりました。
それでも、6回を終わって104球でしたから、途中交代を織り込んで7回のマウンドには
上がると思いましたが、ジラルディはこの回で田中を代えました。球数より精神的疲労を
考慮したかもしれません。ハハハ。

MLBで先発した12試合すべてがQSです。
防御率はさらに改善されて2.02になりました。


黒田:明るい兆し?

06/04のツイート

黒田が先発する。このところ納得する投球が
できていないが、前回は援護点にも恵まれて
勝ち星を得た。
球団のサイトにこう語ったそうだ。
「選手として1年間ケガをせずコンディションを
整えて打者に立ち向かう責任がある」。
…ダルビッシュは耳が痛いかもしれない。
d0164636_6284587.jpg
6回2/3 93球(55ストライク) 2安打(1HR) 1四球・2三振 1点 勝ち負けなし

d0164636_629223.jpg
1点に抑えて7回も2死でランナーなし、投球数もまだ82球でしたから投げ切りたかった
でしょうが、迎えるバッターが前の打席でセンター後方に打ち込まれた4番で左打ちの
モスでしたから、交代はやむを得なかったと思います。
このとき、2-1とリードしていましたから勝ち投手の権利はあったのですが、リリーフ陣が
持ちこたえられず、3連勝はなりませんでした。

間違いなく、今シーズン一番の出来でした。
モスのホームランも2-2からの5球目をストライクと言ってくれていたら…と思います。
この日の主審は低めをよくとっていて、現地アナは“pitcher's umpire”と言っていたのに
この1球だけやけに厳しかった…と、ついつい愚痴りたくなります。ハハハ。

4回まで無失点だったのは今シーズン初めてです。相手投手がカズミアだけに神経を使った
投球になったと思いますが、6回2/3を1失点なら文句はありません。
高めに抜けるボールが多くなかったし、復調の兆しははっきりと見えていました。
あまり言われませんが、実は、黒田は1ヶ月以上負けていないのです。
5月1日にマリナーズに敗れて以来、6試合に先発して2勝0敗、防御率も3.44です。
流れはよくなっています。この試合でさらに上昇するきっかけをつかんだと思いたいです。


岩隈:7回を完封!
7回 96球(71ストライク) 6安打 無四球・7三振 0点 勝ち(4勝2敗)

d0164636_6275119.jpg
堂々たるピッチングでした。
このところ2試合続けてホームランにやられていましたが、打たれていたのは失投です。
持ち味である制球さえ乱れなければ大丈夫だと思っていましたが、この試合では、失投が
ほとんどありませんでした。どのボールもきれいな軌道を描いてキャッチャーのミットに
飛び込んでいきました。これなら打てないでしょう。

今年は一度も100球を超えたことがありません。その中で7回以上投げたのが7試合中、
5試合もあります。あっぱれなエースと言っていいでしょう。マリナーズ・ファンには
叱られそうですが、できれば、優勝を争えるチームで投げてほしいですね。

彼が先発ローテーションに入ったのは2012年7月2日でした。
それ以後、昨日までのMLBの主な先発投手の防御率をランク付けするとこうなります。
d0164636_6335982.jpg
                       (data:ESPN)

岩隈がそうそうたる顔ぶれを従えてトップの数字が残っています。日本のスポーツ紙は
田中やダルビッシュのことはこまかいことまで書きたてますが、こういう話は伝えません。
一昨年、去年、黒田が絶好調だったときもそうでした。情けない。


松坂:ストライクが入らない!

06/05のツイート

“MLB日本人選手への期待”で松坂大輔について
こう書いた。
<開幕から飛ばすことが求められるだろう。
そのためにはまずはローテーションに入ること、
入れたら、その位置を確保することが前提になる。
星勘定はそのあとだ>と。
チャンスを得た。ものにしたいね。
d0164636_627145.jpg
4回1/3 88球(47ストライク) 4安打 5四球・2三振 4点 勝ち負けなし
d0164636_6271857.jpg

スポット・スターターとして今シーズン初めて先発した試合から10日ぶりの先発、しかも、
その間に2度、中継ぎ登板しているのですから、やりにくかったでしょう。
しかし、それにしてもコントロールが定まりませんでしたね。
47-41というストライクとボールのレイシオが悪すぎます。20人の打者と対戦しましたが、
半分の10人に3ボールになっていました。最後の1球はストライクだったと思いますが、
それは大したことではありません。ストライクが入らないのでは話になりません。

ふざけて言うのではなく、前回、レイシオが67-31だったとき、わが目を疑いました。
松坂って、こんなにコントロールが良かったっけ?
…結局、コントロールが良かったのではなく、単にストライクが多かっただけ…なんです。

もともと、フォームが美しい投手ではありませんが、少なくとも西武時代は、あんなに
“そっくり返って”投げてはいませんでした。あれでは、ボールの行方を制御するのは
とても難しいでしょう。
ただし、シーズン中ですから、フォームの修正などしている暇はありません。
監督がコリンズですから、あと1,2試合はチャンスはもらえると思います。そこで結果を
出さないと“まずい”ことになりますね。こんなピッチャーじゃないはずなのに。


ドン・ジマー 逝く

MLBで最も愛された男の一人、“ポパイ”こと、
ドン・ジマーが亡くなりました。83歳でした。
どっぷりと野球につかった人生でした。
DugoutLegendsさんが、ツイートしています。

What you lack in talent can be made up with desire,
hustle and giving 110 percent all the time. -Don Zimmer

…能力が足りなくても、意欲を持ち、ハッスルして、
いつも110%がんばったら、補えるものさ。—ドン・ジマー

ご冥福を祈ります。
d0164636_6255592.jpg

by toruiwa2010 | 2014-06-06 06:35 | メジャー&野球全般 | Comments(4)
Commented by 赤ぽん at 2014-06-06 08:53 x
岩佐さん、おはようございます。

田中は随分と粘られてましたね。簡単に打ってくれないと球数は
増え、厳しい。

岩隈の防御率、同意です。もっと大きく取り上げられていい数字ですね。

そしてなんといってもドン・ジマー・・・マルティネスに突っかかっていった姿と、
打球が当たって?!へんな(失礼)ヘルメットをかぶってベンチ入りしていた
姿を思い出します。

最後に書かれている言葉・・・いい言葉ですね!胸にグッときます・・・
Commented by らん at 2014-06-06 09:26 x
A’sのバッターの嫌らしさはMLB1ですね~(褒めています)

そこに耐えた黒田投手、田中投手は素晴らしいです

岩隈投手の報道量の少なさは謎ですが、試合を見ている人は彼がいかに凄いか分かっているので…!
Commented by toruiwa2010 at 2014-06-06 09:45
赤ぽんサン、おはようございます。

田中は次にA’sとやるときは
違う組み立てを考えると思います。
それが楽しみです。
Commented by toruiwa2010 at 2014-06-06 09:46
らんサン、おはようございます。

メディアが書かないと、岩隈の試合を見る人が
増えないと思うので…。ハハハ。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。