ブログトップ | ログイン

岩佐徹のOFF-MIKE

toruiwa.exblog.jp

実況、ドラマなど放送全般、映画、スポーツ全般、 旅、食、友 etc

自薦・厳選300?同姓同名&余命2年!14/08/02

d0164636_755499.jpg
厚生労働省が先日 発表した日本人の平均寿命を見ると、
女性86・61歳、男性80・21歳だそうです。
ややこしくて、10年ぐらい前までは誤解していましたが、
数字の意味は、間もなく76歳になる私はあと4年生きる…
ということではないんですよね。

今0歳の赤ちゃんが平均して何歳まで生きるか…です。
つまり、平均“余命”です。
そして、いつも“隔靴掻痒”だなあと不満に思うのは
このニュースを伝えるほとんどすべてのメディアが、
“今〇〇歳のあなたの余命は〇〇年です”とは教えて
くれないことです。そこが一番知りたいことなのに!
ハハハ。
(行くところに行けば一覧表が出ているのは知ってますが)
d0164636_7561241.jpg
余命2年! ( 2007.08.27 初出 )


「あっ!」と小さく声を上げた店員さんがカーテンの奥に消えていくのが分かりました。
何があったのか分からないまま、私は申し込み用紙に必要事項を書き込み続けていました。
検眼をしてもらおうとしていたのです。

しばらくすると奥から、私よりだいぶ年上と思われる男性がにこやかな顔で出てきました。
そして「私も同じ名前なんですよ。割合に珍しい名前ですよね」と言いました。
「たしかに、“岩佐”はそんなに多くないですよね」と応じた私に彼は「いいえ、“下”も
同じなんですよ」と言うではありませんか!
店員が声を上げたのは、私が書いた名前を見てビックリしたからでした。

おどろく私に、笑いながら彼が差し出した名刺には「金鳳堂眼鏡店 新宿伊勢丹店 
主任 岩 佐  徹」とありました。まさに、同姓同名です。
1970年ごろのことです。もちろん、あとにも先にも、こんな経験はほかにありません。
いたずらが好きな私は、その後しばらく、久しぶりに会う友人たちにその名刺を見せては、
「まだ辞令は出ていないけど、俺、今度仕事を変わることにしたんだ」と言って反応を
楽しんだものです。ハハハ。

めがねはそんなに頻繁に作るものではありませんから、金鳳堂眼鏡店の“岩佐さん”とは
年賀状の交換程度のお付き合いでしたが、残念ながら数年後に亡くなりました。

国立大卒の画家、出版社社長、自動車関係の著書がある人、某市民生局勤務の公務員、
去年の諏訪湖マラソンで総合順位726位だった人(ハハハ)、繊維メーカー営業部長…
ネットで簡単に検索しただけで、こんなにたくさんの“同姓同名”がいることに驚きます。

岩佐徹…若いころの私は自分の名前があまり好きではありませんでした。
特に、小学校の低学年のころは、「岩佐」にくらべ、どんなに気をつけて書いても、三つの
部分からなる「徹」が3倍ぐらいの幅になってしまうのが恥ずかしかったのです。ハハハ。

「もう少し違う名前に出来なかったのか?」と親を恨んだ理由がもうひとつありました。
愛称で呼ばれにくいのです。
「木村」、「山本」、「渡辺」なら「キム」、「ヤマちゃん」、「ナベ」のように親しみやすく
聞こえる愛称で呼べますが、「岩佐」という苗字は、「イワちゃん」「イーさん」「イワ」…
どれも、ちょっとずつ変です。
「徹」のほうも、「普三」の「シンちゃん」、「清」の「キヨ」や「キーちゃん」のようには
なりにくいです。
若いころに短い期間、限られた仲間から「ガンちゃん」と呼ばれていたことがありますが、
それ以外は愛称がついたことはまったくありません。

もちろん、70年近く付き合ってきましたから今ではこの名前にそれなりの愛着があります。
そんな「名前」をインプットするだけで自分の頭の中がどうなっているかを教えてくれる
「脳内メーカー」がブームになっているようです。
私も早速やってみました。結果は悲惨でした。“秘”と“欲”が半々です。
「“秘”密が多い“欲”ばり」。ハハハ。
d0164636_7563415.jpg
“正面バージョン”では、右脳も左脳も、中央に「悪」が固まっていて、そのまわりを
「悲」が囲んでいます。どう分析すればいいのでしょうか?
「運の“悪”さを“悲”しんでいる」のか「“悪”事の果てに“悲”劇が待っている」のか…
どっちにしてもろくなもんじゃありません。

誘惑に勝てず「死亡推定日」もやってみました。

“岩佐徹さんは生まれて68年と333日経過しています。
死亡推定日は2010年1月3日です(残り2年) 。
70歳でその生涯を閉じます”と出ました。

(1938年9月生まれですから正確には71歳です)

妻の分も試してみると、“…すでに死亡していてもおかしくありません”と出ましたから、
“残り2年”は、まだいいほうでしょうが。ハハハ。

“残り2年”、運命のままに精一杯生きてみますか? しかし、往生際が悪いからなあ。

ちなみに、“算出される死亡予定日はあくまで目安です”という注意書きがありました。
当たり前じゃ、ボケ!ハハハ。


“目安”と言われた2010年1月3日を過ぎたあと、
もう一度やってみました。

“岩佐徹さんは、生まれて71年と98日経過しています。
死亡推定日は、2020年7月17日です。(残り10年)
81歳でその生涯を閉じます。”

…前回のご託宣より10年長生きできることが分かりました。
そのときは「まあ、そんなものかな」と思ったものですが、
2020東京オリンピックの開幕が“7月24日”と聞いてから
穏やかじゃありません。ハハハ。

by toruiwa2010 | 2014-08-02 07:58 | 自薦・厳選300? | Comments(2)
Commented by リエコ at 2014-08-02 12:43 x
こんにちは。
我が子は漢字では2文字で、平仮名で3文字にしました。全部の名前を呼んでもらえるようにと考えました。
もしかしたら、岩佐さんのように特別な呼び名を欲しがる時がきたら、誰か考えてくれるといいです。
イワセーゼ、3歳の我が子も大絶賛♩
ペロリと食べて「おかわり‼」が出ました^ - ^
涼しい朝は散歩がてら大葉をとって、お昼のゴハンに決定です‼
Commented by toruiwa2010 at 2014-08-02 13:18
リエコさん、3歳のお子さんまで、、、
それは嬉しい話です。
このパスタを多くの人に楽しんで欲しいです。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。