ブログトップ | ログイン

岩佐徹のOFF-MIKE

toruiwa.exblog.jp

実況、ドラマなど放送全般、映画、スポーツ全般、 旅、食、友 etc

大天才・松本人志に笑う~面白いけどなあ「ワイドナショー」~06/10

d0164636_745369.jpg
この4月に深夜枠から日曜日朝10時に“引っ越した”フジテレビ「ワイドナショー」の
視聴率が低迷していると言います。前番組だった「笑っていいとも!増刊号」に及ばず、
同じ時間帯のTBS「サンデージャポン」にも負けているとか。
時事ネタを扱うのに生じゃないのが致命的だし、メインのコメンテーター、松本人志の
キャラクターを考えたら、彼自身が言う通り、深夜のままの方が良かったのでしょう。
「2DKから1Kに移ったような感じ。駅からも遠くなったような…」と。うまいなあ。
ハハハ。

“母親の墓に誓って”、決して母局だからではなく「サンジャポ」よりこちらのテーストが
私は好きです。両番組を代表するテリー伊藤と松本人志に対する好感度の差です。
もともと作り手だったテリーが“演者”として画面に出始めてころは、相手がだれであれ
意見がぶれないところが好きでしたが、今は、あまりにも番組の方向を主導したがるのが
鼻についてすっかり嫌いになりました。“番組の要請”にこたえようとする姿勢も露骨で
好きじゃありません。きりっ。ハハハ。
d0164636_752494.jpg
そこへ行くと、松ちゃんはどこまでも“自由”です。しかし、たけしや爆問・太田ほど
“枠”を踏み外すことはありません。意外に常識人です。
好き・嫌いが分かれる個性の持ち主ですから、特に女性の中に“大っ嫌い”という人が
多いのは仕方がないと思います。同時に、あのおかしさが嫌いとは気の毒に、とも。

タモリ、たけし、さんま、所…彼より上の世代に人気も実力もある大物が揃っていますが、
“瞬発力”で松本にかなうものはいません。ゲストのどんな些細な言葉も動きも見逃さず、
笑いの“えじき”にしてしまう“当意即妙”の腕にはいつも感心します。

おとといの番組ではこんなシーンがありました。

中国の横暴を取り上げたコーナーで、準レギュラーの東国原英夫を初めとする出席者が
口をそろえて中国を攻撃し、ゲストの元外交官・宮家邦彦が「(アメリカもいますから)
日本に手を出すとやけどしますよ…というところは見せないと」と話しました。
そこで、“専門家”としてレギュラー出演している弁護士の犬塚浩が口をはさみました。
「若干、弁護すると、遣唐使などが行って、経典を書き写してきたりしたときも(中国は)
著作権法違反だとか言わなかったし、漢字もアチラから来たもの」だと。

役人(外務省)出身の宮家は黙っていません。かぶせるように反論しました。
「お言葉を返すようですが、お経はもともとインドのものじゃないですか」。
「ええ、ま、まあ、そうなんですけど…」と腰砕け気味の犬塚を見て「負けましたね」と
司会の東野が判定を下しながら松本に視線を送ると、クリーンなシュートが決まりました。
「いま、完全にキャインキャインって言いましたよね」。
d0164636_754947.jpg
文字に起こすとおかしさが伝わらないのは残念ですが、見事な呼吸と絶妙な間合いに
腹を抱えて笑ってしまいました。きっと彼らはいいパスを出した本田やきれいにゴールを
決めた香川の気持ちが理解できるのでしょうね。
結婚し、子供もできて、いい丸みが出てきました。もっと評価されていいと思います。
とにかく、だれが何と言おうが、松本は天才です。間違いありませんっ!ハハハ。

ああ、そうそう。セットがおかしいよね。直さんなあ。ハハハ。
by toruiwa2010 | 2014-06-10 07:08 | 放送全般 | Comments(4)
Commented by at 2014-06-10 08:35 x
おはようございます。
いつも読ませていただいています。
まっちゃん、大好きです!とても繊細な人だと思います。
まっちゃんに好意的な岩佐さんの文章を読むのも大好きです。
Commented by toruiwa2010 at 2014-06-10 08:43
青サン、おはようございます。

こういうコメントを読むと、今後、
松ちゃんに批判的なことは
書きにくくなりますね。ハハハ。
Commented by megaptera at 2014-06-10 21:09 x
近畿ではいまだに深夜枠なんですよ。
1日半遅れ?くらいでワイドショーを観る感じです(^^ゞ
Commented by toruiwa2010 at 2014-06-10 22:01
megapteraさん、こんばんは。

1日半おくれ・・・ものによってはかなりつらいですね。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。