ブログトップ | ログイン

岩佐徹のOFF-MIKE

toruiwa.exblog.jp

実況、ドラマなど放送全般、映画、スポーツ全般、 旅、食、友 etc

スター不在のシーズン~どうなの ヨルタモリ?~14/11/04

d0164636_8413752.jpg
高橋も浅田もいないけど・・・

10/26のツイート

フィギュアスケート:高橋大輔も浅田真央&鈴木明子も
いないシーズンが始まっている。
3人の人気を頼りに放送してきたテレビにとっては
厳しいシーズンになるし、ファンの「我慢」も試される。
町田樹は絶好調のようだ。
トゥクタミシェワは体形がすっきりしたように見える。

d0164636_8415679.jpg
スター選手がいるかいないかでその競技の人気が定まるのは否定できません。
錦織圭が急激にランクを上げ始めるまで男子テニスは“日陰の存在”でしたからね。
松岡修造が孤軍奮闘していたころでも、ファンやメディアが関心を見せたのは伊達公子や
沢松奈生子を中心とする女子テニスだったことは記憶に新しいところです。
実力と人気を兼ね備えた選手がそろって引退したり休養に入ったりしている今シーズンは
フィギュアスケートの人気が本物かどうかを知るいい機会だと思います。

開幕早々、町田樹と無良崇人が連勝したことがいい効果を生むといいですね。
町田の「第九」…まずまずだったでしょうか。ベートーベンの楽曲を表現できていたか
どうかはまったく分かりませんが、コメントの出し方などを見ても彼は自分を表現する
術を心得ているのがパフォーマーとしての強みではないでしょうか。
d0164636_842237.gif
ただし、嫌味ではなく、高橋と町田・無良では“スター性”で大きな差があります。
浅田や鈴木の不在も加わって“にわか”だったファンが離れていく可能性は大です。
羽生結弦に“大人の男”の魅力が出てくるまで戻ってこないかもしれません。
フィギュアをスポーツとして純粋に楽しみたい人にはつらいシーズンになりそうです。

織田信成の解説には思わずニコニコしてしまいます。人柄というのは大事だと思います。
バラエティに出ているのを見ると、裏も表もなさそうで好感持てますね。言い間違いや
余計な言葉がまだ多いですが、慣れたらいい解説者になりそうです。
ただし、多くのフィギュア解説者がそうであるように、“選手寄り”のコメントばかりに
ならないでほしいです。あなたの口調なら、少々厳しいことを言っても、選手やファンに
きちんと聞き届けられると思います。
そして、さしでがましいですが、そのための勉強もしなければいけないのに、テレビに
出すぎじゃないかなあ?楽しい経験だろうし、家族を養うためでもあるのでしょうが。
ハハハ。


シンプル・イズ・ベストじゃね?

10/27のツイート

フジテレビ「ヨルタモリ」を見た。初回を見て
がっかりしたが、2回目は6.6から8.1%にアップした。
これはこの日のメインゲストが井上陽水だったからだろう。
せっかく、タモリ、宮沢りえ、陽水…豪華なメンバーを
そろえたのにつまらない作り方だと思った。もったいない!

d0164636_8425392.jpg
「いいとも」終了から半年、タモリがフジテレビの画面に戻りました。
りえとの共演するトークショーだと聞いて楽しみにしていたのですが、少々裏切られた
気分です。作り手が楽しんでいるのは分かりますが、凝ったつもりが、視聴者にはうまく
伝わっていないのではないでしょうか?

東京・湯島あたりに、なぜか日曜日の夜だけ開くバーがあって、ママがりえ…そこまでは
いいでしょう。
番組の途中から登場するタモリは大阪で工務店を経営する社長という触れ込みです。
このキャラ、必要かなあ。ハハハ。
たけしも熊五郎みたいなキャラづけでバラエティに出てきますが、別人格に扮することで
何を狙っているのかがよく分かりません。
少なくとも、私は「ひねらなくていいから普通にトークしてよ」と突っ込みました。
だって、彼らには、彼ら自身で十分に視聴者を楽しませるトーク力があるのですから。

“社長”はそのキャラでバーの客でもあるゲストと会話を始めますが、途中で必ず電話が
かかってきて席をはずします。すると“りえママ”は「見たい番組があるの」と言って
テレビをつけます。“世界音楽紀行”だったりショートコントだったり…です。もちろん、
登場するのはタモリ社長です。

1回目はフラメンコの歌、2回目は中国語のラップ、3回目はコントが2本でした。
“熱演”しています。しかし、1,2回目はそれほど面白くはありませんでした。そんなもの
なくていいからトークしなさい…と言いたいです。せっかく、井上陽水や上戸彩といった
豪華なゲストが来ているのに少しも生かされていません。
d0164636_843870.jpg
上戸彩が来店したおととい(3回目)は“社長”タモリだからこそ生まれるやり取りもあって
全体として、かなり面白かったですね。筆が鈍ります。ハハハ。
3連休の中日だったし、どんな数字が出るか楽しみです。
1,2回目、深夜にしてはいい視聴率でしたが、「すでに面白い」からではなく、“帰って来た”
タモリへの期待値が相当プラスされているのではないでしょうか?

フジテレビの社長はタモリについて「すべてのコーナーで別人格を演じていて、さらに
芸域を広げた。どこにもご本人が存在しない。頭が下がる」と称賛したとか。
先日、加藤綾子アナが「めざまし」の途中で体調を崩したときの新人・永島優美アナも
褒めていたというから、よほどこの社長は人を褒めるのが好きなんですね。ハハハ。


おまけ:東京秋天
d0164636_8482792.jpg

by toruiwa2010 | 2014-11-04 08:43 | 岩佐徹的考察 | Comments(3)
Commented by イレザー・シート at 2014-11-04 10:36 x
ハハハ”にわかせんべい”だ~、懐かしい。
九州の伯父さんの定番のお土産。
せんべいより一緒に入っているこのお面を兄弟と取り合っていったけな~。
スケート人気、さてさてどうなるんでしょうか?。
”にわかファン”は内股膏薬、くっ付いたり離れたりするものですからね。
その中からコアなファンになるのは、さてさてどれくらいでしょうか。
それも楽しみの一つです。
Commented by イレザー・シート at 2014-11-04 10:38 x
たいへん申し訳ありません<m(__)m>。
懐かしさのあまりに、朝の挨拶を書き忘れました。
「岩佐さん おはようございます」。
Commented by toruiwa2010 at 2014-11-04 10:42
イレザー・シートさん、こんにちは。

にわかつながり…分かってくれてありがとう。
前回、使ったときは完全にスルーされました。ハハハ。

羽生にたくましさが加わってきたら強いですね。
ただし、そのとき今の滑りができなくなったら
こまりますが。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。