ブログトップ | ログイン

岩佐徹のOFF-MIKE

toruiwa.exblog.jp

実況、ドラマなど放送全般、映画、スポーツ全般、 旅、食、友 etc

田中、辛くも勝つ~ダルビッシュ、打たれる~14/07/05

d0164636_12333681.jpg
17連続QSは逃がすも…

07/04のツイート

田中将大 が“あの一球”以来の登板:
チームは5連敗中だ。
デビュー戦のウィーラーが先発でサードを守る打線に
援護は期待できるのか?初の2連敗とは言え17回で
5失点…調子が悪いわけではない。
17連続QSより、球宴までの3試合勝っておきたい。
d0164636_12324754.jpg
7回 85球(58ストライク) 9安打 無四球・3三振 4点 勝ち(12勝3敗)

d0164636_123341.jpg
148キロと149キロが3,4球ずつあっただけで速い球が少なかった。
スプリッターを前に打たれていた。ファウルや空振りではなく。三振は3個だけだった。
三者凡退は一度だけだった。
5試合連続でトータル6本打たれていたホームランはなかったが、MLBで自己最多となる
9安打されて、これも自己最多の自責点4を記録した。

…それだけで調子が悪かったとは言えませんが、見るからにシャキッとしなかったのは
事実です。しかし、チームの連敗をとめた上に12勝目を手にしたのですから十分です。
勝負のアヤ…と言えばいいでしょうか、結果的に7回表に3点を追加してくれたことで
“勝ち”が濃厚になったのですが、あれがなければ、ジラルディが6回で田中を代えた
可能性があります。そうすれば、17試合連続QSが達成できていました。ええ、いささか
こじつけだと承知してますが。ハハハ。

あとは、9日と14日(日本時間)に先発して球宴を迎えることになります。選出されても
投げられません。本当はしっかり休んで疲れをとって後半戦にそなえる方がいいのですが、
独特の雰囲気を味わっておくのはいいことでしょう。


ダルビッシュ:ジキルとハイド

07/05のツイート

ダルビッシュ が先発。「異例」のスライド登板になる。
チームとしては彼が登板する試合は何としても勝ちたいのだ。
2試合11回で12失点のあと前回は序盤以外、危なげのない
内容で8回を完封した。
監督は「またダルビッシュらしくなった」と信頼を寄せる。
d0164636_1232563.jpg
5回 94球(59ストライク) 5安打(1HR)2四球・6三振 4点 勝ち負けなし

d0164636_12321984.jpg
本来なら、昨日のオリオールズ戦に先発する予定だったが、ハリケーンの接近で天候が
悪そうだったため、首脳陣が今日の試合に変更したのです。普通、試合開始が遅れると
ウォームアップの開始を後ろにずらして対応するものですが、昨日の場合、始めても
更に雨が降って長時間、中断しそうな気配でした。そうなると、わずか2,3イニングで
ダルビッシュを代えなければいけないこともありうるのでそのリスクを避けたわけです。
連敗中のレンジャーズとしてはダルビッシュを先発させたら絶対に勝ちたいという思いが
強いのです。

しかし、登板が1日ずれたことが影響したのか、今日のダルビッシュは“力み”が目立ち、
本来の投球ではありませんでした。
立ち上がりから数試合ぶりに95マイル(153キロ)を含む速い球を投げ込んでいましたが、
1回に早速3点を失いました。
そうかと思うと1回の最後の打者から2、3回は7人を4三振などで退けて、立ち直りを
見せました。そうかと思うと(ハハハ)、4回はフォアボールに2ベースがからんであっさり
追加点を許しました。

5回は上位打線を3人で片づけたのですが、6回表の攻撃で2死からヒットが出て打順が
回ると代打を送られました。
今日のダルビッシュは最近数試合の出来と同じで、いいときと悪いときがはっきりして、
“ジキルとハイド”でした。

過去2年は球宴に選ばれたものの登板しなかったダルビッシュですが、このスライドで
日程的には休養タップリで投げられる環境はできました。“問題”は、今の調子と成績で
選ばれるかどうかですね。厳しいような気がしますが。

アメリカは7月4日です。
病気で引退したルー・ゲーリッグがヤンキー・スタジアムを埋め尽くしたファンを前に
「私はこの世で最も幸せな男です」という有名なスピーチをした日から75年目でした。
選手が胸にパッチをつけて敬意を表していました。日本ではなかなか見られない光景です。
d0164636_12313139.jpg

by toruiwa2010 | 2014-07-05 12:34 | メジャー&野球全般 | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。