ブログトップ | ログイン

岩佐徹のOFF-MIKE

toruiwa.exblog.jp

実況、ドラマなど放送全般、映画、スポーツ全般、 旅、食、友 etc

逸ノ城・生野アナ・岸本哲也~ツイート:あれやこれや~14/09/30

d0164636_9481044.jpg
逸ノ城:白鵬を脅かす

09/25のツイート

両国国技館前。
薄日がさしたとき、家を出た。
まだ、十両の土俵入り前だ。

d0164636_9482049.jpg
2012年の初場所から、東京で相撲があるとき、国技館に出かけるようになりました。
年に3回の楽しみです。相撲の雰囲気を楽しむのが目的ですから2階のいす席で十分です。
枡席に座ったこともありますが、料金は高いし、腰やひざの負担がハンパじゃありません。
ハッキリ言ってよほど土俵に近くない限り、テレビの方が細かいところがよく見えます。
スローだってあるし。ハハハ。

人気が戻ったせいか、チケットがとりにくくなっているので早々と12日目を抑えました。
…なんと!台風が接近してくるじゃありませんか。ハハハ。
大けがから復活した十両・栃の心の全勝が続くのか、旭天鵬は勝ち越せるのか…見たいし、
豪栄道x逸ノ城、白鵬x稀勢の里も見たいのに。
いつもは十両の取組みの半ばごろ着くようにしているのですが、この日は午後1時ごろ、
薄日が差した瞬間に家を出ました。結びの一番が終わるころに激しく降るという予報が
ありましたが、「そのときはそのとき」と腹を決めて。ハハハ。

相撲を楽しんだあと、いつもなら渋谷までもどって食事をするのですが、この日は妻が
「琴欧州お勧めのお肉屋さんがあったわね」と言うので調べた結果見つけたステーキ・
ハウスに行くことにしました。
国技館を出ると予報通り雨がばしゃばしゃ降っていましたが、店は目と鼻の先です。

…値段の割に“残念”でした。我が家的には…ですから店名も出しません。
琴欧州は好きなようですから、彼のファンは行ってあげてください。ハハハ。

豪栄道が大関に昇進し、逸ノ城という“けた外れ”の怪物が現れた9月場所は最近にない
盛り上がりを見せました。
白鵬が鶴竜を下して決定戦にはもつれ込みませんでした。二人目の横綱は4敗、3大関は
9—6がひとり、8-7が二人という“体たらく”の場所を救ったのが新入幕の力士でしたが、
最終的に白鵬の優勝でよかったと思います。
賜杯を争うのが当たり前とされる白鵬…、いつもの場所なら“相手”は横綱か大関ですが、
今場所は新入幕力士でしたから平常心を保つのは難しかったはずです。きっちり投げて
貫禄を示したのはさすがでした。
d0164636_9484277.jpg
逸ノ城は1横綱と2大関を下しましたが、稀勢の里と鶴竜に対して立ち合いの変化をして
好角家をしらけさせました。私も、“大器”は間違いないし、将来のある力士なんだから
そんなことするなよ…と思う一方、鶴竜戦の変化について「初めから考えていました」と
あっけらかんと答える彼を見て、「そうか、それじゃしょうがないなあ」と思わず納得して
しまう自分がいたりします。不思議な力士ですね。ハハハ。

千秋楽、逸ノ城の話の流れで、アナが「結びで白鵬が不覚をとると」と言いました。
横綱が横綱に負けることを“不覚”と言うのはどうなんだろう…と反射的に思いました。
辞書には“油断や不注意で失敗すること”と出ていますから、間違いではないのでしょう。
しかし、この言葉は“上位者、格上が”というニュアンスで使われることが多いですから、
鶴竜のファンは不快だったかもしれません。鶴竜だって横綱ですもの。ハハハ。


No1リポーター

09/25のツイート

“エース”という扱いなのか、もともとの予定だったのか、
昨日は長崎から台風関係のリポートをしていた岸本哲也が
今朝は神戸にいる。
自分で取材する範囲は限られる。記者からのフィードを
整理して伝えるのはなかなか大変だ。この人はうまい。

d0164636_9485833.jpg
…26日には東京のスタジオにいたかと思えば、月曜日の朝は御嶽山から中継していました。
前夜のうちに現地に入ったのでしょう。
テレビ・リポーターの忙しさは想像を絶するものがあります。新聞記者は政治・経済・
社会・文化・芸能・科学…と専門が分かれていますが、彼らは“何でも屋”でなければ
つとまりません。

私もフジテレビで「3時のあなた」というワイドショーにかかわったとき、事件・事故の
リポートをやったことがありますが、今のリポーターたちの負担とは比べられません。
わずかな経験から言えば、じっくり、自分で取材する時間などないはずです。現地に入り、
半日、1日前から取材している記者からレクチャーを受け、それを整理し文章を組み立てて
カメラの前に立つのです。伝える能力だけでなく、理解力、整理する力、文章にする力が
求められます。すべてを備えたリポーターは滅多にいません。

業界を見渡してみても、フジテレビ「とくダネ」の岸本リポーターは見事です。
私は同業先輩の目で見た評価をしていますが、視聴者の間でも支持は高いようです。
3年半前に書いた「業界No1のリポーター…~岸本哲也を知っているか?~」には今でも
検索で訪れた人がときどきコメントを寄せています。きわめて珍しい例です。
( http://bit.ly/eWqRYW )

2週間ほど前、朝日新聞朝刊のラ・テ欄の囲み記事に取り上げられていましたが、上っ面を
なでただけのものでした。「1回で済ませるな」と突っ込みました。ハハハ。
もう少し、大きな仕事をやらせてみたいと思うのですが、その気配はありません。
制作・編成関係者はどこを見ているんでしょうかね。所詮、リポーターじゃないか…と
思っているなら大馬鹿者です。


生野アナ:畑違い…?

生野陽子が「めざまし」を“卒業”する。
画面でしか知らないが、性格のいい子みたいだ。
特に「ぶらサタ」の彼女はいい。
ニュースでどこまで頑張れるか?
「勉強していた」と三宅が言っていた。
「プライムニュース」の島田についても
同じことを聞いた。成果を見せてほしい。


昨日の登板“初日”、生野は御嶽山にいました。
“動き”のある環境でデビューさせようという意図があったのでしょうが、見る者にも
伝わるような緊張した表情で登場していました。顔に出るタイプだからなあ。
ニュースを伝えるより人と触れ合うことの方が向いているようですから、外に出すのは
正解でしょうが、御嶽山…編集者の判断に疑問を持ちますね。
d0164636_9491977.jpg
「めざまし」→「スーパーニュース」への”異動”は意外でしたが、決して本人の意志を
無視したものではないはずです。希望したかどうかは別にして、それなりの”覚悟”が
あったのでしょうから、移った以上、そこで結果を出さないといけません。

周辺から漏れてくる話を聞くと「スーパーニュース」のキャストに入るのは“名誉”では
あるものの、プレッシャーやストレスは半端じゃないようです。
「ぶらサタ」を降板するという情報はないようですが、彼女の良さを生かすことを考えて
ほしいですね。アナウンサーも、最後は“人柄”が勝負です。彼女は優秀かどうかの前に
女性としての好ましさがあります。その点、私ははっきりと“ダメ”でしたが。ハハハ。


家から出るなとは言わないけどね

09/26のツイート

目下リハビリ中のメッツのエース・ハーベイが
ジーターの最後のピンストライプ姿を見るため?
ヤンキースタジアムにいたそうだ。
ま、チームはワシントンに遠征中だけどね。

d0164636_9493389.jpg
ハーベイは去年のオフにひじの手術を受けて今シーズンは全休の選手です。
ニックス(NBA)のキャップをかぶっていますし、単純にニューヨークが好きなんでしょうが、
この写真が新聞に載ってから、彼はネットで叩かれていました。

思い出したのは、“前田山事件”です。
横綱だった前田山は病気を理由に休場していたのに、後楽園球場で野球を見ている写真を
撮られてしまいました! 大騒ぎになって、そのまま引退を余儀なくされました。
私が小学生でしたから60年以上も前の話です。確か、朝青龍が騒ぎを起こしたときにも
このエピソードは出ていたような気がします。地下の前田山には迷惑な話ですね。ハハハ。
by toruiwa2010 | 2014-09-30 09:52 | 岩佐徹的考察 | Comments(6)
Commented by BBB at 2014-09-30 16:47 x
岩佐さんこんばんわ。
逸ノ城ですが遊牧民時代は逃げそうになった馬をけたぐりで倒していたり
してたそうなので、相撲でも本能で動いてしまうのかなと。
馬相手に正面からぶつかる訳にもいかないでしょうから。
その辺の話からしても日本人からは生まれそうにないスケールを
感じさせる力士だなと。
Commented by toruiwa2010 at 2014-09-30 16:52
BBBさん、こんばんは。

逃げそうになった馬をけたぐりで倒して…

ハハハ。
”逸話”というのはそういうものですが、
相当割り引いて聞かないとね。
スケールが大きい力士であることは
間違いないですが。
Commented at 2014-09-30 18:50 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by toruiwa2010 at 2014-09-30 20:36
肥後…さん、こんばんは。

??という部分もありますが、
同意できる点が多いです。
Commented by eita3 at 2014-10-02 09:36 x
岩佐さん、おはようございます。

先日のがんばった大賞を録画で昨日見たのですが、生野アナはバラエティ最後だとか聞こえました。確かにスーパーニュースの担当になるようですが、それは報道に異動ということ?アナウンス部ならたまにはバラエティも担当するのではと思いますが、真面目なニュースを伝えるのが主な役割になるからバラエティは控えるということなのでしょうかね。

ちなみに最近の若い子ではミタパン、宮沢智アナ、あとめざましに出てる名前忘れた子…が好みです。どーでもいいですね、失礼しました。
Commented by toruiwa2010 at 2014-10-02 09:58
eita3さん、異動…でも所属部署が
変わるわけではありません。
バラエティは、やりにくいですね。
次回の「ぶらサタ」には出るようですが、
来月からどうなるのか・・・
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。