ブログトップ | ログイン

岩佐徹のOFF-MIKE

toruiwa.exblog.jp

実況、ドラマなど放送全般、映画、スポーツ全般、 旅、食、友 etc

浅田真央:神がかりの“復元力”~2014:岩佐徹的誤算2~12/27

d0164636_9384019.jpg
それこそが一流であることの証でしょうか、2月のソチ・オリンピックでは
浅田真央の演技に日本中が一喜一憂しましたね。それも24時間のスパンで
“喜”と“憂”の“振り幅”はとんでもないものでした。

「3Aは1本ずつ」…浅田の決断

02/05のツイート

ソチでは3 AはSP,FSで1回ずつ…
浅田真央がそう決めたらしい。
集大成として最高の演技をしたいと
金メダルより内容にこだわる発言が続いていたが、
いい決断だと思う。後退ではなく勝つための判断だ。
V の確率が高まったね。


一貫して3Aに強いこだわりを見せる浅田には疑問を持っていましたし、周囲までが
“彼女なら3A 3回は当然”のような物言いになっていることも心配でした。
しかし、ぎりぎりになりましたが、失敗の可能性が大きいジャンプを1本減らしたことで
精神的な負担が軽くなり、のびのび滑れれば金メダルに近づくと、このときは思いました。


団体戦から浅田のソチが始まった

02/09のツイート

インタビューに答える様子を見て少し安心した。
気落ちしているようには見えなかった。気がかりは、
この、リプニツカヤ・コストナー・浅田の結果が
ジャッジの頭に残像として残らないかということだ。
必ず残るんだよなあ。


団体戦に起用された浅田は3Aを失敗してリプニツカヤ、コストナーに後れを取りました。
“誤算”はこのときから始まった…と言ってもいいでしょう。
たとえ団体戦でも、3位という結果はある意味“衝撃的”でした。「個人戦は別」と簡単に
割り切れるものではありません。浅田のソチは“問題を残す”幕開けになりました。
彼女はどちらかと言えば“あとを引く”タイプだと思うだけに余計です。
d0164636_939245.jpg
SPの失敗:「終わった」と思った

02/20のツイート

大会のハイライト、女子フィギュアのSPが終わった。
キム・ヨナがトップに立ち、浅田は大きな失敗をして
遠くメダル圏外に去った。
インタビューでも呆然としていた。
信念に基づいての挑戦だったが、完敗した。
ファンもあきらめきれんが。


おおげさに言うなら“すべてをかけた”3Aの着地に失敗して転倒、コンビネーションの
最初の3回転が2回転になり連続ジャンプにならないという大きなミスもおかした結果、
掲示された得点は残酷なものでした。思わず息をのみました。
勝負ですからいろんなケースを予想するのですが、まったく想定外の事態になりました。
どんなに浅田の出来が悪くてもトップと5,6点差の範囲内、順位で言えば3位、4位には
とどまると思っていたのに、20ポイント近い差での16位とは…。多くのファンと同じで、
言葉が出ませんでした。

抱負を聞かれるたびに「悔いなく終わりたい」と呪文のように繰り返していました。
それはファンへの誓いでもあり、自分に言い聞かせる言葉でもあったはずです。
いま思うと、自分の言葉に縛られてしまったかもしれません。
d0164636_939567.jpg
“入魂の舞”だったFS

02/21のツイート

女子フィギュアはロシアのソトニコワが逆転金メダル。
女王にふさわしい演技だった。
銀はバンクーバーの女王、キム・ヨナ、
銅は初メダルのコストナー…
特筆すべきは浅田の魂のこもった演技だ。
3強の高いレベルの演技を引き出した。


悪夢のようなSPのあと取り囲んだ記者に「思っているような演技が全然できなかった。
体がうまく動かなかった」と語ってからわずか24時間後の演技に誰もが感動しました。

SPのあと、ツイッターのTLには「メダルも国民の期待も忘れて、自分のために滑って
ちょうだい」というファンのコメントが洪水のように流れていました。
「バカなことを言いなさんな」と思いました。そんなに簡単に切り替えられるぐらいなら
苦労はしないよと。ハハハ。
ぐっすり眠れれば別ですが、あのSPのあとで熟睡できるわけもありません。どう考えても
多くを望むのは酷だと思っていました。

ハイスコアが続出した“夢のような”FSになりましたが、それを演出したのは間違いなく
浅田の演技でした。
“望んだ形”ではなかったでしょうが、モチベーションを持つことが難しい中で、8種類の
3回転ジャンプを決め“悔いのない終わり方”ができてよかったと思いました。
フィニッシュのあとの涙に万感の思いがこもっていました。

NYタイムズの記者がこうツイートしていました。

素晴らしいプログラムを終えて浅田が泣いている。
彼女は美しく、そして自由だった。
プレッシャーから解放されるとこういうことが起きる。

d0164636_9402753.jpg
たしかに、SPの結果、大きく下位に沈み“メダル”や“順位”という呪縛から解放されて
“自由”になれたことは大きいでしょう。しかし、失意の“どん底”に落とされたはずの
前夜を思えば、これほど変身したパフォーマンスを見せるとは想像しませんでした。
SPのあと、当ブログの記事に「自分が納得できる、世界最高レベルの演技を期待したい」
という書き込みがあり、「無理だと思う。長い取材経験からそう断言できる」と言い切った
自分が恥ずかしいです。これほどの“復元力”を秘めていたことに敬服しました。

フリーのあとに“6位・浅田真央にありがとう!”というタイトルで記事を書き、最後を
こう締めくくりました。

…最後に、浅田真央さん、
今日、あなたらしさを見せてもらいました。ありがとう。
“普通に”あなたを応援してきた者の一人としてとても嬉しいです。
心からお疲れさまと言います。疲れた心身をゆっくりと休めてください。

d0164636_9404449.jpg
つい先日のアイスショーに出ていました。
3回転をきれいに跳んでいましたから、この日のために調整はしていたのだと思いますが、
当然、“競技コンディション”ではなかったはずです。しかし、ニュースで部分的に見た
顔も体も少し“丸み”を帯びた彼女の演技はとても魅力的でした。

“ハーフハーフ”ねえ。
競技の緊張感を懐かしむ気持ちと、知ってしまった“フィギュアless”の生活の楽しさ…
そのせめぎあいの中から結論が出てくるのでしょう。
この競技では1年の休養はそれほど大きなマイナスにならないことが実証されています。
しかし、長引けば長引くほど戻るのが難しくなります。

“決断”は彼女がひとりで下すでしょう。
これまでいいアドバイスをしてくれたお姉ちゃんは最近“ふわふわ”してるし。ハハハ。
d0164636_938620.jpg

by toruiwa2010 | 2014-12-27 09:45 | フィギュアスケート | Comments(2)
Commented by shin555 at 2014-12-27 20:00 x
私も今年一番の驚きは浅田のフリーだった気がします。
あの演技を見ることができたのは幸せでした。
ホントに凄かったですよね♪
Commented by toruiwa2010 at 2014-12-27 20:02
shin555さん、こんばんは。

御意!
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。