ブログトップ | ログイン

岩佐徹のOFF-MIKE

toruiwa.exblog.jp

実況、ドラマなど放送全般、映画、スポーツ全般、 旅、食、友 etc

FLASH & ゲンダイ~ジャーナリズムの発想?~14/10/10

d0164636_93417.jpg
岩佐さま
はじめまして。光文社FLASH編集部のTと申します。
連絡先がわからず、こちらにコメントさせていただきます。
本誌FLASHでは、「フジテレビ 再生への提言」を
軸にした企画を作りたいと思っています。
そこで、岩佐徹さんにご相談があります。
元フジテレビアナウンサーのHさんとの対談というのは
いかがでしょうか?詳細については、ご相談できればと
思っています。まずは、ご連絡いただければ幸いです。
よろしくお願いします。

光文社フラッシュ編集部 TY

d0164636_933390.jpg
例の炎上騒ぎの余韻が収まりきらない8月26日に書いた記事、“How to 卵かけごはん?
~and 目玉焼きの黄身いつつぶす?~に、こんなコメントがカギ付きで書き込まれました。
すでに一介の老人ですから連絡先が分からないのでしょう。このブログを開設してから
取材の申し込みがコメント欄に書き込まれることは珍しくありません。

H(コメントではもちろん本名)はフジテレビの後輩アナです。2年ほど前だったでしょうか、
NY支局勤務中に滞在費の不正使用?で日本に呼び戻され、その後退職しました。かなり、
話題になりましたからご記憶の中にあるでしょう。幸か不幸か、私は面識がありません。

そのころの私は、何を言っても“突っ込まれて”いて、「FNS歌の夏まつり」について
思い出話のついでに「データがかなり怪しかった」と書いたところ、スポーツ紙などに
“今度は古巣のフジテレビの批判”とやられていました。40年前の話だと断ってるのに!
同じころ、Hが彼のブログで“岩佐を称賛した”とネットに出ていました。“75歳の岩佐が
ツイッターを使いこなしているのはすごい”的なことを言ったに過ぎないのですがね。
読解力不足。ハハハ。
d0164636_94698.jpg
おそらく、T氏は“そんなこんな”をつなぎ合わせて、この二人に古巣の悪口を言わせたら
2,3ページいけるんじゃないかと考えたのでしょう。引っかかるかそんな策略に!

某出版社・Tさん、
ご提案いただいた件ですが、
お受けすることはできません。
今の私はテーマが何であれ、
何かを言えば、それが新しい
ネタになりかねないからです。
ご了承ください。


…一件落着しました。企画がどうなったのか知りません。ほかの人で実現したとすれば
私の代わりにいったい誰が“ひっかかった”のか知りたいです。ハハハ。


そうかと思えば、7月下旬、やはりカギ付きでこんな書き込みがありました。

岩佐徹様 お世話になっております。
日刊ゲンダイの萩原と申します。 岩佐徹さんのインタビューを
お願いいたしたくご連絡させていただきました。
夕刊紙「日刊ゲンダイ」の「あの人は今こうしている」という
コーナーのインタビューです。
インタビュー内容としては、岩佐さんの今のお仕事と、ブログで
書かれているようなお話等を伺えたらと思っております。
下記のメールアドレスまでご連絡ください。
取材は約1時間で、簡単な写真撮影とお話をお願いいたします。
取材の日時、場所は岩佐徹さんのご都合でかまいません。
どうぞよろしくお願いいたします。 日刊ゲンダイ HM


…「年金生活者の私でネタになるなら…」と引き受け、7月31日に築地の同社を訪れて
取材を受けまました。
掲載日が決まったら連絡すると言っていたのですが、1週間たち2週間たっても音沙汰が
ありませんでした。その間に、“炎上”が発生していました。1ヶ月近く経過したときに
問い合わせました。“その後、当方にもいろいろあったので掲載見合わせになったのなら
それでもかまわないので知らせてほしい”と。ハハハ。

単純に、たくさん取材しているので順番待ちになっているのだと分かりました。
掲載されたのが2ヶ月以上たったおととい、10月8日だったのです。
渋谷に出かけた帰りに売店で一部手に入れました。
d0164636_95518.jpg
夏の甲子園で炎上した元フジテレビの看板スポーツアナの岩佐徹さん。
古巣のフジテレビは面白くない番組が多いと断じ
返す刀で有名スポーツアナウンサーをメッタ斬りした


電車の中で広げたとき、かなり激しい言葉で見出しが目に飛び込んできて少々焦りました。
なんたって、昔、えらい目にあわされた“あの”ゲンダイですから。ハハハ。
( bit.ly/1bIrD2C 参照 )

さいわい、ツイートに書いた通り、内容は見出しほど過激ではありませんでした。
炎上騒ぎは取材後でしたが、メールで追加取材を受け、記事の中に書き込まれています。
あまりセンセーショナルな書き方になっていなくてホッとしました。覚悟していましたが。
ハハハ。

↓数日後、ここにアップされることもあるようです。興味があったらどうぞ。
http://bit.ly/1xvhm7e

掲載紙が3部、郵送されてきました。何の添え書きもなく。
取材のときに撮った写真を送ってくれる約束は忘れられています。
どっちにしても、7月末に撮ったから季節感のない半袖だし。
なにかと、ゲンダイらしいなあ。ハハハ。

by toruiwa2010 | 2014-10-10 09:07 | 岩佐徹的考察 | Comments(4)
Commented by S_NISHIKAWA at 2014-10-10 12:29 x
岩佐さん、こんにちは。
H氏との対談、お受けにならなくてよかったです。
このところ、twitterやfacebookなどで拡散されてるH氏の発言を読んでいますと、「ないこと・なかったこと」もかなり数多く「あること・あったこと」のように発言されています。
そのような土俵におあがりにならなくてよかったです。
Commented by toruiwa2010 at 2014-10-10 13:35
S_NISHIKAWAさん、こんにちは。

危機管理能力はそれなりに。ハハハ。
Commented by Yumi at 2014-10-13 06:46 x
記事、是非拝読したいのですが、iPadで拡大しても少し見辛いので、ネット版記事になるといいです。私も対談でなくて良かったと思います。

スポーツの話は、「アナが見たスポーツの昭和史」みたいな本にされても面白いと思います。
Commented by toruiwa2010 at 2014-10-13 07:24
Yumiサン、おはようございます。

記事は読んでもらうほどのものでは
ありませんが、コピーしてDMで送ってみました。

ブログを書くのもつらくなってきました。
今から本を書く元気はありません。ハハハ。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。