ブログトップ | ログイン

岩佐徹のOFF-MIKE

toruiwa.exblog.jp

実況、ドラマなど放送全般、映画、スポーツ全般、 旅、食、友 etc

自薦・厳選300?“心構え”がねえ…14/09/06

d0164636_8553579.jpg
あきれ果てた言動 ( 2008.04.14 初出 )

「うちはWOWOW 入ってないんだよねえ。
母ちゃんも見られないのになんでインタビュー受けなきゃなんないの?」

スタッフが迎えに行ったその日本人選手はいかにも“いやいや”という感じで、カメラを
セットして待っている我々のところにやって来ました。明らかにふてくされたその態度に、
私の頭の中でなにかが“プッチン”と音を立てて切れたような気がしました。ハハハ。
1990年代の終わり、全米プロゴルフ選手権の開幕前日のことです。

私が“切れた”のには伏線がありました。
開幕を翌日に控えて、各選手がこの日も練習ラウンドで最後の仕上げをしていました。
話を聞くときの材料を探すために私も何ホールかついてまわりました。すると、途中で
その選手の取り巻きの一人が寄ってきて言いました。
「あのさ。彼、疲れてるんで“立ち”はカンベンしてよ。いすを用意しといてくれる?」と。
なんと、常識的に考えて、たった5分、長くても10分はかからないはずのインタビューを
立ってではなく、座ってやれるようにしてやってくれ、と注文をつけてきたのです。

あきれてしまいました。欧米のトップ・プロがこんな要求をすることはまずないでしょう。
しかし、日本人選手の中では“目玉”のプロでしたから、こちらは従うしかありません。
控え室に戻って手配をしました。スタッフがクラブハウスからいすを二つ借り、すっかり
準備を整えたところにやってきた彼の“第一声”がこれだったのです。

座ってからも、まだグジグジ言っている彼に、よほど「それじゃあ、やめましょうか。
開幕前に気分をこわされてもいけませんから」と言おうと思いました。思いとどまったのは、
彼には超有名な兄弟がいて、今後も世話になることがあるだろうし、自分ひとりの感情で
WOWOWに迷惑をかけてはいけないと考えたからです。“長いものには巻かれろ”…。
ハハハ。
d0164636_8555899.jpg
当たり前ですが、インタビューが始まると普通にしゃべってくれました。それなら、なぜ
初めからすんなりと応じてくれなかったのか?“いす”の件は本人の要求ではないものの、
周囲の人に“気を使わせる”空気が普段からあるのではないでしょうか。
ラウンドの調子がよくなかったとか、何か不機嫌になる理由があるにしても「母ちゃんが
見られない…」というのはプロ意識が欠けているとしか思えませんでした。

かつて、マスターズに挑戦して惨敗したとき、彼の兄は「世界の壁は厚い」と言いました。
「ふざけちゃいけない」「甘ったれたことを言ってるんじゃない!」と思ったものです。
世界中の名手たちが万端の準備をして臨む大会です。ほんの2-3週間前にアメリカに渡り、
一つかせいぜい二つのトーナメントに出るだけでいいスコアを出せるほど甘いものでは
ないでのです。
実際は、そんなやり方でも1-2度いい結果を出したことがあるから困るのですが。ハハハ。

「国内のスケジュールが忙しくて」「日本食を食べないと力が出ない」など、言い訳にも
ならないことを聞かされるのは飽きました。歴史のあるトーナメントそのものや、常に
高いレベルで戦っているまわりの選手たちに“敬意”を持つこと、謙虚になることから
始めなければ、私たちはいつまでたっても、同じ結果、そして同じようなコメントしか
聞けないのだと思います。

今回は片山晋呉と谷口徹が挑戦しましたが、二人とも予選を通過できませんでした。
放送の中で、かなり前から現地に入って調整したということが伝えられていました。
それでも歯が立たなかったということでしょう。

01年に伊澤利光が日本人史上最高の4位に入ってから
苦戦が始まった。名門コースは用具の進化に対抗し、
02年から06年までに合計460ヤードも長くなった。
ウッズのように飛距離のある外国勢にはかなわず、
02年以降は延べ18人が出場し予選通過は5回。
そのうち4回が片山だ。谷口は「生まれ変わらないと
無理」と語り、片山も「180センチはないと」と体格差を
嘆いた。パワー全盛の米メジャーで、日本人が再び
優勝争いをする日は来るのだろうか。


…スポーツ報知(電子版)に出ていたこの記事を読むと、少しは納得します。
「とてもかなわない」というニュアンスが感じられるからです。これぐらい素直な言葉を
言ってもらうと、「そんなことを言わずにがんばろうぜ」と励ましてやりたくなります。
なんたって、“あまのじゃく”ですから。ハハハ。

石川遼や松山英樹の登場で日本ゴルフ界も新時代が幕を開けています。
彼らのメンタリティならメジャーでもそれなりの結果を出すでしょう。
グリーン周りを埋めたギャラリーの盛大な拍手を浴びながら18番の
フェアウエイを堂々と歩いて行く日本人ゴルファーの“雄姿”を
早く見たいものです。

by toruiwa2010 | 2014-09-06 08:56 | 自薦・厳選300? | Comments(1)
Commented by ギリシャ at 2014-09-07 03:19 x
なんとなく、誰かわかりました。
女優さんと結婚された方ですね。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。