ブログトップ | ログイン

岩佐徹のOFF-MIKE

toruiwa.exblog.jp

実況、ドラマなど放送全般、映画、スポーツ全般、 旅、食、友 etc

有難う&安らかに 健さん~NHKアナ・錦織がらみ・内定取り消し~14/11/19

d0164636_933512.jpg
健さんが逝った

11/18のツイート

俳優、高倉健が亡くなった!
私が知る限り、健康家族のCMが最後だ。
そこにいるだけで絵になる役者だった。
晩年の彼が特に好きだった。

d0164636_934560.jpg
訃報を知ったのは京都から東京に向かう新幹線の中でした。
83歳でしたから“覚悟”はしていましたが。

最後の作品になった「あなたへ」でも歩き方などに“老い”を感じていました。
それでも、NHKのドキュメンタリー番組などで次回作への意欲を語っているのを見て
「せめてあと1,2本、あなたの生きざまが見える作品を残してください」と願ったものです。
d0164636_9342232.jpg
1977年3月にフジテレビのスタジオで一度だけ会いました。
コンビを組んでいたフジテレビ「3時のあなた」の司会者・富司純子さんが二人目の子供を
身ごもったために番組を去る日の特別ゲストでした。
このとき、46歳…年齢的には脂が乗っていたときですが、経歴を見ると、「このままでは
やくざしか演じられなくなってしまう」という危機感から、それまで在籍していた東映を
離れる直前だったのではないでしょうか。共演が多かった“藤純子”の最後ということで
難しい時期の出演を承諾したのだと思います。
オープニングとエンディングで隣に立った彼は、長身、颯爽、そして 寡黙…
まったく偉ぶるところのない八つ年上の大スターは“まぶしい”男でした。

やくざ映画は嫌いだったので、それまで彼の出演作はほとんど見ていませんでした。
「八甲田山」、「幸福の黄色いハンカチ」、「野性の証明」など、私のストライクゾーンに
入ってきたのはそのあとの作品群です。

いわゆる“演技派”ではないと思います。高倉健その人が画面の中にいる感じです。
演技の“うまい・へた”を越え、わざとらしくなく、そこにいるだけで絵になる俳優、
雰囲気を出せる役者はそんなにはいません。

NHK[プロフェッショナル]の中で本人も演技についてこう話していました。
「本人の生き方かな。生き方が出るんでしょうね。テクニックではないですね」。
一言で言えば、見る者の気持ちをわしづかみにしたのはこの人の佇まいです。
ただそこに立っているだけ、海を眺める背中…彼の人生そのものが彼の姿・形を借りて
スクリーンに映されていました。
d0164636_9343575.jpg
「八甲田山」をはじめ、「遙かなる山の呼び声」、「駅」、「居酒屋長治」、「あ・うん」、
「ブラック・レイン」…205本の出演作の中で見ていないものがたくさんあります。
「あなたへ」のあと、時間を作って必ず見ようと思ったのですが、果たせていません。
古いやくざ映画は興味がありませんが、上記の作品はこの機会に実現します。

心臓が止まったとき。
人々の記憶から消えたとき。
“人は二度死ぬ”と言いますが、二つ目の意味で高倉健が死ぬことはないでしょう。
映画の中の健さんとほとんど伝わってこなかった私生活の健さん…男が憧れる男でした。
男なら「あんな風な男になりたい」と思いますが、なれる人はいません。
それほど“高いところ”にいる男でした。

長い親交がある石倉三郎が言っていました。
「おごり高ぶることとは無縁の人でした」と。
他人は知らず、私は何度も“驕った”ことがあります。恥ずかしい…と思います。

“銀幕のスター”という言葉が似合う俳優が逝きました。


NHKとラ抜き言葉

11/11のツイート

旭天鵬戦…一瞬、耳を疑った。花道からの
リポートでSアナ「また現役で戻って
“これる”とは思わなかった」と。
うっかりしただけだろうが、NHKアナまで
“ラ抜き言葉”を本番で使うようになってる。
市民権を得るのも時間の問題か。

d0164636_9345227.jpg
今、そんなこと言っているかどうかは知りませんが、数十年前、「NHKのアナウンサーは
正しい日本語を伝える役割を果たしている」と言い張っていた時代があるのです。
民放にくらべて、読み間違いやアクセントの狂いが圧倒的に少ないのは認めましょう。
しかし、元同業者から見れば“時代も変わった”と思わざるを得ません。
「笑わせないでよ」と言いたいです。ハハハ。

そんなことを言うなら、相手が何か言ったら相槌ぐらい打とうよ、「シュートが来た」とか
「選手交代が来た」などと、口が曲がっても言うなよ、と。ハハハ。
民放育ちですから引退しても“反NHK”精神は抜けません。
相撲アナがやり玉に上がることが多いのは見ている時間帯が長いからで、彼らの質が特に
低いわけではないことを書き添えておきます。彼らの名誉のために。ハハハ。


ほかにも伝えることはあるよね

11/14のツイート

錦織圭のSF進出、お見事!
…が、ラオニッチが「中途半端なプレーしか
できなかったり、途中でやめたりしたら
ファンに対してアンフェアだから」と棄権したのは
ファインプレーだね。
「急に相手がまったく違うタイプの選手になって
錦織は大変だった」とテレビで松岡が言っていたが (続

d0164636_935798.jpg
日本のテレビだから錦織をほめちぎるのはいいと思います。
しかし、同時に“本質”も伝えないとダメでしょう。時間はたっぷり使ってるんだから。

私が言いたいのは、代役で出場したフェレールの立場になって考えてみよう…です。
ツアー・ファイナルにはランクの上位8人が出場しますが、故障者が出たときのために
“alternate”と呼ばれる選手が用意されます。交代要員です。今回はフェレールでした。
大会が始まると、彼は毎日会場でスタンバイしなければいけません。ラオニッチのように
試合開始直前になって棄権する選手もいるので、第1試合が始まる前から待つのです。

誰が棄権するか分かりません。それどころか、プレーすることになるかどうかもまったく
予想できない中でひたすら待ち続けるのです。
もちろん、試合ができる状態にしておかなければいけません。つまり、練習をします。
誰がケガをするか分からないのですから、対戦相手を想定することはできません。
精神的・肉体的に厳しい環境でフェレールは錦織戦に臨んだのです。その“大変さ”は
錦織以上だったと思うけど、どうだろう松岡君?

フェデラーが棄権したために決勝戦がなくなってしまったとき、観客の落胆を救ったのは
アンディ・マレーでした。
d0164636_9361887.jpg
「こうなったので、ジョコビッチとエキシビション・
マッチをしてほしいのだが」と電話がかかったとき、
マレーは自宅でTVゲームをしていたが、二つ返事で
会場に駆けつけて慣習を喜ばせた。
敗れたあと、「ゲームは勝っていたんだ。テニスより
上手だから」と会場を沸かせていたそうだ。


錦織の快進撃でテレビには多くの元選手が登場して錦織のすばらしさを語っていました。
そのことに問題はありません。
しかし、周辺の楽しい話題にも触れないと、テニスの本当の良さ・楽しみを伝えたことに
ならないし、錦織ファンは増えてもテニス・ファンは増えない気がします。


整合性は?

日テレの女性アナ内定取り消し…スナックでの
バイト歴が問題だとか。
上層部が問題視したらしいが、「職業差別」と
言うまでもなく時代遅れではないのか?
風俗はまずかろうが。ヤバイ写真が出たのに
首にならずフリーになっておいしい仕事してる
Nはどうだったの?

d0164636_9364294.jpg
内閣を作ったり改造したりするたびに“身体検査”という言葉がしきりに出てきます。
閣僚にしようとしている議員の政治資金の使い方や私生活に問題はないか、内閣として、
あるいは党として調査をすることを指しています。野党に攻撃材料を与えないように…。

学生の就職に際しても似たようなことが行われています。
企業にとって社員は“財産”ですから、問題がある学生は採用したくないでしょう。
最終的に採用を決める前に人事部が興信所を使って素行調査をするのは“常識”です。
「役員面接に残ったら、私生活をチェックされていると思って注意したほうがいいよ」…
若いころ、大学の後輩によくそう言ったものです。

入社2,3年から1次面接の試験官に駆り出されますが、あるとき、若い人事部員が「ああ、
その子は控室でタバコをプカプカ吸ってましたね」と言ったのにはビックリしました。
面接が終わり、試験官が集まって評価のすり合わせをしている中で、派手な格好で現れた
女子学生の話が出たときでした。
「うわー、そんなところから“見張られて”いるんだ」と思ったものです。
50年前の話ですが、今だって似たようなものでしょう。ハハハ。

訴訟を起こした女性の気持ちは分かりますね。
銀座のクラブ…だったようですが、そこでのバイト歴が内定の取り消しにつながるとは
想像もしなかったでしょう。
企業の人事が“傷がついた”と考えることに強い違和感があります。
まして、「アナウンサーには高度の清廉性が求められる」とは!

それなら尋ねましょう。
いささか問題のある写真が流出したNアナの件との整合性はどうなっているのかと。
いま、他局の朝の番組でメイン・キャスターを務めていますが、どんなに爽やかな(そうな)
笑顔を見せられても見続ける気になれません。貴局が求める清廉性とはいったい何?

ちなみに、メジャーリーグには“damaged goods”
という言葉が使われることがあります。
大きな代償を払って獲得した選手が古傷を抱えていると
分かったときなどに出てきます。これはまあ、ほんとに
傷がありますけどね。ハハハ。
by toruiwa2010 | 2014-11-19 09:37 | 岩佐徹的考察 | Comments(19)
Commented by ルブラン at 2014-11-19 10:38 x
岩佐さん お疲れ様です
内定騒動は青田買いが争点となりそうです
いくらなんでも3年生の9月に内定は早すぎでしょう
岩佐さんの頃はいつ頃内定が出たんですか
Commented by toruiwa2010 at 2014-11-19 11:09
ルブランさん、こんにちは。

試験が始まったのは4年生の6月、役員面接は
詰襟を着ていましたから9月か10月だったと思います。
7次か8次まで試験がありました。

いま、どの局もいい女性アナの獲得が
マストですから、内定が遅くなることは
たぶんないでしょうね。
Commented by BBB at 2014-11-19 12:02 x
岩佐さんこんにちわ。
代打出場のフェレールは素晴らしいプレーを見せて
くれたと思います。
マレー対ジョコビッチも楽しかったですし、その後の
レジェンドダブルスが最高でした。
マッケンロー、マレーVSキャッシュ、ヘンマンの最中、
キャッシュのサービスゲームで、直接客席にボールが
飛び込むような大フォルトを打った後にキャッシュが
チャレンジしました。
ホークアイがどういう表示になるのかと注目した所、
画面には「You can't be serious?」の一文。
客席は大爆笑でした。
完全に最初から仕込んでましたよねw
Commented by toruiwa2010 at 2014-11-19 12:08
BBBサン、こんにちは。

You can't be serious・・・は間違いなく
初めからの演出ですね。
長くエキシビションやレジェンドで試合を
しているので、完成度が高くなっているのでしょう。

決勝が消滅してがっかりだった観客も料金分を
だいぶ返してもらったのではないでしょうか。
Commented by 国産パンダ at 2014-11-19 14:00 x
岩佐さん、こんにちは。初めてコメントします。

私がテニスファンになったのは、岩佐さんのおかげです!!
WOWOWで実況中の岩佐さんは“周辺の楽しい話題”が多くて、テニス観戦初心者の私でも、飽きることなく試合を楽しめました。
客席にいる有名人が映った時も、それが誰なのか、岩佐さんはすぐに答えてくれていましたね。
現地新聞の話題を取り上げるコーナーも、大好きでした。


豆知識が豊富な岩佐さんのような実況をしてくれるアナウンサーは、もういないのでしょうか…
Commented by toruiwa2010 at 2014-11-19 14:07
国産パンダさん、こんにちは。

恐縮です。
テニスに限らず、実況するときは視聴者と一緒に
楽しもうと考えながらやっていました。
現地にいなければ分からない周辺情報を
出来るだけ伝えようとしたのもその一環です。
Commented by 赤ぽん at 2014-11-19 16:40 x
岩佐さん、こんばんは。

高倉健さんが亡くなったのを知って、なぜか死なない人のような勝手なイメージを
持っていた自分に気がつきました。
手塚治虫、松田優作が亡くなったのと同じような喪失感の中で昨日は
過ごしました。

俳優としての技巧などより、まさに「絵になる男の中の男」。
人柄を悪く言う人がいないのも凄いことですね(知らないだけでしょうか)
遥か昔に亡くなった父と同年齢でありながら、背筋をピンと伸ばした立ち姿や
一度だけ生で見た時の“うしろ姿”は一生忘れないでしょう。
Commented by toruiwa2010 at 2014-11-19 16:44
赤ぽんサン、こんばんは。

手あかのついたフレーズですが、
”いきざま”が見事な人でした。
Commented by しろのかあちゃん at 2014-11-19 16:52 x
こんにちは。毎日覗かせていただいていますが、初めてコメントさせていただきます。

ATPツアーファイナル終ってしまいました。1月の全豪オープンまでテニスのゲームを見ることができないのはとてもさみしいです。

さて、alternateのフェレールですが、本当にそうですよね。出るかどうかわからない大会のためにロンドンで練習しながら待機するなんて、ランキングがな常に下だった選手ならともかく、フェレールの立場からしたら、心身共にかなりつらいことですよね。ただ、嘘か本当かわかりませんが、その待機するということにこの大会では900万円相当が支払われると聞きました。お金が全てではないでしょうが、それならば納得もいくかな、と思えなくもないです。と同時に、この大会はなにもかもが破格なのだなあと、思う次第です
Commented by キムキムヒンギス at 2014-11-19 16:54 x
岩佐さん、こんばんは。

フェレールの諦めないプがレーにファンではないのですが
いつも感動します。
あのフェレールがラケットを叩き付けるなんて錦織選手のプレーは凄いなぁと思いました。
神尾米さんもフェレールが切れているところをみて
珍しいと呟いておられました。

マレーのインタビュー、マリオカート以外のところでも場内をわかせていましたが、聞き取れませんでした。
岩佐さんの実況だったらiいいのに。。と思いました。
Commented by ヤップンヤン at 2014-11-19 17:02 x
女子アナにつきまして岩佐さんの同僚でいらしたM倉さんもほぼ同じことを書かれていました。私も首をかしげました。
Commented by toruiwa2010 at 2014-11-19 17:36
しろのかあちゃんサン、こんばんは。

そのギャラは正しい情報です。
わずか3試合しかプレーしないグループ戦で
1試合を不戦勝…となるとほかの選手たちに
アンフェアですから、大会は万全の措置を
取っているのです。
Commented by toruiwa2010 at 2014-11-19 17:38
キムキムヒンギスさん、こんばんは。

フェレールのプレースタイルはスペイン選手に
共通するものですね。
日本の新聞で読むマレーのコメントは
彼のイメージと少し違って、興味深かったです。
Commented by toruiwa2010 at 2014-11-19 17:40
ヤップンヤンさん、こんばんは。

おやおや、生臭坊主と同じでしたか。
まったく、嬉しくありません。ハハハ。
Commented by ちえきち at 2014-11-19 22:30 x
岩佐さん、ブログアップ大変うれしいです。ありがとうございます。
錦織選手の件で、以前にマイケルは忙しいから今後はどうなるかわからないとおっしゃられていましたが、
先日の会見で、来年も同じチームでやっていくと言っていました。ファンとしてはうれしい限りでしたことをご報告しちゃいます。
ユーチューブで全会見内容がアップされていました。
Commented by toruiwa2010 at 2014-11-20 07:20
ちえきちサン、おはようございます。

選手がコーチとの契約を解除する理由は大きく分けて
3種類あります。

コーチ側が家族と一緒の時間を増やしたいなど、
個人の事情で解消を申し出る。
選手側が成績が向上しない、教え方が合わないなど、
不満があって…

最も多いのはたぶん金銭面で折り合わないケースだと
思います。
選手のランクが上がればコーチはギャラのアップを望み、
選手はそれを断ろうとする、衝突する…決裂する…
そういう話はよく聞きます。

チャンと錦織の関係がうまく行っているのは
結構な事ですね。
もっとも、1年で解消することは滅多にありませんが。
ハハハ。
Commented by ちえきち at 2014-11-21 12:59 x
わぉ!ご意見いただき恐縮です。
そうか、1年で解消されることは滅多にないと。なるほど。
一流テニス選手っていろいろなことをこなしていかないとなんでしょうね。一人では到底無理ですねえ。錦織選手はお父さんがサポートしておられるのかなあ。
とても興味深いお話ありがとうございました。また期待してます!
Commented by pigu at 2014-11-26 21:17 x
岩佐さん、こんばんは。
テニスファンのpiguと申します。
錦織選手の活躍で、思いがけないところでテニスのニュース
を目にすることが多くなり、うれしい反面、違和感を覚えて
いたのですが、この文章を読んでその違和感がどういうもの
か、すごく分かるという気持ちになりました。

お恥ずかしかがら、alternateの存在も初めて知りました。
やっぱり、「日本のテニスファンのみなさん」には
「アラカルト」が必要なんですよっ!!!
ああ、「アラカルト」が恋しい。
「国産パンダさん」もご指摘されてましたが、
カメラが客席の有名人を映したときの、実況の静寂・・・
「ああ、岩佐さんなら間髪入れずに教えてくださったのに」
と思ったことが数えきれないほどあります。

京都の美しい紅葉も楽しませていただいています。
写真いつも楽しみにしています。
Commented by toruiwa2010 at 2014-11-26 22:00
piguさん、こんばんは。

いろいろ好意的なコメント、恐縮です。
遠い日々になりましたが、私にとっても
いい思い出です。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。