ブログトップ | ログイン

岩佐徹のOFF-MIKE

toruiwa.exblog.jp

実況、ドラマなど放送全般、映画、スポーツ全般、 旅、食、友 etc

自薦・厳選300? 私も入れてもらえます? 14/09/20

d0164636_8463552.jpg
1903「オール・スター・チーム」08/06/18

最後の打者、代打のカヤスポを空振り三振に討ち取ったジョン・レスターはキャッチャー、
バリテクの腕に飛び込みました。今シーズン、メジャー初のノーヒッター達成の瞬間です。
2006年8月に悪性リンパ腫(ガンの一種)と診断されましたが、闘病の末にこれを克服し、
去年の7月に復帰後4勝を挙げ、ワールド・シリーズでも活躍したレスターがまた快挙を
成し遂げたのです。
d0164636_8465745.jpg
MLBには、レスターのように、ガンに打ち克って、活躍を続ける選手が少なくありません。
ヤフーのスポーツ・ブログで興味深いエントリーを見つけました。
過去も含めて、レスターに似たケースの選手を集めてみると、なかなかいい“チーム”が
出来るというのです。

1番 センター:ブレット・バトラー
1996年、のどのガンを克服した彼はドジャースの先発メンバーとして勝利に貢献した

2番 ショート:マーク・ロレッタ
2004年に皮膚がんと診断された彼は、その年のオール・スター・ゲームに出場し、36歳の
現在もヒューストン・アストロズの一員として活躍している

3番 レフト:エリック・デービス
1997年、ドクターたちは、彼の結腸に野球ボールほどの大きさの腫瘍を見つけた!
しかし、翌年には復帰して生涯最多安打(148)と最高打率(.327)をマークした

4番 ライト:ダリル・ストロベリー
1998年に大腸ガンから復帰したストロベリーは、24ホーマーを放つなど、ワールド・
チャンピオン、ヤンキースの一員として活躍したが、もう一つの悪魔(コカインなど)には
勝てなかった
d0164636_8471188.jpg
5番 ファースト:アンドレス・ガララーガ
1996年からの3年間に47-41-44本塁打 150-141-120打点をマークし、選手としての
ピークを迎えていたガララーガを“非ホジキンリンパ腫”というガンが襲ったのは直後の
1999年だった。1年間を治療に専念したあと2000年にはグラウンドに戻った彼は.320‐
28本塁打‐100打点と活躍した

6番 指名打者:ジョン・クルック
フィリーズでプレーしていた1994年、牽制球の直撃を受けて精巣ガンになり、右の睾丸を
摘出したクルックは、治療によって回復した。
翌年はホワイトソックスに移籍した彼のTシャツにはこう書かれていた。
前の部分には“オレをプレーさせなかったら…”、うしろには“自分のタマを持って家に
帰っちゃうぞ”!

7番 サード:マイク・ロウエル
1999年に精巣ガンをわずらったロウエルはプレーを続け、マーリンズとレッドソックスで
ワールド・チャンピオンになり、去年はシリーズのMVPにもなった
オール・スター・ゲームにも4回選出されている

8番 キャッチャー:エリ・マレロ
1998年、甲状腺がんにかかった。10年間(1997-2006年)の選手生活でカージナルスなど
6球団を渡り歩き66ホーマーを記録した

9番 セカンド:マイク・ガレゴ
1983年に精巣ガンと診断されたときには死の恐怖を味わったガレゴだったが、2006年まで
メジャーでプレーし、今は、コロラド・ロッキーズの3塁ベース・コーチをつとめている。

先発投手:デーブ・ドラベッキー
1989年8月15日、モントリオールのオリンピック・スタジアムでティム・レインズに
投じた1球が彼のメジャー最後の投球になった。投げた瞬間に骨折したのだ!
左腕の三角筋の半分をガンのために失い、数日前に復帰したばかりだった。

先発投手:ジョン・レスター
「どちらがいいかなんて言えないよ。ワールド・シリーズはワールド・シリーズだもの。
優勝したことがあるって言えるのは何人いる? そして、ノー・ヒットはノー・ヒットさ。
ノーヒットをやったと言えるのは何人いるのかな?」
d0164636_8472895.jpg
先発投手:ダグ・デービス
2004からの4シーズン、ブリュワースとダイヤモンドバックスでローテーションを守って
2桁勝利を挙げたデービスだったが、今年3月末に甲状腺ガンと診断された。 
彼は監督にガンであることを告げたとき、手術の日までローテーションにとどまりたいと
申し入れ、その通りにした!(4/8 6回を投げて勝ち投手)
そのまま、病院に直行した彼は手術を受け、ちょうど1ヵ月半後の5月23日には復帰を
果たしている。

救援投手:スコット・ラディンスキー

ホジキン病に悩まされながらメジャーで11シーズンを過ごし、今は3Aのバッファロー・
バイソンズでピッチング・コーチをつとめている。

監督:ジョー・トーリ
1999年、ドクターが前立腺ガンをみつけた。

コーチ:ダスティー・ベーカー
前立腺ガンが見つかったのは2001年のワールド・シリーズ出場を決める前だった。

コミッショナー:バド・セリグ
2004年におでこの皮膚ガンを除去。


…コミッショナーまで引っ張り込みましたか。
ついでですから、もう一人追加しておきましょう。

実況:岩佐 徹
2004年2月に前立腺ガンが発見されたが、ホルモン投与で進行を遅らせ、手術を10月に
延ばし、全仏テニス、ユーロ2004、全米テニスなど予定されていた仕事をすべてこなした。

おあとがよろしいようで。ハハハ。
d0164636_8474622.jpg

by toruiwa2010 | 2014-09-20 08:49 | 自薦・厳選300? | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。