ブログトップ | ログイン

岩佐徹のOFF-MIKE

toruiwa.exblog.jp

実況、ドラマなど放送全般、映画、スポーツ全般、 旅、食、友 etc

K Natsumeという署名~富士屋ホテル 99年前の宿帳~06/11

d0164636_8272295.jpg
吾輩 名前はまだあった
箱根・富士屋ホテル 99年前の宿帳
漱石ファン 署名発見


数日前、朝日夕刊を開くと一面トップにあったそんな見出しが目に飛び込んできました。
文豪・夏目漱石の足跡を追っていたファンが、あるとき、箱根・富士屋ホテルに泊まり、
「朝 富士屋を出て湯本へ行く途中」という一節がある漱石の日記をスタッフに見せて、
保管されていた資料を調べてもらったところ、“K Natsume”と、アルファベットの署名が
見つかったのです。Kは漱石の本名、金之助のイニシャルだそうです。日記に書かれた
日付と宿帳に記された出発日も一致しました。

はじめは、漱石本人のものかどうか分からなかったのですが、その後、イギリス留学中に
残していた英語の署名を載せた新聞が見つかり確認できたそうです。
「たかがサインひとつじゃないか?」と、興味のない人にはどうでもいい話でしょうが、
“本人のものに間違いない”との結論が出るまでの経緯と、関わった人たちのその時々の
喜びや落胆を想像するだけで私などは胸がわくわくします。
d0164636_82858100.jpg
富士屋ホテルは箱根の名門ホテルです。実は、1963年11月に結婚したとき新婚旅行で
泊まった“思い出の”ホテルなんです。ハハハ。
旅行代理店には、ボウリング番組の収録で何度も泊まっていた小涌園ホテルを手配して
もらうように頼んでいたのですが、直前になって手違いで予約ができていませんでした。
「それで、こちらで富士屋ホテルを手配させていただきました。もちろん料金はこちらで
アレいたしますので、なんとか…」と頭を下げられました。ランクは富士屋の方がずっと
上ですから“アレ”してもらうことも含めて了承したのです。“しぶしぶ”をよそおって。
ハハハ。

10年ほど前、久しぶりで宿泊しましたが、当時の面影をほぼそのまま残していました。
チェックインのときに「新婚旅行でお世話になったんですよ」とフロントマンに話すと
「何年でしょうか?」と聞かれ、1963年だと答えて部屋に入りました。
30分ほどたったころ、フロントから電話がありました。
「そのときのお写真が見つかりました。ごらんになりますか?」。

妻と二人で降りていくと、昔の“宿帳”が保存されていて、当時、近くの写真館から
カメラマンがきて撮ってくれた写真と私が記入した文字がそこにありました。
館内にアメリカの俳優、チャーリー・チャップリンや全盲の教育家、ヘレン・ケラーなど、
宿泊した著名人の写真が飾ってあるのを見た記憶はありますが、漱石の写真はなかったと
思います。
d0164636_8291854.jpg
どちらにしても、さすがは名門…古いものをきちんと保管していることに感動します。
今でも、紅葉を見に箱根に行くと立ち寄ってお茶を飲むことがあります。ティールームで
同じ名前のウエイトレスさんに挨拶されたこともあります。混んでいて、席が空くのを
ロビーで待つことにしたとき名前を告げたのですが、そのときは違うウエイトレスさん
だったのに、伝わっていたのです。

建物の裏にある小さな庭から眺める箱根の山が好きです。

夏目漱石…若い頃に読みましたが、今、ひそかに“ブーム”らしいですね。朝日新聞が
連載しているのは知りませんでしたが、それをきっかけに再び読まれているそうです。
「読んで、古いとは感じない」という若者もいるようですが、古典の良さはそれですね。
私は、相変わらず英語でミステリーや刑事ものを読んでいます。ちょうど、ジェフリー・
アーチャーの三部作の第1部を読み終えたところです。よく確認しないまま、第二部を
先に読むというヘマをやらかしました。ハハハ。
d0164636_8293471.jpg

by toruiwa2010 | 2014-06-11 08:30 | 旅に出る食べに行く | Comments(6)
Commented by マオパパ at 2014-06-11 11:15 x
岩佐さん、おはようございます。コメントを書き込もうと思ったら、本日2本目のアップで驚きました。以前もコメントしましたが、私もジェフリーアーチャーやケンフォレットが好きで、彼らの大河小説?を楽しみにしているのですが、さすがに英語版は読む気になりません。いつも岩佐さんはすごいなあと関心しております。
ところで、岩佐さんのツイッターでボブウエルチが亡くなった事を知りました。あのワールドシリーズでの活躍は印象に残っています。アスレチックスでの活躍も見事でした。アルコール依存症などもあったと記憶していますが、すばらしい投手でしたね。1991年にトロントヒルトンで見かけたときに話しかければ良かったと思いました。合掌。
Commented by toruiwa2010 at 2014-06-11 11:28
マオパパさん、こんにちは。
スポーツ選手と思えないようないい男でした。
深く澄んだ碧い眼が記憶に残っています。
この年のリーグ優勝は彼のおかげ・・・という
部分がありました。私にはドジャース以外の彼の
ユニフォーム姿は印象がありません。
Commented by 赤ぽん at 2014-06-11 19:25 x
岩佐さん、こんばんは。

夏目漱石・・・中学校の同級生の影響で何故かハマった作家です。
今でもたまに読み返すほどですw

そして富士屋ホテル・・・妻と結婚してすぐの旅行で一泊、
私の母が亡くなる前の最後の旅行で宿泊、そして数年前に懐古的に一泊・・・
そんな私にも思い出のホテルが岩佐さんの“新婚旅行”の宿とは!w

奈良ホテル、日光金谷ホテル、京都の柊屋炭屋など、一時期そういった
高級ホテルや宿に泊まるのを楽しみにした時期が恥ずかしながらありました。

それぞれに私にも思い出がありますが、古き写真を大切に保管している
というような、次にいつ来るか?(来ないか)分からない顧客の為の
これぞ「究極のサービス」ではないでしょうか(違うかな?!)
さすが名門ホテルですね!
Commented by toruiwa2010 at 2014-06-11 20:32
赤ぽんサン、こんばんは。

富士屋ホテル・・・数十年ぶりに泊まったときには
冷房が効いていない感じで、そういう点は
今風のホテルの方がいいなと思ったりして。
ハハハ。
Commented by ひがしたに at 2015-08-26 22:04 x
今週末、富士屋ホテルの夏目漱石ルームに宿泊に参ります♪
箱根でいっちばん好きなホテルです。毎回宿泊の度に部屋を選ぶのが楽しいホテルです♪
Commented by toruiwa2010 at 2015-08-26 22:16
ひがしたにサン、こんばんは。

2009年に箱根に行ったとき立ち寄ってさて、
らんちにカレーを食べました。そのときのことを
ブログにこう書いています。

“老舗”・“有名”・“国際”ホテルらしい、
ていねいなサービスを受けました。
新婚旅行で世話になったホテルで愛着もあり、
本当は満足度100点と言いたいところですが、
90点にしておきます。
雰囲気はよかった。味もよかった。
減点は、カレーが少しぬるかったことと
セットされた食器の中にスプーンが
なかったことによるものです。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。