ブログトップ | ログイン

岩佐徹のOFF-MIKE

toruiwa.exblog.jp

実況、ドラマなど放送全般、映画、スポーツ全般、 旅、食、友 etc

自薦・厳選300?お前なんかクビだっ!14/08/10

d0164636_7142437.jpg
アメリカの映画を見ていると、役員や社員が
いとも簡単に解雇されますね。
指をつきつけてたった一言、You are fired !と
言えば終わりなんですから…。
それではあまりにも愛想がないと、あえて、
付け加えるなら「1時間以内に私物を整理して
出て行ってくれ」ぐらいですかね。ハハハ。

サガン鳥栖の尹晶煥(ユン・ジョンファン)も
解任されましたが、日本の場合はプロの世界も
もう少し“ウエット”かもしれません。
d0164636_7145069.jpg
オジェック解任 ( 2008.03.17 初出 )


去年、アジアで王者になり、世界クラブ選手権でも3位という素晴らしい成績を収めた
浦和レッズのオジェック監督が解任されました。好調をキープしてトップを走り続けた
2007年Jリーグで最後に大ブレーキを起こし、優勝を逃がしたのは大誤算だったでしょう。
「ならば、今年こそ」と気持ちを新たに臨んだはずのシーズンも開幕から2連敗…。
“スケープ・ゴート”を探すタイミングであったことは確かです。

「わずか2試合で」と思いますが、プロ・スポーツの世界では日本だけでなくどの国でも
見られる現象で、決して珍しくありませんね。
考え方が“ドライ”な海外ではもっと極端な例もあると聞きます。

「結果が出なかったのは監督だけではなく、僕らの責任でもある」…日本のプロ野球で
監督が交代すると、選手たちからはそんな言葉出てきます。そう、それが“ふつう”では
ないでしょうか。成績が悪いとき、指揮官の管理能力や作戦の良し悪しが問われるのは
当然です。しかし、実際にグラウンドやピッチでプレーするのは選手です。彼らに責任が
ないわけはありません。
サッカーで、このような“解任劇”が起きると、ファンもマスコミも監督だけの責任を
追及するように見えて仕方がありません。特に、監督が外国人の場合、それが顕著です。

野球の世界ではコーチや選手が監督やその作戦を批判するのは“タブー”です。
間違いなく、チーム内で処分の対象になります。
もちろん、野球選手も人間ですから不満がないわけではありません。まれに、ごく親しい
メディアに「代打ばかりじゃ、やってられないよ」とか「あんなところで送りバントは
ないよなあ?」と愚痴をこぼすことはありますが、それが表に出てくるのはよほどあとに
なってからのことです。

極端に言えばひとつひとつのプレーについて監督からサインが出る野球で、その采配への
不満を言い出せばキリがないでしょう。しかし、いったん試合が始まったら、かなりの
部分を選手に任せるしかないサッカーでは、試合前に立てる作戦・戦術が試合の結果に
大きな影響を持っているのを否定することはできません。
「だから、監督の責任は大きいのさ」と言われれば、その通りでしょう。ハハハ。
d0164636_7151366.jpg
ただし、社長が話したという解任の最大の理由は変ですね。
いわく、「2試合で監督と選手の気持ちが離れていると感じた。一度、気持ちが離れたら、
なかなか難しい」。
つまり、コミュニケーション不足があって、作戦に対する不満につながった…それでは
監督が何人いても足りないないじゃないですか。ハハハ。

東欧系や南米系の監督の場合、言葉の壁もあって公式の会見以外では考え方を聞いたり、
人柄についてよく分からなかったりします。取材するメディアの心情が、日常的に接する
選手サイドに傾くのはある程度理解できます。しかし、思うような成績が残せなくなると、
チームの中にくすぶる不満や監督批判を記事にし、それがサポーターの気持ちをあおり、
やがて、その“プレッシャー”に押し切られる形で球団が監督を解任する…そんな流れを
これまで何度も見てきました。

前にも書きましたが、サッカーの選手は自分を何様だと思っているのでしょう?ハハハ。
負けたあとの会見で「自分が悪かった」、「あそこでミスをした」と選手が話しているのを
聞いた記憶が“ほぼ”ありません。負けたのは自分のせいではなく、作戦の失敗かほかの
誰かのパフォーマンスが悪かったからだと匂わせる言い方がほとんどです。
自分のやっていることに自信があるのは結構なことですが、たまには、ミックスゾーンで
「負けたのは僕のせい…」とうなだれている選手に出会ってみたいものです。

サッカーそのものは好きなのですが、選手やサポーターが、「監督よりも自分たちのほうが
サッカーをよく知っている」と言わんばかりの態度をとるのは好きじゃありません。
しかも、経営者たちが選手・サポーター寄りの立場を取ることが多いのもウンザリです。
ハハハ。

オジェックの解任自体は、たぶん避けられないことだったのでしょう。
しかし、ではピッチでプレーした選手たちには責任はないの? という思いも捨てきれず、
今日は、朝からどこか消化不良で気分がスッキリしません。ハハハ。
by toruiwa2010 | 2014-08-10 07:16 | 自薦・厳選300? | Comments(4)
Commented by ヱビスの黒生 at 2014-08-10 07:51 x
岩佐さん、おはようございます。

結局は選手が自律してなければどんな監督が来ても強くなれないような気がしてます。
それはクラブチームだけじゃなく代表チームでも同じことかなと。
Commented by toruiwa2010 at 2014-08-10 10:38
ヱビスの黒生さん、こんにちは。

まれに戦術で勝つこともあるでしょうが
多くの場合は選手次第だと思いますね。
Commented by 四校 at 2014-08-24 11:50 x
自分のせいで負けたっていう選手結構いるように思うのですが…
Commented by toruiwa2010 at 2014-08-24 12:00
四校サン、こんにちは。

私は、代表戦などで、そう話す選手の声を
聞いたことがありません。聞いてないだけ…?
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。