ブログトップ | ログイン

岩佐徹のOFF-MIKE

toruiwa.exblog.jp

実況、ドラマなど放送全般、映画、スポーツ全般、 旅、食、友 etc

ダルビッシュ、9勝目~岩隈に援護なし~14/07/20

d0164636_11532041.jpg
ダルビッシュ:12奪三振

ダルビッシュ : 最近5試合で1勝3敗、5.40ERA…
8回完封があるものの、大量失点している。ミニスランプだ。
球宴で気分を一新できているといいね。
相手はエンカーナシオンがDL、3番・バチスタはカモにしている。
チームのためにひと働きしたい。
d0164636_11533212.jpg
6回2/3 117球(69 ストライク) 5安打(1HR) 3四球・12三振 1点 勝ち(9勝5敗)

d0164636_1153414.jpg
キャッチャーが今シーズン初めてのソトでしたが、組み立てがそれほど変わっていたとは
思いません。1,2回は速球が多く、3回以降は変化球中心のピッチングでした。
どの球でも三振が取れるダルビッシュらしく、延べ28打者から12三振を奪いました。
球審が、過去2戦2勝で防御率は0.56、WHIPは.625!!相性がいいのでしょう。
1回に左打者の外角に外から曲がるスライダーをストライクと言ってくれました。私には
完全なボールに見えましたが。 お中元を贈っておくべきでしょう。ハハハ。

最速154キロのストレートもその気になれば投げていましたし、スライダー、カーブも
よく切れていました。ただし、ストライクとボールのレイシオが悪く(69-48)、投球数が
いたずらに増えました。この試合は7回に3点が入ってリードが広がったからいいですが、
僅差の試合だと、中継ぎに負担がかかりますね。

6回が終わったとき100球でしたから、微妙だなあと思いましたが、7回表に3ランHRが
飛び出してリードが5点になり、球宴で投げていたこともあって交代の可能性が出ました。
しかし、首脳陣は“続投”を選択しました。判断ミスとは言い切れませんが、結果として
いい気分でマウンドを降りることができませんでした。


岩隈:勝てなかったけどGJ

岩隈が先発する。先月下旬の2試合は打ち込まれたが、
7月に入ってからの3試合は好調だ。21回2/3で
3点しか失っていない。“25奪三振”が際立つ。
自信を持って取りに行っているところがすごい。
球宴を挟んでも調子を維持していてほしい。
d0164636_1152770.jpg
7回 77球(56ストライク) 6安打 無四球・3三振 2点勝ち負けなし

d0164636_11521837.jpg
1回は球が真ん中に寄っているように見えましたが、2回以後、すぐに修正されていました。
…初めから、問題なかったかもしれませんが。ハハハ。

岩隈の投球を見ているとストレスがたまることはありません。ストライクが多いからです。
レイシオをダルビッシュとくらべてみるとはっきりわかります。
どんどんストライクを投げて打者を追い込んでいきます。自然に“勝負”が早くなります。
この日の試合で言うと、3ボールになったケースはなし、6球を要したバッターは一人だけ、
5球が二人、あとは全部4球以下です。松坂に見せてやりたい。ハハハ。

5回に3本のヒットを集められ、キャッチャーのエラーもからんで2点を失いましたが、
残りの6イニングは散発の3安打に抑え込んでいました。
援護がなくて勝てませんでしたが、球宴をはさんでも調子は変わっていないようです。
by toruiwa2010 | 2014-07-20 11:54 | メジャー&野球全般 | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。