ブログトップ | ログイン

岩佐徹のOFF-MIKE

toruiwa.exblog.jp

実況、ドラマなど放送全般、映画、スポーツ全般、 旅、食、友 etc

MLB 岩隈、またまた天敵に…14/08/25

d0164636_13482726.jpg
岩隈:BOSOX&セスペデスにやられた

d0164636_13472546.jpg
2回1/3 67球(48ストライク) 6安打 3四死球・1三振 5点 勝ち負けなし

d0164636_13472866.jpg
3試合・12回2/3 0勝1敗 防御率8.53!!!
レッドソックス戦の通算成績です。
中でも、セスペデス22打数で8安打(3HR、4 2ベース)とカモにされていました。
野球はアベレージのスポーツだと言われます。
時にうそをつくこともありますが、多くの場合“正直”です。

2回1/3での降板は先発ローテーションに入ってからは最短KOです。
全体としては、これだけ打たれて点を取られるような投球だったかもしれませんが、
私の目には、数字ほど“どうにもならない”内容だったとは映りませんでした。
右打者の内角に投げ込むスライダーは切れがあって悪くないと思いました。

おそらく、私などには分からない微妙なところに“ズレ”があったのでしょう。
もともと、岩隈は微妙なところで勝負するピッチャーですからね。
遅ればせながら現地の日本メディアが正当な評価をし始めたところだっただけに
皮肉な結果になりました。

和田:6回までノーヒッター!
d0164636_1348960.jpg
6回1/3 92球(59ストライク) 1安打(1HR) 1四球・8三振 1点 勝ち(4勝1敗)

d0164636_13481979.jpg
球種を変えコースを変え、相手に的を絞らせない和田らしいピッチングで4連勝です。
4回に上位打線を三者三振に打ち取った場面などは圧巻でした。ねじ伏せるのではなく、
戸惑わせ、手玉に取っている感じでした。

6回までノーヒットでしたが、7回先頭の2番・ピアースに投げた90球目が真ん中に
入ってしまい、レフト後方のウエーブランド通りまで運ばれました。
次の打者を打ち取ったあと交代しましたが、盛大な温かい拍手に迎えられていました。
「ここまで十分に楽しませてもらったよ、ありがとう」という拍手です。
カブスとの来年以降の契約がどうなっているのか知りませんが、これだけの投球が
出来るなら、これから数年、MLBでやっていけるんじゃないでしょうか。
by toruiwa2010 | 2014-08-25 13:50 | メジャー&野球全般 | Comments(1)
Commented by おいでリンス at 2014-08-25 16:30 x
岩隈の試合は深夜観てました。
まだ勝ちがないのでいいイメージが湧かず苦手意識?に繋がってる気がします。
KOされてしばらくして寝てしまいましたが、田澤の登板もあったようですね。
試合はマリナーズが勝ったのでアスレティックスと5ゲーム差になりました。

和田は古巣に勝ちましたね。
結果を残さず日本に戻ってきてほしくなかったので、調子が上向いてきたのはいいことです。

今夜もワールドスポーツMLBを観ます!
司会の深津瑠美さんはさんまさんが今年のラブメイト10に選んでました。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。