ブログトップ | ログイン

岩佐徹のOFF-MIKE

toruiwa.exblog.jp

実況、ドラマなど放送全般、映画、スポーツ全般、 旅、食、友 etc

映画が大外れで…~いい日だったのか悪い日だったのか?~08/25

d0164636_9543514.jpg
今日はツキがあるなあと思う日があります。
なんてツキのない日なんだと思う日もあります。
昨日は、その両方を短い時間の間に経験しました。


渋谷Bunkamuraで映画「グレート・ビューティ」を見るために家を出たのは
午後12時半でした。
このチラシを見た日から「これはストライク・ゾーンの真ん中の映画だぞ」と
公開を心待ちにしていた作品です。
d0164636_9542823.jpg
坂上忍がコメントを寄せていました。(本人が書いたとは思いませんが)

はじまりの5分でヤラれた(中略)
そこに見えるものは…愛すべき人間という生き物


面白いものですね。同じ“はじまりの5分”、私の頭は混乱していました。
オープニングから、意味があるのかないのか、理解することが難しいカットや
会話の連続でした。しかも、一つ一つの場面が長い。簡単に言えば“冗長”です。
もちろん、監督は「無駄なカットなどない。すべての映像に意味がある」と
言うでしょうけどね。

結局、上映開始から40分後に席を立ちました。そんな客は私たちだけでしたが、
映画は“娯楽”ですから、つらいのを我慢して見続けることはないと思います。
はじめから向いてないと覚悟していた「るろうに剣心」は最後まで見られたのに、
楽しみにしていた映画は半分も持たない…これも面白い。ハハハ。

帰りは焼肉と決めて予約していたので2時間近くも余りました。
困ったぞと思っていると「一度、家に帰って出直したら?」と妻が言いました。
そういうことを“面倒くさがる”タイプなので意外でした。

「地下でちょっと買い物をするので本を読んで待っててくれる?」と妻が言い、
映画が始まる前に預けておいた電子書籍リーダー、Kindleを渡してくれました。
東急本店地下の食品売り場に下り、私はソファで待つことにしました。
妻の買い物はいつもはやいので、本を読み始めても中途半端になると思い、
Kindleを横に置いてスマホをいじっていました。
5分ほどで少し離れたところに妻が姿を見せました。

「あっちに“くまモン”が来てるの。写真を撮ってくれる?」。
なぜか、くまモン・ファンなんです。いつも持っているカメラを忘れたので
スマホで撮ってほしいと言うのです。
妻の“いいつけ”は絶対ですから、すぐに飛んで行って人ごみのうしろから
数枚、妻が納得するだろうと思える写真が撮りました。
「じゃあ、帰ろうか」と歩き始めたとき“手ぶら”であることに気づきました。
「Kindleは預けたよね?」と妻にたずねました。そのときは上映前に預けた
ことしか思い出さなかったのです。
「えーと…」とバッグの中を探り始める妻を見た瞬間、パッと思い出しました。

ソファに戻りましたが、Kindleはありません。やっちまいました。トホホ。

近くの売り場の店員さんがとても親切にしてくれました。
若い女性が同じフロアにあるサービスセンターに届けられていないか聞きに
行ってくれて、ないことを確認すると、「遺失物係に届けることになります。
手続きはサービスセンターを通じてできますが、分かりにくいところなので
ご案内します」と、買い物をしたわけでもないのに至れり尽くせりでした。

恐縮しつつ、案内されたセンターで手続きを済ませました。
「何かあったら連絡します」と言われて食品売り場をあとにしました。
外に出たところでポケットからスマホを取り出しました。連絡があったとき
すぐ分かるように着信のチャイムをオンにしようと思ったのです。
すると…。留守電が入っていました。覚えのない番号でした。もしかして?

あまりの速さなので半信半疑、テープを聞くと、「今、届きました」!!!

捨てる神あれば拾う神…ではなく、忘れるKindleあれば、届ける善意の人。
ソファで、すぐ隣に私より年上と思えるご夫婦がいました。
なくしたと分かったとき、「あのご夫婦ならもしかして…」とは思いました。
たぶん、その通りだったのだと思います。感謝です。その人たちの連絡先が
分からないのが心残りですが。

7階の遺失物係でKindleを受け取り、地下まで下りて、面倒を見てくれた
店員さんに厚くお礼を言って帰路につきました。
映画は残念だったし、買ったばかりのKindleを一時的にせよなくしたときは
ガックリしましたが、最後はとてもいい気分でした。
日ごろの行いがいい、とは決して言えません。
てっきり、“天罰”が下ったのだと思いました。しかし、天は“自ら佑るもの”を
救いたもうたようです。ちゃんちゃん。

・・・でもって、この記事も“冗長”でした。ハハハ。
d0164636_958272.jpg
お店は「氷見・江政」さんです。
富山県氷見港で水揚げされる新鮮な魚を扱っています。
今度、買わせていただきます。
昨日は本当にありがとうございました。
お店の経営者に感謝の気持ちを伝えたかったのですが、
連絡方法がわからず、デパートにメールしました。

by toruiwa2010 | 2014-08-25 09:58 | 岩佐徹的考察 | Comments(2)
Commented by 老・ましゃこ at 2014-08-26 14:54 x
お店の店員さんがなんと親切な方でしょう!
届けてくださった方も名乗ることなく一日一善のなさりよう!
これから岩佐さんがキンドルを手にされるたびに
『このキンドルはネ…』と思い起こされる出来事ですね。
見つかって本当によかったです(^^)
Commented by toruiwa2010 at 2014-08-26 15:55
老・ましゃこサン、こんにちは。

昨日、マージャンをしながら、
今日はリハビリの施術を受けながら
さっそく話しました。ハハハ。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。