ブログトップ | ログイン

岩佐徹のOFF-MIKE

toruiwa.exblog.jp

実況、ドラマなど放送全般、映画、スポーツ全般、 旅、食、友 etc

MLB日本人選手通信簿 3~田中・和田・青木・イチロー~14/11/14

d0164636_9352480.jpg
A+ 田中将大(楽天イーグルス→New York Yankees:1年目)
20試合 13勝5敗 136回1/3 防御率2.77 123安打(15HR) 21四球・141三振

d0164636_9114433.jpg
誰も予想しない形で球宴前に実質的な田中のMLB1年目のシーズンが終わりました。
残した数字は恥ずかしいものではありませんが、本人は納得していないでしょう。

本人もファンも、期待と不安が入り混じる中で1年目の開幕を迎えました。
オープン戦から4月いっぱいぐらいまで彼について記事が書かれるとき、あるいは放送で
触れられるとき、現地メディアの多くが“去年は日本で24勝0敗”、“獲得に155億円”を
Masahiro Tanakaの前につけていました。まるで、まくら言葉のように。ハハハ。
おまけにプレーするのが北海道や東北とは比べものにならない大都会・ニューヨークだし、
チームは歴史と伝統が半端じゃない名門の中の名門・ヤンキースだし…並みの神経なら
つぶれてもおかしくない大きなプレッシャーが襲いかかったと思いますが、田中は平然と
マウンドに立っていました。“大物”ですね。

開幕6連勝のあと、夏場に入るまではこれ以上ないほど順調でした。
“それなり”の力があるストレート、切れのいいスライダーと鋭いスプリッタ―があり、
しかも、制球力が“平均以上”ですから、打者も的が絞れず、戸惑ったのでしょう。
加えて、いい感じで援護点を取ってくれました。いい条件が整っていましたね。

ひじの故障と故障者リスト入りで輝かしかった田中の1年目が暗転しました。
“こじつけ”に聞こえるかもしれませんが、予兆は6月末のレッドソックス戦でナポリに
打たれたホームランでした。相手の“間抜け”発言はともかく、この日の最速、154キロを
ライトスタンド最前列に打ち込まれて呆然としていました。マッキャンのサインにたしか
2度、首を振ったあと、信じて投げた球を打たれたのですから無理もありません。
あの1球だけでなく、試合の流れ全体を見ていてイヤーな予感がしました。

続く2試合、13回2/3で19安打され、奪三振はわずか8個でした。
星勘定こそ1勝1敗でしたが、防御率は5.96…5月から6月にかけて5連勝した田中の
勢いはこのときすでに失われていたのかもしれません。

誰にとっても、田中の1年目は“消化不良”に終わりました。しかし、そうは言っても、
新人でこれだけの結果を残したのですから、前半については文句のつけようがありません。
問題は来シーズンですね。
9月に投げた2試合の内容をどう見ればいいのか、素人の私には分かりません。
しかし、まったく不安なく2015年を迎えられる…とは言えない気がします。
キャンプから開幕までを問題なく乗り切れても、中4日、5日で投げ続けたとき、ひじが
どう反応するのか? こう見えても“ペシミスト”の私は今から心配です。ハハハ。


B 和田毅(Chicago Cubs:実質1年目)
13試合 4勝4敗 69回1/3 防御率3.25 67安打(7HR) 19四死球・57三振

 
d0164636_9112484.jpg
和田の軌跡をたどると、よく頑張ったと思います。
MLB1年目はキャンプでいきなり故障し、何も出来ぬまま最終的にはTJ手術を受けました。
2年目も故障者リストで開幕を迎え、最後までMLBに昇格できずオフには自由契約に。
カブスとのマイナー契約で始まった3年目の今年、こつこつと実績を積み上げて7月に
待望のMLB初登板を実現しました。今年については“投げられた”という事実が大事で
数字はあまり関係ないのではないでしょうか。

開幕前には、33歳という年齢などを考えるとメジャーに昇格するチャンスはもうないかも
しれないと思っていました。ケガだけでなく、言葉も満足に通じない、ホークス時代とは
取り巻く環境もくらべものにならない中で、本人も弱気になりがちなところです。きっと、
「このままでは帰れない」という思いが強かったのでしょう。その精神力に脱帽です。

ただし、“手術後”であることを差し引いても「和田は6回・90球前後まで」で首脳陣の
評価が固まっている気がします。このままでは思うような投球ができないかもしれません。

来年は開幕からMLBに定着して10勝以上を目指してほしいものです。


A 青木宣親(Kansas City Royals:3年目)
132試合 .285(491-140) 出塁率.349 1HR43打点 43四球・49三振

d0164636_911371.jpg
球団が変わり、ケガもあってMLBで最低の132試合しか出られませんでした。
9月中旬の“4試合で16-13”という大爆発をふくめても、最終的な打率、出塁率、OPSは
MLBでの自己最低に終わりました。
ワールド・シリーズ出場はそれらを補って余りある快挙でしたが、結果は、あと一歩で
“世界王者”になり損ね、個人的にも、とても納得できるものではなかったでしょう。

14打数1安打は必ずしも彼の打撃内容を正確に反映していないと思います。気になるのは
第2戦の5回の打席が終わると交代を命じられ、3-5戦はベンチ・スタートになりました。
3,4戦、相手の先発が右投手だったにもかかわらずです。
監督は「球場の広さを考えて」と言ったらしいですが、翻訳すると「青木の守備力では
対応できないから」となるのではないでしょうか。
公式戦のときから、終盤に入るとベンチに下げられたり代走を送られたりする1,2番は
珍しいんじゃないかと思いながら見ていました。コンディションが十分じゃないから…
かもしれませんが、「でも、先発してるんだよね?」ということになりますね。

これは決して青木を貶めようとして書いているのではありません。
青木にはメジャーでも3割を打つ力があると期待しているだけに残念なんです。
普通、コンスタントに2割8分を打てる外野手は貴重なはずですが、監督の起用法からも、
“不満”が感じ取れます。

FAとして各球団の動向を見きわめているところですが、どういう球団がオファーするか
とても興味があります。要はスカウトが守備能力と走塁をどう評価するかだと思います。
青木にとって不運なのは、この段階になると、今年のプレーを基準に今の能力と将来への
期待をはかりにかけられることですね。もう一度、ひのき舞台に進めるようなチームから
オファーがあることを祈りましょう。


A イチロー(New York Yankees:通算14年目)
143試合  .284 (359-102) 出塁率.324 1HR 22打点 21四球・68三振

d0164636_912855.jpg
“打数359”…今年のイチローを象徴する数字だったような気がします。
ちょうど10年前には704打数でMLB1位でした。およそ半分です。
どんなスーパー・スターにも“衰え”は訪れるものです。ほかのチームだったら、1,2番で
レギュラーがつとまったかもしれませんが、ヤンキースは彼の力を認めませんでした。
結果的に、打率&出塁率は去年を上回ったので「だからもっと使えばよかったのに」という
不満がファンの間にはあるようですが、“プロ中のプロ”の評価は厳しかったわけです。

それでも、今年は“A”としました。
A-、A-、A-、A-、B-、B、B+…私が2007年にこの通信簿を始めてからイチローに
付けてきた評価です。期待が大きい分、評価は厳しくなる上に、マリナーズ時代の彼には
“for the team”の点で納得できないことが多かったのです。意外と思うかもしれませんが、
Aは過去最高です。もちろん、2001、2004年は何があったって“S”だったでしょう。
ハハハ。

今年のイチローを高く評価としたのは、5番手の外野手として不定期にしか回ってこない
出番にもかかわらず、打撃でも守備でも結果を出したことをリスペクトするからです。

さて、「来シーズンもMLBでプレーする」と明言した旨、スポーツ紙が伝えています。
タイガースとエンゼルスが浮上しているとも。
優勝を争うようなチームに行けば、“第4、第5の外野手”は変わらないでしょう。
41歳になりました。選手層の薄い弱小チームでもレギュラー出場が約束されることは
難しい気がします。
そして、タイガースはともかく、赤を多く使っているエンゼルスのユニフォームは絶対に
似合わんと思うなあ。ハハハ。

目指すのはMLBでの3000安打達成です。残り156本…
過去3年の平均打率から計算すると、同じ打率が残せるとして565打数が必要です。
140試合前後、レギュラーで出場しないと届かない数字です。
つまり、“目標”を達成するためには2016年もプレーしなければなりません。

日米通算安打はピート・ローズが持つMLB・4256本に134本と迫っています。
私個人は日米を“通算”する意味を認めませんし、イチロー自身がどう考えているかも
聞いていませんが、134安打を打つためにも500打数以上が必要です。
“逆境”には強いイチローが来年の開幕時、どこでプレーするのか注目します。
そして、ずっとイチローを追いかけてきたNHKが独自カメラを入れるかどうかも。
ハハハ。
by toruiwa2010 | 2014-11-14 09:12 | メジャー&野球全般 | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。