ブログトップ | ログイン

岩佐徹のOFF-MIKE

toruiwa.exblog.jp

実況、ドラマなど放送全般、映画、スポーツ全般、 旅、食、友 etc

3日目:CIV 3-1 JPN ~予定稿を撲滅せよ:NHKの実況~06/16

d0164636_10361240.jpg
06/15のツイート

ワールド・カップ 3日目。コロンビアがギリシャに勝った。
いま、イタリアvsイングランドがハーフタイムに入った。
10時から日本が登場する。列島に”にわか”が増えている
ことだろう。

d0164636_8301024.jpg
NHKの番組表を見てビックリしました。
午前3時半から午後0時3分まで8時間半、ニュースを除いてサッカー一色でした。
こんなこと初めてでしょう。NHKも変わりましたねえ。
イングランドにもイタリアにも思い入れがあるので、この両国の試合も楽しみました。
終わってすぐ風呂に入りました。はい、朝風呂です。いい気持ちですよ。お試しください。
ハハハ。

力が入るNHKは東京のスタジオ、現地のスタジオ、そして放送席…過去・現在のスターを
揃えていました。それなりに金もかかるでしょうに。ハハハ。
現地の中田英寿がアナの問いに「日本の良さを出せれば、確実に勝てます」と言ったとき、
ええっ?と思いました。カクジツニ…聞き間違えたかと耳を疑いました。立場的に無理に
盛り上げる発言を求められていない彼がそんな風に言うってことは、日本はいつの間にか、
それほど強くなっていたんだと感慨深かったです。ハハハ。
d0164636_8265247.jpg
“名うて”のいじわる爺さんですから、NHKの実況担当が内山アナだと知ってときから
楽しみにしていることがありました。どんな言葉を用意しているか…です。
大会直前のコスタリカ戦でも入場のシーンに合わせてこうしゃべっていました。
「夢を背負って、そして大志を抱いた日本代表の選手たち…」と。

2006年ワールド・カップ:ドイツ大会、日本vsクロアチアのときにも…

日本サッカーが問われる瞬間がやってきました。
90分間の集中力だけではありません。
これまで費やしてきた日々を思い起こすことです。
決してくじけないことです。くじけたとき、日本サッカーの
ドイツでの挑戦は終わりを告げます。
ワールド・カップ・ドイツ大会、グループ・リーグ日本対
クロアチア。両チームともに決勝トーナメント進出をかけて、
生き残りをかけた一戦となりました。


…“予定稿”と言います。この数十年、ビッグ・イベントのたびにNHKのアナウンサーは
実況開始の言葉を事前に作るようになりました。今では、民放のアナウンサーにもひろく
蔓延しています。麻薬と同じで一度手を染めるとやめられなくなるようです。

私は“予定稿撲滅派”ですから、しつこくあげつらいます。
すでにかなり“くどく”なっていますから、昨日の放送から、あらかじめ用意していたと
思われるフレーズを採録しておきます。

・東京スタジオのトークが終わり、オープニングが明けて、開口一番。

すべてはこの日のためにありました。
南アフリカからブラジルへ、
日本サッカーの新たな挑戦が始まります。

・入場が始まろうとしています。
d0164636_8192224.jpg
いよいよそのときがやってきました。
サッカー王国・ブラジルを舞台に日本サッカーの力を
世界に示すときです。


・キックオフが迫りました。

期待を背負って、そして自らの大きな志を持って…
日本のブラジルでの挑戦が始まります。


“陳腐&チープ”だと思います。コスタリカ戦のときのフレーズは“夢を背負って”が
“期待を背負って”に、“大志を抱いた”が“大きな志を持って”に変わりました。

たとえば、スタンド下でスタンバイする選手の映像には…

キャプテン・長谷部が緊張した表情です。
川島も引き締まった顔をしています。
後方に内田、岡崎、本田の姿が見えます…でいいじゃないですか。
それが実況でしょう?

百歩譲って、どうしてもやりたいならやればいい…と思います。しかし、ベテランの
アナだったら、もう少し語彙を増やしてほしいものです。
今日はここまで。ハハハ。


試合の話をしましょう。

日本の先制点…本田が長友からのパスを受けたとき、本人が思った以上にボールが遠くに
落ちたようにも見えますが、チェックに来た相手DFは一瞬ではぐらかされていました。
鮮やかなトラップだったと思います。そこからのシュートはさらに見事でした。GKと
ポストの距離が狭いサイドを鋭く破りました。不調と言われ続けた本田が意地を見せた
一瞬だったでしょうか。
おなじ“一瞬”でしたが、つい先日、「本田圭佑主体の日本代表は限界である」と書いた
杉山茂樹の顔が浮かびました。ハハハ。
d0164636_8272994.jpg
1-0のまま前半が終わりました。
90点の出来ではないかと思いました。マイナス10点は30分あたりからかなり攻められ
続けたこととDFの要、吉田がイエローカードをもらったことです。特に、吉田のカードは
この試合だけでなくグループ・リーグ戦全体に影響するのではないかと気になりました。
カードをもらった二人のセンターが思い切ってプレーできなくなるのはまずいですよね。
コートジボワールの2ゴールは関係ないと思いますが、

右サイドからのクロスにヘディングを合わせる…というシンプルな形で逆転されたのは
つくづく残念です

後半17分:エース、ドログバ IN
  19分:同点ゴール
   21分:逆転ゴール


コートジボワールの逆転劇は敵ながらあざやかでした。
図抜けた存在であるドログバがピッチに入ったところから“空気”が変わりました。
2分で同点、さらに2分で逆転…彼の投入からわずか4分しかかかっていません。
レベルがひとつ違うようです。“ワールド・クラス”ということですね。

監督・選手だけでなく応援したサポーターにもダメージが大きい負けになりました。
そして、前途は厳しくなりました。しかし、スペインもイングランドもウルグアイも
初戦で負けました。残された2試合に勝たなければ決勝Tには進めないでしょう。
次は、20日(金)午前7時キックオフのギリシャ戦…頑張るしかありません。
by toruiwa2010 | 2014-06-16 08:30 | サッカー | Comments(6)
Commented by もくでら at 2014-06-16 10:22 x
おひさしぶりです。
岩佐さんの日本の試合の感想が楽しみでした。
わたしも、負けたのは残念でしたが、
ワールドカップは、どのチームも強い!!!
勝つことの方が難しいですね。
Commented by toruiwa2010 at 2014-06-16 10:38
もくでらサン、こんにちは。

ここだけの話ですが、私の予想は
1分け2敗・・・です。袋だたきにあいそうなので
黙ってますが。ハハハ。
Commented by デルボンバー at 2014-06-16 12:48 x
イタリアーイングランド戦の早野さんテンション高くて、だじゃれ連発してましたね。NHKがメインになってから、大人しめだなぁ、と思っていたのですがね。曽根アナもリアクション困ってましたね。ま、WOWOW時代に比べればかなり控えめですが.....。やはりあのノリについて行けるのは岩佐さんしかいないですよ!(笑)
Commented by toruiwa2010 at 2014-06-16 12:53
デルボンバーさん、こんにちは。

早野さんのダジャレに対して、NHKアナは
基本的にスルーすることが多いのですが、
じゃあ、何のために彼を起用するの?と聞きたいですね。

我々は、耳をかっぽじって、聞き漏らすまいと緊張しながら
放送したものですが。ハハハ。
Commented by でぽるこるな at 2014-06-16 15:57 x
岩佐さん、こんにちは。

コートジボワールのほうが一枚も二枚も上手でしたね。
厳しくなりましたが、あと2戦悔いなく戦って欲しいです。

ちなみにNHKの担当は、ギリシャ戦がレシフェの現地スタジオ担当だった松野アナ、コロンビア戦は小島伸幸さんとコンビを組んでいる杉澤アナです。内山アナよりは大分マシ感じになりそうです(笑)
ただもし日本が2位で通過できたら、決勝Tの初戦は昨日の実況と同じトリオなんですよね。(ちなみに決勝戦もそうです)
どうしましょう・・・・
Commented by toruiwa2010 at 2014-06-16 16:44
でぽるこるなサン、こんにちは。

NHKでは曽根アナと鳥海アナ以外に
期待できそうになく。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。