ブログトップ | ログイン

岩佐徹のOFF-MIKE

toruiwa.exblog.jp

実況、ドラマなど放送全般、映画、スポーツ全般、 旅、食、友 etc

自薦・厳選300?文筆家たちの贈る言葉14/09/14

d0164636_9195610.jpg
結婚式に招かれたりすると、びっくりするほどうまい挨拶をする
新郎の上司や新婦の叔父さんに出会うことがあります。期待が
ほどほどですから余計にうまさが際立ちます。
ニュースを読んだり試合を実況したりするのは“本業”ですから
いささかの自信もありますが、スピーチはまったく別物ですね。

ただし、文章にする…という点では、やはり専門家である作家は
うまいなあと、感心します。

全面広告 ( 2009.04.17 初出 )


現物が手元になくて残念ですが、4月1日のサントリーの新聞広告が話題になっています。
同社が1978年から続けている“新社会人”に向けたメッセージです。
作家・伊集院静が書いた全文をネット上で見つけましたので再録しておきます。
(ほらちゃんの「お役立ち情報研究所」)

新社会人おめでとう。
君は今春、どんな仕事に就いただろうか。どんな仕事、職場であれ、
そこが君の出発点だ。今、世界は経験したことのない不況にある。
金を儲けるだけが、自分だけが富を得ようとする仕事が愚かなことだと
知っていたはずなのに、暴走した。なぜ止められなかったのか。
それは仕事の真の価値を見失っていたからだ。人を騙す。弱い立場の
人を見捨てる。自分だけよければいい。それらは人間の生き方では
ないと同時に仕事をなす上でもあってはならないことだ。
仕事は人が生きる証だ、と私は考える。働くことは生きることであり、
働く中には喜び、哀しみ、生きている実感がたしかにある。
だから出発の今、真の仕事、生き方とは何かを問おう。
その仕事は卑しくないか。
その仕事は利己のみにならないか。
その仕事はより多くの人をゆたかにできるか。
その仕事はともに生きるためにあるか。
今何より大切なのはともに生きるスピリットではなかろうか。
一人でできることには限界がある。誰かとともになら困難なものに立ちむかい
克服できるはずだ。会社とは、職場とはともに働き、生きる家である。
仕事は長く厳しいが、いつか誇りと品格を得る時が必ずくる。
笑ってうなずく時のために、新社会人の今夜はともに祝おう。
その日のために、皆で、ハイボールで乾杯。


たしかに、訴える力が当ブログの文章などとは比較になりません。当たり前か。
ハハハ。
毎年、楽しみにしている人が多いらしいですが、その理由がよく分かります。

私が大好きだった故・山口瞳は、ある年、こう書いています。

新入社員諸君!今日から酒を飲む機会が多くなるが、
まず、酒は愉快に飲めと言いたい。
愉快に飲むためには、他人に迷惑をかけてはいけない。
迷惑をかけないためには、酒を飲んでいるときに、
絶対に他人のことには口を出さないことだ。
それでも、一度や二度は失敗する。
こればっかりは、サントリーでも駄目なんだ。
失敗したらどうするか。
クヨクヨせずに、朗らかに、キッパリとあやまって
廻りたまえ。
かく申す、この僕だって、何度かそれをやってきた。
(陰の声。今でもやっているよ)
諸君!この人生、大変なんだ。


山口が亡くなったあと、倉本總をはさんで2000年から伊集院がひきついでいるそうです。

1面を使った広告にどれぐらいの費用がかかるのか知りませんが、“100年に一度の不況”
という割には、今年は、妙に全面広告が目に付きます。
d0164636_921636.jpg
5月1日開局予定の携帯専用放送局(何のことだか。ハハハ)、bee tvの広告は何種類か
あったようです。我が家がとっている朝日新聞には、和田アキ子の“デカ顔”イラストに
「飲み友、募集」のコピーが入っていました。
右下隅に小さく「今日は4月1日」と書かれています。
いったい、何をプロモートするためのコマーシャルか分かりませんが、企業としては
「おやっ?」と思わせれば、それだけで“成功”なんでしょう。
d0164636_9204913.jpg
花畑牧場…よほど儲かってまんなあ。ハハハ。

「花畑牧場は、食べる人を幸せにする」
「花畑牧場は、つくる人を幸せにする」
「花畑牧場は、地域の人を幸せにする」


商品名はほとんどありません。どちらかといえば、イメージ広告です。
生キャラメルが大ヒットし、ホエー豚丼で青山に進出…事業は順調のようです。
真面目に農業に取り組んでいる姿には好感を持っていましたが、このところの言動は
ちょっと“心配”です。くれぐれも“用心”されたし。ハハハ。
d0164636_921223.jpg
フジテレビ情報番組のプロモーションです。
“吹き出し”をつけると、こんな感じでしょうか?

安藤優子「トップの座を譲る気はないわよ」
高島彩「あら、いつの間に私が2番手?」
滝川クリステル「そのうち、正面向いて抜かせてもらうわ」
中野美奈子「新参者の私がこの位置でいいのかしら?」
小倉智明「おいっ、サブの中野より後ろかよ?」
大塚範一「こんなにうしろ? また、切れちゃうよ」
木村太郎「まあまあ、オレはこのポジションで十分だけどね」
須田哲夫「ずいぶんがんばっているつもりだけどなあ」


本人の許諾は得てませんが。ハハハ。
by toruiwa2010 | 2014-09-14 09:23 | 自薦・厳選300? | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。