ブログトップ | ログイン

岩佐徹のOFF-MIKE

toruiwa.exblog.jp

実況、ドラマなど放送全般、映画、スポーツ全般、 旅、食、友 etc

デレク・ジーター、球宴に別れ14/07/17

d0164636_991076.jpg
07/16のツイート

打席に立つジーターにスタンディング・オベーション…
涙が出るね。ピッチャー、ウエインライトがグラブを外して拍手、
これもいい。


今シーズン限りで引退すると発表しているジーターの最後のオールスター・ゲームが
ミネソタ・ツインズの本拠地、ターゲット・フィールドで行われました。
d0164636_9121932.jpg
ジーターが打席に入るときに流れた場内アナウンスは“神の声”と呼ばれたヤンキースの
伝説のPAアナウンサーだった故ボブ・シェパードの声でした。前にも書きましたが、彼は、
ヤンキースタジアムの試合でもシェパードが元気なときに録音したテープを使っています。
「打席に入るときはやっぱりボブの声に導かれたい」と望んで。
最後の球宴…ということで、テープを持ってきたのでしょうか。いいアイディアでしたね。

1回の表、守りについたジーターの横をナ・リーグの先頭打者、マカッチェンの強い打球が
襲いました。センターに抜けるかという当たりでしたが、飛びついたジーターがグラブに
おさめました。すぐに起き上って1塁へいい送球…きわどいタイミングでしたが、塁審の
両手は水平に広がりました。アウトと言っても問題なかったのに。KYめ!
ビリー・マーティンが監督だったらベンチを飛び出して審判に食って掛かったでしょう。
帽子をたたきつけ、砂を蹴りあげて「ビデオをチェックしろ!チャレンジだ。」と大芝居を
打ったに違いありません。ハハハ。

その裏の攻撃でア・リーグのトップバッターとしてスタンディング・オベーションの中、
ジーターが打席に入りました。2球目に、甘い球が来ました。トレードマークになっている
右打ちでライト線の2ベースヒット。前日の会見でジーターへのリスペクトを話していた
ウエインライトは、もしかして“敬意”を込めて打ちやすい球を投げたかもしれません。
d0164636_975523.jpg
I was going to give him a couple of pipe shots…
地元紙に出ていた彼の談話にヒントがありそうです。“パイプ・ショット”はMLBの中で
使われるスラングでしょうが、具体的な意味するは分かりません。しかし、別のサイトに
Groove(=甘いコースに投げる)という言葉も出ていますし、あとで「ジョークだ」と発言を
否定したと言いますから、つまり“そういうこと”でしょう。ハハハ。
その記事には、2001年の球宴でやはり引退を控えたカル・リプケンJrにホームランを
“献上”した朴賛浩(パクチャンホ)を思い出させるとも書かれていました。

ア・リーグのファレル監督はジーターの交代で粋な演出を見せました。
一度、4回表の守備につかせたあと、代わりの選手を送り出したのです。こうすることで
観客はベンチに帰るジーターに別れを告げることができるのです。

2014MLBオールスター・ゲームは5-3でア・リーグが勝ちました。
将来、偉大な選手になることは間違いないマイク・トラウトがMVPに選ばれました。
カブレラが豪快なホームランを打つのを、チャップマンが164キロの速球を投げるのを
リアルタイムで見ることができました。
ダルビッシュが1回を三者凡退に抑えました(見逃し三振の球はボールだけど…)。上原は
2死3塁の場面でマウンドに立ち、切れのいいスプリッターで三振を奪いました。
d0164636_9111794.jpg
しかし、今年の球宴はジーターのためのものだった…という印象がぬぐえません。
試合前、スタンディング・オベーションを浴びるジーターの映像にかぶせて現地のアナが
「我々も彼がいなくなるのは寂しい(miss him)けれど、彼もこういうことがなくなるのを
寂しいと思う(miss this)だろうね」と言っていました。その通りですね。

ジョーダン・ブランドが作り、ジーターが打席に入る前に流したというトリビュートCM、
「RE2PECT」が楽しいです。打席に入るジーターを迎えるマウンド上のジョン・レスター
(BOSOX)をはじめ多くのの有名人が登場します。
ビリー・クリスタル、ルディ・ジュリアーニ元NY市長、マリアーノ・リベラ、アンディ・
ペティット、ジョー・トーリ元監督(NYY)、タイガー・ウッズ、スパイク・リー監督(映画)、
ジェイ・Z、フィル・ジャクソン監督元(NBA)、マイケル・ジョーダン…まだいそうですが、
私にはここまでしか分かりません。
d0164636_97156.jpg
“無名”の、NY市警、消防、モザイクがかかったメッツの選手たちが帽子のひさしに指を
かける“tip”をします。相手への敬意を示すゼスチャーです。
ライバル、レッドソックスのファンも「デレクじゃしょうがねえなあ」という顔でつきで
ティップしますが、サンディエゴ・パドレスのマスコットはティップしたくても、残念、
肝心のひさしがありませんでした!ハハハ。
bit.ly/1n8CtL8
by toruiwa2010 | 2014-07-17 09:12 | メジャー&野球全般 | Comments(3)
Commented by shin555 at 2014-07-17 13:52 x
マウンドに置かれたウェインライトのグラブ、交代の場面、そしてRE2PECT
いいモノを見せていただきました♪
Commented by reiko71 at 2014-07-22 12:56 x
デレク・ジーター、正に私はCMのBファンと同じ気持ちですが、彼を強硬に嫌うBファンにとっては、最初のレスターのtipは受け入れがたいかも。^^;
でも、間違いなく球界のレジェンドになるであろう一人でしょうね。
いろんな意味で(複雑な気持ちも込めて)、私も I will miss him, という一人かもしれませぬ。PS:ファレル監督、ここはそうこなくっちゃね。
Commented by toruiwa2010 at 2014-07-22 13:53
reiko71さん・・・
Bファンって、はじめなんのことか
わかりませんでした。
レスターの気持ちが伝わるといいですね。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。