ブログトップ | ログイン

岩佐徹のOFF-MIKE

toruiwa.exblog.jp

実況、ドラマなど放送全般、映画、スポーツ全般、 旅、食、友 etc

MLB 黒田 勝ち、松坂は勝ち星を逃がす 14/07/08

d0164636_1275973.jpg
d0164636_1271091.jpg
5回2/3 105球(66ストライク) 7安打(1HR) 2四球・3三振 4点 勝ち(6勝6敗)
d0164636_1264250.jpg
珍しい打線の爆発に助けられて6勝目を挙げました。9点差になった4回に集中打を浴びて
4点を失ったのは本人も納得がいかないでしょう。
私が、もっと納得できないのはイチローの守備です。
素晴らしいプレーもありますが、この試合で二つのフライを2ベースにしていました。
2度目は、打球を追っていた黒田が思わず顔をしかめていました。気持ちは分かります。
d0164636_12212261.jpg
ビデオでNHKのコメントを聞くと、スローを見ながら実況の森中アナ?は「イチローでも
追いつけませんでした」と言い、解説の武田一浩は「思った以上に打球が切れました」と。
どちらも、数年前なら間違いなくグラブに収めていた打球です。衰えは隠せないのです。
40歳ですから恥ずべき事じゃありません。イチローはなんでも捕れる、彼が捕れなければ
誰も捕れないのだ…としたいみたいですが、指摘すべきは指摘しないと。

07/08のツイート

松坂大輔 が先発。置かれている状況を考えたら
“剣ヶ峰”の登板になると言っていい。
前回は5回で5失点…すべてが2死後のものだ。
最後14打者のうち8人に3ボールになっていた。
今さらだがコントロールが悪すぎる。
気を引き締めて投げてほしい。

d0164636_1261479.jpg
7回 100球(63ストライク) 6安打 2四球・3三振 0点 勝ち負けなし
d0164636_1255212.jpg
よほど気を引き締めて投げたようです。ハハハ。
1~3回は毎回走者を二人ずつ出しながらなんとか後続を打ち取って失点しませんでした。
初めて7回を投げ切ったことと94マイル(151キロ)を3球投げられたのは収穫でしょう。
やっぱり、ピッチャーにとって150キロ台は格別だと思います。

勝ち星が逃げたのは問題じゃありません。球宴までにあと1回登板の機会があるでしょう。
そこで今日のようなピッチングができれば、後半もローテーションの一角に入れるのでは
ないでしょうか。もともと、まだ、これぐらいの投球はできる力があるはずなんですから、
つぎも“気を引き締めて”マウンドに上がってほしいものです。ハハハ
by toruiwa2010 | 2014-07-08 12:08 | メジャー&野球全般 | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。