ブログトップ | ログイン

岩佐徹のOFF-MIKE

toruiwa.exblog.jp

実況、ドラマなど放送全般、映画、スポーツ全般、 旅、食、友 etc

日本、グループ・リーグ敗退~✕✕△は予想通りだけどね~06/25

d0164636_859791.jpg
COL 4-1 JPN

これが現実だよね。
本来ならコンフェデ杯のときにこの結果は
予想できたはずだけど、日本全体がそれを
無視してきたんだ。
メディアの責任は重いと思うぜ。


1次リーグでの敗退が決まりました。
私は“熱狂的”なサポーターではないのでグループ分けが発表されたときに1分け2敗を
予想しました。うそじゃありません。リハビリのセラピストに聞いてもらえば分かります。
ハハ…。いや、それはまずいか。

コロンビアは先発メンバーを8人代えてこの試合に臨みました。予想されたことです。
個々の力はレギュラーにくらべて落ちるでしょうが、この機会にいいところを見せようと
張り切る気持ち、モチベーションは高いはずだと思いました。
序盤、日本はかなり攻めて、チャンスもあり、シュート数も多かったのですが、どんなに
いい動きをしていても、どれほど押していてもサッカーに”判定勝ち”はないわけで・・・。
ネットを揺らした者勝ちのこの競技で、しかも、勝つことが決勝T進出の絶対条件だった
日本にとっては、“優勢”がゴールに結びつかないうちにPKで先制を許し、本当に苦しい
立ち上がりになりました。
前半のアディショナル・タイムに岡崎のヘッドで同点にしてハーフタイムには入れたので
後半に希望はありましたが。
d0164636_965573.jpg
しかし、後半からエース、ハメス・ロドリゲスが入ったコロンビアは、それでもベスト・
メンバーではないにもかかわらず、凄みが出ましたね。
先に2点目をとられたところで、日本選手の気持ちが切れた…とは思いたくありません。
しかし、すべての選手の気持ちのどこにも、「ああ、ダメだ」という“あきらめ”の部分が
なかったとは言い切れない気がします。人間だから、責めることはできませんけどね。

コンフェデレーションズカップで世界との差は嫌というほど思い知らされました。
日本人はそういうところを認めません。サポーターは仕方がないとしても、選手は謙虚に
なるべきだったし、メディアはしっかりそこのところを伝えなければいけなかったのに
そうではなかったと思います。だからこそ、同じ組に入った相手を見ればリーグ戦突破が
かなり難しいはずなのに、いつの間にか決勝トーナメント進出が“当たり前”のような
空気を作り出していました。“にわか”ファンはもちろん、日ごろからサッカーを見ている
サポーターたちまで、乗せられてしまいました。開幕するときには、もう後戻りできない
ムードになっていました。

繰り返される本田の「優勝できると思っている」発言が拍車をかけたでしょうか。
彼を責めるつもりもありません。ブレーキをかけながら伝えるべきメディアが無節操に
「本田がこう言っている」とばかりに煽ったし。
オブラートなしに劇薬をのんでしまった日本人は決勝T進出を信じて開幕を迎えたのです。

コートジボワールとの初戦は先制しながら、相手のエースがピッチに入った直後、わずか
2分で逆転されました。内田が何度も言っていたように、ショックは大きかったと思います。
ギリシャ戦は、相手が10人になっても…いや、だから、かな、ゴールを割れませんでした。
そして、わずかな望みをかけた今日のコロンビア…今更ですが、世界ランクの一けた台は
やっぱり強いということでしょうか。

決してそれだけではないでしょうが、本田と香川が二人揃ってこの大会に調子のピークを
持ってこられなかったのは響きましたね。日本の核ですから。
今日から、敗因=戦犯探しが始まるでしょう。ザッケローニ監督が真っ先に“やり玉”に
挙げられるのは間違いありません。批判されても仕方がないところもあったでしょう。
しかし、私は感謝したいと思います。この4年間、結構、楽しい思いもさせてもらったし。
少なくとも、まず「お疲れさまでした」と言いたいです。
d0164636_8594143.jpg
コンフェデレーションズカップのとき、“監督が変わるか監督を変えるか。選手が変わるか
選手を変えるか”と、ザッケローニの限界が近いことを伝えていた金子達仁、「本田圭佑が
主体の日本代表は限界だ」と書いた杉山茂樹が今頃“舌なめずり”をしているかと思うと、
いまいましくて腹が立ちます。ハハハ。

普通に考えたらある程度予想された結果とはいえ、これだけはっきりと負けたのですから
検証も反省も必要でしょう。しかし、個人を責めることはやめてほしいなあ。
なによりまず、これが今の日本の力だと認め、謙虚になるところから始めないと。…ね。

いつものことですが、私はこれから“世界レベル”のサッカーを
楽しむことにします。ハハハ。

おまけ:
d0164636_858121.jpg

by toruiwa2010 | 2014-06-25 09:08 | テニス | Comments(13)
Commented by 梶田哲二 at 2014-06-25 11:39 x
カテゴリがテニスですけど、よろしいんでしょうか?いつもきちんと分けてらっしゃるのでちょっと気になりました。お気を悪くされたら申し訳ないです。


昔は、W杯なんか出るのは無理と言われていた日本が今は勝つ事を求められる。贅沢になりました!(笑)
Commented by でぽるこるな at 2014-06-25 12:45 x
岩佐さん、こんにちは。

奇跡が起きたのは、日本でなくてギリシャでしたね。
初戦が全てだということを改めて思い知らされました。
強化体制を抜本的に見直す時期にきている気がします。

昨日お伝えできなかったことを・・・・
NHKの野地アナがさいたま局から復帰して、
早速BS放送分のドイツ‐ガーナ戦の実況を担当してました。
これが意味するところは・・・・

Commented by toruiwa2010 at 2014-06-25 17:02
梶田哲二サン、kpん番は。

寝不足による単純ミスです。
サッカーの下がテニスなので…

ここから先、ステップを上がって
常時、ベスト16、ベスト8に勝ち進むには
20年、30年かかるんじゃないでしょうか。
私がそのときを見ることはないでしょう。
Commented by toruiwa2010 at 2014-06-25 17:05
でぽるこるなサン、こんばんは。

2分で逆転された…と言ってもそれこそ、
世界との差ですよね。

そこを認識しないといつまでたっても
差は埋まらないでしょう。
Commented by ルブラン at 2014-06-25 18:37 x
岩佐さん お疲れ様です
朝から考えていたのですが日本はあの戦争から何も学んでないのか
負けても当事者(当時の政府軍隊と今の協会)は自分達では総括せず官僚的に責任の押し付けあい
メディアも冷静に客観的に見ればわかっていたのに新聞が売れる視聴率が取れるから煽りに煽る
国民だってわかっているのにムードに押し流さてそのまま乗ってしまい惨敗すると言ったらそれこそ非国民扱いする
でいざ負けたらただ慰め合うだけ
岩佐さんからすれば次元が違うと怒るかもしれません
ただ戦後産まれの人間にとっては戦争中の空気はこういう雰囲気だったんだと感じました
Commented by toruiwa2010 at 2014-06-25 19:13
ルブランサン、こんばんは。

私も、終戦の年に小学校に上がったので
詳しいことは分かりませんが、確かに、似た部分は
あるのかもしれません。ただ、戦争中とサッカーを
同列で扱うのはやはり抵抗がありますね。ハハハ。
Commented by ツーセント at 2014-06-26 01:07 x
日本、岩佐しんのおっしゃるとおり。ですね。
ま、次回は成長あることを祈る。
ところで、オランダチームのまるで巨神兵ばりなでかさと軍隊のような攻め方といい。
これは、ブラジルも優勝までは、ただならぬ壁がありそうで、ワクワクしています。

日本人は四年後には巨人になるのは無理ですからね。
Commented by toruiwa2010 at 2014-06-26 06:27
ツーセントサン、おはようございます。

日本人は四年後には巨人になるのは無理・・・

東京オリンピックで神永の前に仁王立ちになった
アントン・ヘーシンクを思い出します。
Commented by デルボンバー at 2014-06-26 12:35 x
いやいや岩佐さん、かつての韓国のようにレフリングの助けを借りつつ(?)南アフリカのときのようにたくさんのラッキーが重なれば......ベスト8くらいはあるかもしれないですよ。ま、これは他のアジアや中米のチームにも当てはまるでしょうけど。
Commented by ヤップンヤン at 2014-06-26 15:27 x
最近、世界の大舞台でも萎縮せずのびのびと活躍する日本人が増えましたが、今回の日本代表は、大舞台で緊張して自分実力すら出せないまま終わるという、ある種”日本人の典型”だった印象を持ちました。
上記で岩佐さんの20~30年後に常時ベスト16、8に入ると書かれていましたが同感です。そのころに今のメキシコの立ち位置にいると思います・・・といいますか、そう信じたいです。
Commented by toruiwa2010 at 2014-06-26 16:05
ヤップンヤンさん、こんにちは。

20~30年後に常時ベスト16、8に入る・・・とは
書いていません。それぐらいかかるでしょう…と。
ニュアンスの違いを感じ取ってください。ハハハ。

それはともかく、今日になって、選手たちが
一夜明けの会見で涙する光景に言葉を
失います。これこそ、日本人らしいメンタリティですね。
悪いとか、恥ずかしいとか言う気はありません。
外国人選手はどうなんですかね。
Commented by ヤップンヤン at 2014-06-26 17:51 x
同じ島国のイギリスの場合、ルーニーの会見を見ましたが申し訳そうにしていましたが、泣いてはいませんでした。私も日本人のメンタリティが悪いとは思いません。むしろ美しいと思うくらいです。
ただ、スポーツの世界、もう少し話を広げてビジネスを含めたグローバルという名が付く舞台においては、農耕民族的な性格が狩猟民族を破るのは相当大変だと思います。
Commented by toruiwa2010 at 2014-06-26 18:43
ヤップンヤンさん、彼らは木や示唆に涙していたわけですから
あれも悪くないと思います。
でも、できれば、「負けました。つぎ、頑張ります」だけで
済ませられたら、こちらもスッキリしますね。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。