ブログトップ | ログイン

岩佐徹のOFF-MIKE

toruiwa.exblog.jp

実況、ドラマなど放送全般、映画、スポーツ全般、 旅、食、友 etc

アギーレ・わいせつ・池上彰~ツイート:あれやこれや~14/12/22

d0164636_9523741.jpg
おそっ!

12/17のツイート

スペインの司法当局が「証拠あり」として
日本代表監督・アギーレを告発した。
これを受けて日本サッカー協会が会見したが、
出席したのは大仁会長でも 原専務理事でもなく
コミュニケーション部長だった!!
しかも「対策は議論していない」と言う。
危機管理に疑問アリ!

d0164636_9342828.jpg
日本のスポーツ界では、多くの組織の役職に老人がしがみつく光景が見られます。
サッカーは比較的早い時期に若い人たちに実権が譲られた組織ではないでしょうか。
それでもこの体たらくです。原専務理事はもう少しクレバーな人だと思っていただけに
残念でなりません。最初の会見に“大物”が出なかったのが追及を恐れて…だとすれば
情けない話だし、もし、「お茶を濁しておけばいい」とタカをくくったのなら問題です。

今になって、情報収集のために現地に関係者を派遣したそうです。
契約する前には表面化していなかったのでしょうから、その時点で調査不十分だったのは
仕方がないとして、遅くても現地メディアだけでなく、日本のメディアまでが伝え始めた
時点では調査に取り掛かっていなければいけませんでした。
きっと現地に行っても報道されること以外にたいした情報は集められないと思いますが、
“姿勢”が大事です。

契約の中身がどうなっているかにもよりますが、告発されたからと言って“即解任”は
難しいと思います。しかし、お互い“ビジネス”なんですから、問題が起きたときには
すぐに対策を講じなければダメでしょう。本人からの事情聴取だけで「不正に関与した
ことを示す事実はなかった」と発表するようでは組織として機能しているとは思えません。

ちなみに、代表に選ばれるような選手はこれで“動揺”することはないと思います。
もし、アギーレが解任されることになれば、後任にだれがなるかによって作戦が変わり、
選手の顔ぶれも変わるからチーム作りが遅れるだけのことでしょう。
問題は“疑惑”の段階であっても、八百長騒動の渦中にある監督が率いる代表チームを
ファンが応援する気持ちになるかどうかではないですかね。私は応援しますが。ハハハ。


わいせつの基準

モデルの水原希子が下着をつけただけの股間の写真を
SNSに投稿して「下品だ」と批判を受け「これはアート」と
反論したそうな。
先に3Dプリントした性器を並べて芸術作品と称した女性がいた。
長生きすると思いがけない光景や考え方に 遭遇するなあ。
喜ばなければいけないのか? ハハハ。
http://goo.gl/iFVwlN

程度の差こそあれ、性的なものに対する興味・関心は誰にでもあるでしょう。
同時に、これも個人差がありますが、人間には“羞恥心”もありますね。
どれだけ“あからさま”かによって、美しいと感じたり、微笑ましかったり、ときには
醜い、おぞましいと思うのです。

私は、ろくでなし子とやらが“芸術”だと称する作品をネットでちらっと見ました。
じっくり鑑賞しようとはまったく思いませんでした。“美しい”と感じる要素がどこにも
ないからです。
d0164636_9343278.jpg
「ノルウェイの森」や「へルタースケルター」で見た水原希子はいいと思いました。
CMに出てくる彼女も、一つ一つの動きや表情が生きていてすばらしいです。
どんな考えでこの写真を投稿したのかは分かりませんが、ちょっと浅はかでしたね。

“わいせつ”についての定義は時代とともに変わっています。
こういうニュースが浮上するたびに、“ダビデ像”や地方に残る“奇祭”を持ち出して
「あれはどうなんだ?」という議論を吹っ掛ける人もいますが、同列に語られるものでは
ないと思います。


あざとい…と思うんだが

インタビュー終了間際の池上彰の”手口”について
誉めそやす記事があった。
Nスタで久米宏がやっていたものだ。
褒めてもいいが、”ずるい”、”あざとい”と見ることも
できるんだ。
http://t.co/wlZXaQEGAg

東洋経済オンラインに載っていた≪「池上彰特番」"終了5秒前の奇跡"を見たか?≫という
見出しを見たとき、「ははーん」と思いました。私が16日の記事に書いたやり口を指して
いると見当がついたからです。私はこう書きました。

時間制限が厳しいインタビューの最後を“こちょこちょっと”
自分の意見でまとめてしまうやり方も人気が絶大だったNステの
久米宏がよく使いました。
なんとなく“スカッと”するので一般の視聴者には好評のようですが、
私には“あざとく”見えます。

d0164636_933251.jpg
東洋経済の記事は、ちまたには池上の質問の仕方を絶賛する声があるが…と紹介したあと、
「筆者が注目するのは“中継終わり5秒前”に行われる池上無双の戦術です」と書き、
さらに…

≪それは、相手が反論できない中継最後に、池上さんが
「このインタビューでこの人が言いたかったことは
これですよ」とうまくまとめてしまうこと。
これをやられると中継が切れる数秒前ですから、相手は
反論しにくく、つい、そうですと言ってしまうのです。

それにしても、何ともうまい言質の取り方です。
そして、視聴者は、ものすごく貴重なコメントを聞いたような
気分になります。
まさに、池上無双の“中継終わり5秒前の奇跡”。≫


筆者・佐藤智恵が何者か、この時点では知りませんでしたが、たぶん、放送についての
知識は持っていない人だろうと思っていました。それはしょうがないねと。ところが、
「とくダネ」のパネリストに名前を見て急いで検索すると“元NHKディレクター”!!

しかも、「ニュース」、「クローズアップ現代」にかかわっていたようです。仰天しました。
この業界にいたのなら、フェアなやり方じゃないことを知っているはずですから。
今どんなに“池上方式”を絶賛しても、まさか、NHK時代、国谷裕子にそんな聞き方を
させたりしなかったでしょうね?ハハハ。


キレてないいっす?

12/18のツイート

観客のため息に切れたり…
クルム伊達公子の気性はかなり激しいようだ。
WTAのこの抜き打ち検査は規定内やり方で、
ほかの選手からクレームが出たこともある。
自分がやられて文句を言うのは大間違いだ。
選手会の議題にすればいいだけのこと。

d0164636_9313213.jpg
寝入りばなを邪魔されたのですから腹も立つでしょう。分からないではありません。
しかし、アンチドーピング機構の係員は仕事を全うしているに過ぎないのです。
“仕事”とはルールに従って“抜き打ち”で伊達の家を訪れ、所定の尿を得ることです。
決して、楽しい仕事じゃないでしょう。
薬物汚染はスポーツ界にも蔓延しているからWTAは“組織防衛”の意味もあって厳しい
検査をやるようになったのです。しかも、「疑われているのか?」と思えば被害者意識を
持つかもしれませんが、自分が潔白であることを証明する手段でもあることを考えたら、
選手はもっと協力的であっていいと思います。

以前から、選手ら不満の声が聞かれていました。当然でしょう。
しかし、多くは自分が当事者にならなければ声を挙げません。選手会もあるのですから、
選手が団結して、深夜・早朝を避けるなど、やり方を改善するように意見を集約すれば
道は見えてくるはずです。

不満たらたらの彼女のブログをみましたが、まあ、ずいぶん激しいですねえ。
二人の係員のうち一人が家の中を常についてまわった、何を言ってもマニュアル通りの
ことしか言わない…彼らがちゃんと職務を遂行していたということじゃないですか。
彼女も変わりましたね。これを読んだら機嫌の悪いときには近寄るまい、と思います。
“ため息事件”のときみたいに「シャラップ」って怒鳴られそうだもの。

…っていうか、彼女の公式ブログのタイトルに違和感あるなあ。ハハハ。
d0164636_9374129.jpg
ミ・ソ・ラ…

12/20のツイート

元NHKアナ・生方恵一さんが亡くなった。
1984年の紅白で都はるみの名前を言うときに
「ミ・ソ・ラ…」と。
それは歴史的なハプニングだった。
翌年、大阪に異動し、その年限りで退職していた。
間が悪かっただけだが、本人はさぞ、悔やんだ
ことだと思う。安らかにと祈る。

d0164636_9275992.jpg
タイミングを見れば、“ミス”と大阪への異動がつながっていると考えるのが普通ですね。
まさか、その年に退職していたとは知らず、東京で顔を見なくなってからは「それほどの
ことではないのに」と、気の毒でなりませんでした。

オリンピックでブラジルのスター選手の名前を何度も言い間違えた某民放アナの例など、
実況中に選手名やチーム名を間違えることはザラです。
東日本大震災のとき、2日続けてゲストの木村卓郎氏を“キムラタロウ”と紹介したのは
たしか、現在は朝の番組で人気だという女性アナでしたね。ええ、NHKの。

本来、“ありがちな”ミスだったのです。民放ならたぶん「お前、何やってんだ」と上司に
怒鳴られて終わりでしょうが、きっと、NHKでは“重大犯罪”なんでしょう。そのころの
演歌や都はるみの“重み”を考えると局内の狼狽ぶりは想像できます。
舞台が紅白だったこと、相手がはるみだったことがすべてでしょう。

亡くなるまでに“失意”から抜け出し、穏やかな心境で過ごしていたと思いたいです。
d0164636_9272551.jpg

by toruiwa2010 | 2014-12-22 09:38 | 岩佐徹的考察 | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。