ブログトップ | ログイン

岩佐徹のOFF-MIKE

toruiwa.exblog.jp

実況、ドラマなど放送全般、映画、スポーツ全般、 旅、食、友 etc

とんだおじゃま虫~ネット裏の目ざわりな男~14/10/29

d0164636_164431.jpg
ワールド・シリーズのネット裏に派手なオレンジ色の
マーリンズのユニフォームを着た男が映っている。
この男、多くのスポーツ・シーンで目立つところにいて
テレビ画面に登場する。
今行われているワールド・シリーズでも…

病理医(以前の肩書は慶大准教授だったが)で宇宙飛行士のご主人、向井万起男氏が
朝日新聞夕刊のコラムにそんなことを書いていました。
各局の天気予報などでピースサインをしてカメラに映りたがる一般人とは少し違います。
彼は高いチケット代を払っています。ハハハ。
d0164636_164281.jpg
MLBの中継で現地を訪れていた1980年前後の球場でしばしば見かけたのはこの男です。
その名も“レインボー・マン”。
そのころ、衛星中継のワールド・シリーズやスーパー・ボウル、NBAプレーオフのような
スポーツのビッグ・イベントなどで特徴のあるこのヘアスタイルを見た人は多いはずです。
テレビ局にとってははなはだ迷惑な存在でした。
目立ちすぎてせっかくのビッグ・ゲームから主役の座を奪ってしまうからです。どこで
チケットを手に入れるのか、必ず ネット裏など、目立つところに座るのです!
カメラはなんとか避けようとしますが、どうにもなりません。ハハハ。

彼がやったのは、それだけではありません。
意味の分からないことを書いたTシャツを着たり、カードを掲げたりするのです。
書かれているのは…「John 3:16」。
本人の話を信じるなら、1984年サラエボ・オリンピックのときもこのカードを掲げた彼は
“スパイ”の疑いで当局から追い回されたそうです!何かの暗号と思われたという話です。
言葉の意味が分からない(私には…)まま、時間が過ぎました。
アメリカにいるときに誰かに聞けばすぐ教えてくれたはずです。“有名人”でしたから。
d0164636_1644165.jpg
フジテレビでアナウンス部を離れて報道部にいたころ(1980年代半ば)、「もしかして」と
ひらめきました。“聖書”です。「Johnはヨハネのことではないか?」と思い当たったのが
突破口でした。そうなると「3:16」は「第3章16節」だろうと見当がつきます。
そこまで来ると、もう、それ以外考えられなくなりました。ハハハ。

その“結論”を得ても、100点満点の“正解”なのかどうかは分かりませんでしたが、
やがて、85点ぐらいの正解であることが分かりました。

「John 3:16」はレインボー・マンだけでなく、ビッグ・イベントではよく見かけました。
それがまた、実にいいポジションにいるのです。カメラがどの位置からどのアングルで
写すかを、憎たらしいほど知っているのです。“戦略家”なんです。ハハハ。

彼らが何を伝えたいのか…は分かりません。

神は、実に、そのひとり子をお与えになったほどに、
世を愛された。それは御子を信じる者が、ひとりとして
滅びることなく、永遠のいのちを持つためである。

ネットには“ヨハネの福音書3章16節は「聖書中の聖書」と呼ばれる”と書かれています。
“宗教がらみ”の話はオーバーなほど慎重でなければいけないと思っています。
この言葉の解釈や「それを読みなさい」と世界にアピールする彼らが、この言葉によって
何を伝えたいのかは深追いしませんでした。しらべても、信仰心を持たない私のような
“ゲス野郎”にはきっと理解できないと思います。
「ズルイ」と言われそうですが、各自、お考え下さい。ハハハ。

なお、レインボー・マンですが、一時はCMに起用されたり、漫画「スヌーピー」にも
描かれたりするなど、ある種の人気者になった時期もあるものの、80年代終盤あたりから
彼の人生は“下降線”を描きます。
1992年に、武装してホテルのメイドを人質にして立てこもった事件で逮捕・裁判ののち
“終身刑x3回”という重い判決を受け、今も(たぶん)ロサンゼルスの刑務所暮らしです。
d0164636_1645728.jpg
さて、“Marlins Man”(工夫なさすぎ!)と呼ばれている男の名前はローレンス・レビー。
マイアミ在住の弁護士です。
なるほど、稼ぎがいいんだ…と思いましたが、彼の出費は半端じゃないようです。
これまで観戦した Super Bowlは27回、NBAのプレーオフは200試合以上、ワールド・
シリーズは85試合も見ている上にサラブレッドを100頭以上所有しているそうです。

仕事はPCなどを使って旅先からちゃんとやっているようですが、チケット代や旅費を
考えると気が遠くなるような金額になっていることでしょう。「妻も子供もいないから」と
言っているらしいですが。
チケットは販売サイト?StubHubで購入しています。いい席を手に入れたブローカーから
電話がかかってくることもあるそうです。ハハハ。

センターからのカメラがバッテリーとバッターをとらえると必ず映り込んでしまいます。
「ロイヤルズのオーナーは私が気になって仕方がないみたいだね。席を移ってほしい。
よかったらスイートを用意する。それがダメなら、せめてロイヤルズのジャケットを
上に着てほしいと言われたよ」と話しています。この話をチームは否定していますが、
29年ぶりのWSチャンピオンを目指すロイヤルズにとって“目障り”なことは確かですね。
ハハハ。
by toruiwa2010 | 2014-10-29 05:28 | メジャー&野球全般 | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。