ブログトップ | ログイン

岩佐徹のOFF-MIKE

toruiwa.exblog.jp

実況、ドラマなど放送全般、映画、スポーツ全般、 旅、食、友 etc

るろうに剣心にリベンジ!プロミスト・舞妓・リスボン~14/09/19

d0164636_9581672.jpg
「プロミスト・ランド」85

スティーブ(マット・デイモン)は天然ガスの発掘で巨額の収益を上げる大企業で役員からも
目をかけられる存在だった。調査の結果、ガスの埋蔵が有望だと分かった地方に行って、
土地所有者から採掘許可のサインを得るのが仕事だが、彼は誰よりも早く、誰よりも安く
契約にこぎつけるのだ。

同僚のスーとともにペンシルバニアの田舎町にやって来た彼は、ここでも地主たちとの
契約交渉をスムーズに進めて行った。
順調な個別契約と並行して町全体の協力を得るための交渉も必要だった。
町民の集会で「大金が落ちる。貧しい町を救える」と説明するスティーブに対して高校の
教師だと名乗る老人が立ち上がって反対意見を語り始めた。理路整然と問題点を指摘する
老人は明らかに手ごわい相手だった。
会社からホテルに届いた調査メモによれば、彼はMIT(マサチューセッツ工科大学)出身の
元エンジニアだった。手ごわいわけだ…
d0164636_958393.jpg
“大企業vs公害”的な構図の作品はアメリカ映画に多いですね。
どうしても、あくどい企業に対して騙される気の毒な住民…しかし、その中から誰かが
敢然と立ち上がる、または、企業側に“良心”に目覚める人物が現れるという図式ですが、
この映画は両方を備えた物語になっています。ありがちすぎでしらける部分はあるものの、
意表をつかれる“オチ”が用意されていて、最終的なあと味は悪くありません。

デイモンはいつも通りしっかりした演技を見せます。町の酒場で知り合って恋に落ちる
女性役のローズマリー・デューイットが地味ですが、美しいと思いました。なによりも、
手ごわい老人を演じるハル・ホルブルックが渋くてかっこよかったです。


「リスボンに誘われて」80

09/12のツイート

映画「リスボンに誘われて」を見てきた。
楽しみにしていた作品だ。
妻は90点だというが採点が甘い私でも80点だ。
題名と宣伝に惑わされてロマンチックな物語だと
勝手に思っていたのが失敗だった。
その先入観がなければあと5点はプラスされる
かもしれない。


スイスの古都・ベルンの大学で教鞭をとるライムントがある雨の朝、橋を通りかかると
赤いコートを着た若い女が欄干に上って川面を見下ろしていた。
間一髪で危機を救ったライムントは彼女を連れて教室に行くが、授業が始まると彼女は
姿を消してしまった。

残されたコートのポケットには一冊の古い本が入っていた。
彼は本を手に書店に駆け込んだ。店主はその本を買った女性を覚えていた。会話の途中、
本の間から1枚の紙が床に落ちた。リスボン行きの夜行列車の切符だった。
15分後に発車と知ったライムントはすぐに駅に駆け付けるが、彼女を見つけられないまま、
列車は動き出した。何かに駆り立てられるように彼は列車に飛び乗った…
d0164636_959416.jpg
この映画を見ることに決めた理由はいくつかあります。
まず、タイトルに惹かれました。こういうのに弱いんです。ハハハ。
二つ目は、タイトルからの連想や、数か月前にもらったチラシを読んでも予告編を見ても、
リスボンを舞台にして、主人公の中年男と現地の女性の間に恋が生まれるロマンチックな
物語だと思い込んで“しまった”ことです。

そして、三つ目…これが一番のモチベーションになったかもしれません。
ポルトガルの首都・リスボンは2000年(テニス:マスターズ・カップ)と2004年(サッカー:
ユーロ)に訪れた懐かしい街です。とくに2004年は3週間近く滞在しました。チラシに
載っていた写真や予告編には記憶の片隅にある街角が写っていて「これは見なければ」と
なったのです。ハハハ。

リスボンの街の風景は記憶の中のものとぴったり一致しましたが、その街に着いてからの
ストーリーの展開が全く予想外で、頭の中を整理するのに時間がかかりました。
ライムント役のジェレミー・アイアンズが好きで、余計な先入観を持っていなかった妻が
全体を素直に受け入れえたのに対して、勝手な予測をしていた私の点数が低くなったのは
仕方がないのだと思います。
結論…恋物語だと思って見に行かなければ十分に楽しめるでしょう。ハハハ。

リスボンで知り合う地元の女性、マリアナに扮するマルティナ・ゲデックが魅力的です。
「プロミスト…」のデューイットや彼女のような、“いわゆるハリウッド女優”とは違う
美しさを持った女優に出会うと儲けた気分になりますね。

原題は「Night Train to Lisbon」(「リスボン行き夜行列車」)です。


「舞妓はレディ」85

09/15のツイート

「舞妓はレディ」を見た。ミュージカル仕立てに
なっているとはつゆ知らず。ハハハ。
序盤は、こりゃダメだと思いながら見ていたが、
後半はぐっと評価が上がった。楽しめた。
周防正行…お主、やるもんだなあ。 ハハハ。


京都・下八軒町の茶屋・万寿楽(ばんすらく)にある夜、一人の少女(上白石百音)が現れた。
鹿児島と津軽の訛りが強い言葉で「舞妓になりたい」と言うのだった。女将(富司純子)は
取り合わなかった。「どこの誰だかわからん娘さんを預かるわけにはいかしまへん」…
d0164636_9592020.jpg
ま、映画ですから、なんだかんだあっても少女は“仕込み”として修業を始めるのですが、
舞妓志願の場で少女がいきなり歌いだしたときには仰天しました。予告編も見ていたのに
ミュージカル仕立ての作品とは全く考えていなかったのです。ハハハ。
苦手なジャンルですから、初めは“拒絶反応”が起きましたが、少しずつ違和感は薄れて、
後半は“心ならずも”惹きこまれてしまいました。周防監督のうまさ、ということか。

上七軒は有名ですが、下八軒は架空の花街(かがい)でしょう。
埼玉に作ったというオープンセットが書き割りっぽくて“ちゃっちいな”、と感じたのは
私だけでしょうか?ミュージカルがウソっぽいのだからこれでいいということですかね。

若いころ大阪に5年住んだとは言っても正しい京都弁を知っているわけではありませんが、
“関西弁”のくくりで安心して聞けるのは富司純子、岸部一徳、田畑智子…です。
主演の上白石…、がんばってますが、この一作だけでは何とも言えません。

“ワンカット”出演の彦摩呂に笑えました。素晴らしいキャスティングですね。


「るろうに剣心 伝説の最期編」85

09/18のツイート

映画「るろうに剣心 伝説の最期編」を見た。
京都大火編(75点)で懲りたはずだが、
“リベンジ”したかったのだ。ハハハ。見てよかった。
単純に前作を上回ったのか、前作で免疫・下地が
できていたからか分からないがはるかによかった。
85点としておく。


浜辺に打ち上げられたところを助けられて深く眠り続ける剣心(佐藤健)が夢を見ていた。
少年のころの自分が荒れ地に穴を掘っていた。周りに転がる死体を埋める墓穴だ。
人買いも野盗も彼にとっては同じだった。死ねばみな同じ骸(むくろ)だ。

彼を助けたのは、少年だった彼に剣術を指南した比古清十郎(福山雅治)だった。
3日の眠りから覚めた剣心は師に奥義の伝授を乞うた。志々雄(藤原竜也)を倒すために…
d0164636_9594274.jpg
何でしょうね?
前作との間隔が短いこともあって、本作は妙に気になっていました。
「もう見なくていいんじゃないか」と「何がダメだったかを確認するために見ようか」が
“せめぎ合った”結果、でかけたわけです。ハハハ。

たぶん、“免疫”のせいだと思いますが、すんなりと物語に溶け込めました。
こういう映画はごちゃごちゃ言わずに楽しめばいいのだと思い知りました。

このシリーズは佐藤の代表作になるのでしょう。
しかし、“伝説の最期”に限って言えば、前半は完全に福山がさらってますね。

85 プロミスト・ランド 少し採点が甘いかなあ…自覚はあるがデイモンが好きなので
80 リスボンに誘われて タイトルと“リスボン”に誘われて すっかりだまされた
85 舞妓はレディ ミュージカルは守備範囲外だが違和感はやがて消えた 監督の手腕?
85 るろうに剣心 妙に気になって見に行った “リベンジ”は成功した ハハハ
80 イヴ・サンローラン 偏見はないつもりだがホモセクシャリティがダメだった
?? 365日のシンプルライフ 珍しいフィンランド映画だが理解不能 20分で退場した
by toruiwa2010 | 2014-09-19 10:00 | 映画が好き | Comments(6)
Commented by ひろ☆はっぴ at 2014-09-19 10:21 x
るろうに剣心のロケは我が街にある世界遺産のお城の隣にある日本庭園で撮影されました。その撮影のための着付けと結髪の場所として、私の仕事場であるホテルの一室を使って頂きました。さらに佐藤健は、大河ドラマで黒田長政を好演中…とまぁ、何かと我が街と関わりがあるのでございます。
Commented by イレザー・シート at 2014-09-19 12:31 x
「舞子はレディ」
岩佐はん、京都弁なんてあらしません、京ことばどす。
間違えたらあきまへん。
Commented by toruiwa2010 at 2014-09-19 13:01
イレザー・シートさんこんにちは。
あれまあ、はずかしおす。
Commented by toruiwa2010 at 2014-09-19 14:59
ひろ☆はっぴサン、こんにちは。

長政を演じているのは松坂桃李違いますノン?
間違えたらあきまへん。…て言われてしまった。
ハハハ。
Commented by ひろ☆はっぴ at 2014-09-19 15:14 x
ご指摘の通りでしたm(__)m
庭園のお話を伝えたいだけでしたが、余計な勘違いが加わってしまいました。お詫びして訂正いたします。結城思聞師のお寺で清めてもらったほうがいいかもしれません…。
Commented by toruiwa2010 at 2014-09-19 15:52
ひろ☆はっぴサン、姫路の坊主には
近づかない方が…
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。