ブログトップ | ログイン

岩佐徹のOFF-MIKE

toruiwa.exblog.jp

実況、ドラマなど放送全般、映画、スポーツ全般、 旅、食、友 etc

サッカー・ゴルフ・フェデラー~ツイート:スポーツがらみ~07/15

d0164636_8135117.jpg
打ち間違い

07/05のツイート

すばらしいFKで豚汁2点目!!
ダビド・ルイスのほとんど無回転のボールは
GKの手をかすめてネットに吸い込まれた。
コロンビアは勢いが出始めたところだったが、
追い詰められた。


“豚汁”はもちろん、ブラジルのことです。情けない。ハハハ。
なぜ、こんなことになったかは説明するまでもないでしょう。隣り合っているRとTの
キーを打ち間違えただけです。私のノート型VAIOはキーボードが見にくいんです。
しかも、椅子にきちんと座って打てばまだいいのですが、少しだらしない姿勢で打つので
こういうミスはしょっちゅうです。

“スピード”はあきらめればいいのに、ツイートはタイミングが大事だと思っているので
どうしても急いでしまうのです。打ち終えたあと、一応 チェックはしますが、とにかく
そそっかしいのです。小学校の通信簿には必ず「落ち着きがない」と書かれていました。

慌てて、コピーして原文を削除、改めてペーストし、修正して送信…この作業をいったい
何百回やったでしょうか。修正する前にRTされていたりすると申し訳なさと恥ずかしさが
倍増しますね。ハハハ。 
…気を付けていたはずなのに、昨日の朝も…

07/14のツイート

ドイツの嫌いなクロスパスだった。
「集中力の高さが伝わって来る」と福西。
そのことが伝わって来る解説を望む。


“嫌いな”じゃなくて、“きれいな”です。これでは医者も処方箋が出せないでしょう。
フォロワーの方にはあきらめてもらわなくては。ハハハ。
d0164636_816293.jpg
なんてせこいんだ!

07/06のツイート

ボールを下げられたロッベンだったが、主審が後ろを向いた途端、
50㎝前に出した。笑う。
サッカー選手にとって50㎝はそれほど大きいのだろうか?


CKのとき、コーナーアークから必ずと言っていいほどボールがはみ出していますね。
副審に注意されて直すかと思えば、拾い上げたボールを同じところに置いたりしてます。
幅跳びや三段跳びの選手に転向したらジャンプのたびに赤旗が上がるに違いありません。
私はボールを蹴った経験がないのでさっぱりわからないのですが、仮に、25メートルが
24メートル50センチになったら、そんなに有利になるのでしょうか?
あの“せこさ”…自分でビデオを見たときどう思うのか?妻や子供、親兄弟に見られても
恥ずかしくないのか?
…ま、それほど大きな問題じゃないのですが、見るたびに笑ってしまいます。

消えるスプレーはその意味で画期的なアイディアですね。


情報が漏れてるぜ

セガサミーカップ 最終日。
日本ゴルフツアー機構のHPには最終結果が出ていない。
「このあとはTBSの放送を」とある。
報道を全部止めているのかと思えば、ヤフーには結果が
出ている。そんなあほな。
編集がおかしかった時点でプレーオフは分かったけどね。
 

SNSの時代ですからその気になればスポーツの経過や結果はリアルタイムで分かります。
日本の民放は大半のスポーツ中継を録画で放送していますから、スポンサーの手前もあり、
放送の前に結果が分からないように手を尽くしているのです。
TBSは各報道機関に途中経過や結果の報道を自粛するように依頼していたのでしょう。
最終日の場合、日本ゴルフツアー機構は松山英樹など、優勝に関係ない選手については
72ホール分を表示していましたが、最後の数組は“隠して”いました。
d0164636_8161933.jpg
そうか…。まあ、自分がプロデューサーだったら同じことをするものなあ、と思いつつ、
たまたまYAHOOをのぞいたら“石川遼優勝”の記事が出ていました。
全部を止めることはもともと無理ですがね。ハハハ。

なお、大会は3ホールのプレーオフの末、小田孔明を下した石川遼が2年ぶりの優勝を
飾りました。苦しんだ分、嬉しさもひとしおだと思います。おめでとう!
3日目終了の時点で「トップを行く小田孔明にとって怖いのはやっぱり石川遼だよね。
爆発力のある選手が追ってくるのはいやなもんだと思うよ」とツイートしましたが、
その通りになりました。
多くの人がそう考えただろうし自慢するほどじゃないのですが、誰も褒めてくれないので、
自分で書いときます。ハハハ。


フェデラーにリスペクト

ウィンブルドン男子決勝…第1セットだけでも見ようかな。
さすがにVIP席が賑やかだ。
NHKが紹介しなかったと思われる人物がひとりいたね。
アメリカの俳優サミュエル・ジャクソンだ。
決勝まで出てきたフェデラーにはリスペクトだが、
ジョコビッチには勝てないと思うなあ。


フェデラーの頑張りでものすごい試合になりました。
伸びしろがあるジョコビッチと“引退”の二文字がちらつき始めているフェデラーだし、
全仏のプレーぶりを見てもジョコビッチの優勢は動かないと思ったのですが、グラスでは
2割ぐらい力がアップするフェデラーの良さが出ましたね。細かいことは分かりませんが、
エドバーグが陣営に加わったこともプラス材料だったのでしょう。
見た目もプレースタイルも初めて見たときからほとんど変わっていないことに驚きます。
そして、いくら得意なサーフェスとは言え、前後左右への動きの良さにもビックリでした。
節制のたまものです。改めてリスペクトです。

第1セットの序盤でフォロワーの問い掛けに「フェデラーが勝つには第1セット先取が
絶対条件だと思います。それができて、勝機が50%になり、落としたら、20%ぐらいに
なるかと」とリプライしました。
その第1セットをフェデラーがタイブレークの末に先取したことで大きなドラマの幕が
開くかと思いましたが、第2セット、第3セットをジョコビッチが取り返して逆転し、
圧倒的優位に立ちました。そこからのフェデラーの粘りが見事です。
d0164636_8164386.jpg
8月には33歳になることを考えると、今年が最後のチャンスだったかもしれません。
…もっとも、改めてランキングを見て少しがっかりしますね。ジョコビッチ、ナダル、
フェデラーと言えば、2007年ごろからこの位置にいた選手じゃないですか。ランクが
入れ替わったり、マレーが代わりに加わったりしたことはありますが、基本的に3人が
男子テニスを支配してきた構図は変わりません。
今後、フェデラー、ナダル、ジョコビッチの順に衰えが来るでしょうが、ラオニッチと
ディミトロフぐらいしか将来を期待できそうな選手がいません。すっかり縁が切れた
テニスですが、数年後が心配です。うそです。ハハハ。
by toruiwa2010 | 2014-07-15 08:17 | 岩佐徹的考察 | Comments(10)
Commented by Rafan at 2014-07-15 08:49 x
こんにちは。岩佐さんのテニスとの復縁を希望する者です(笑)。ディミトリエフではなくてディミトロフです。私も最初の頃間違って覚えていました。
Commented by toruiwa2010 at 2014-07-15 14:40
Rafanさん、こんにちは。

名前の間違い・・・すみません。
佐原ぽわの彼(元カレ?)以外の
上方も持っていないほどで…。

復縁は、アチラが望みません。ハハハ。
Commented by キムキムヒンギス at 2014-07-15 17:27 x
私と私の両親も岩佐さんのテニスとの復縁望んでいます^^。

私みたいにそんなに詳しくない人間が見るとラオニッチはサーブだけの選手に見えてしまうのですが、他にどういう点が期待できそうなのですか?
Commented by ヤップンヤン at 2014-07-15 18:21 x
W杯とテニス関連で・・グラフとアガシがW杯でドイツとアメリカが対戦するときの写真や、グラフがドイツのユニホームを着た写真などがこちらでは報道されました。
Commented by toruiwa2010 at 2014-07-15 19:36
キムキムヒンギスサン、こんばんは。

ご両親にもお伝えください。もう、滑舌が・・・と。
ハハハ。

ラオニッチはちゃんと見たことがないので
ごめんなさい。
Commented by toruiwa2010 at 2014-07-15 19:37
ヤップンヤンサン、こんばんは。

ありそうな話ですね。その写真、見たいなあ。
Commented by えそらいろ at 2014-07-15 21:36 x
岩佐さん、「打ち間違い」の記事のコメント欄で
「佐原ぽわ」「上方」はおもしろすぎです!
……すみません。
Commented by Rafan at 2014-07-15 22:41 x
岩佐さん、こんばんは。コメ返しありがとうございます。

>佐原ぽわの彼(元カレ?)以外の上方

意味が分かりませんでしたが、「シャラポワの彼以外の情報」ですね。笑。

ところで私の意図した“復縁”は実況として復活されるという意味ではなく以前のようにテニスに関してもっと情報や感想を発信していただきたいということです。
Commented by toruiwa2010 at 2014-07-16 07:05
えそらいろ、Rafanサン、おはようございます。
言い訳もできないミス…重症ですね。
Commented by ヤップンヤン at 2014-07-16 14:18 x
グラフとアガシのW杯関連写真、アガシのツイッターに載っていました。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。