ブログトップ | ログイン

岩佐徹のOFF-MIKE

toruiwa.exblog.jp

実況、ドラマなど放送全般、映画、スポーツ全般、 旅、食、友 etc

日本人人質 交渉進まず~私なりに思うこと~15/01/24

ISIL(イスラム国)による日本人拘束と身代金要求については、すべての日本人が
なにかを感じていると思います。現に人命が危険にさらされている状態ですし、
とても微妙な問題なので軽々しくは発言しにくいですが、私なりに思うところを
書いてみます。

昨日の午後、拘束されている後藤さん、湯川さん、二人の日本人にセットされた
72時間という“タイムリミット”は切れました。相手側から反応らしい反応は
ほとんどないようです。
何らかの交渉ができているのか?すでにボールはISIL側に投げ返されていて、
彼らがどうするかを考えているのか?
d0164636_9412690.jpg
…動きがない理由はいろいろ考えられますが、専門家の「サウジアラビアの国王が
亡くなった時期なのでISILはより良いタイミングを狙っているのではないか」との
言葉に説得力がありました。
いずれにしても、得体の知れない組織を相手に、苦しく厳しい努力が続きます。

苦しさ・厳しさの理由は二つ。
ISILとの間にパイプがないこと。
“テロに屈しない”と“人命第一”…相手や状況を考えると矛盾しているテーマを
実現させなければいけないこと。

“テロに屈しない”は表面的には身代金は払わないことを意味するでしょう。
“人命第一を実現させる”は、相手が満足する何らかの要求を呑むことを意味します。
“同盟国”・アメリカからは「払うな」と強く言われているようですから、いわば、
八方ふさがりの中での交渉になっています。

日本政府に身代金を払う意志があるかどうかは 不明です。「NO」と明言することは
二人の生命をISILの手にゆだねることになりますから、最後まで言わないでしょう。
一方、ISILがこの段階で最終判断をするとは思えません。新たに出したメッセージで
圧力をかけて「YES」と言わせようと しているのだと思います。

「すべての責任は私にある」
後藤健二さんはそう言い残してシリアに向かいました。
100%、その通りですね。 しかし、こういう結果になると、個人では解決できない
レベルの 話になっていますし、そうなることも予想できたはずです。
“湯川さんを救出したい”との強い思いに駆られての行動だったそうですが、多くの
戦場レポーターたちが紛争地域の取材では“生命線”だと語る現地ガイドの反対を
押し切っていることを考えると、無謀だったと言わざるを得ません。
d0164636_9414432.jpg
10数年前にイラクで日本人ボランティアらが拘束されたとき、さかんに言われた
“自己責任論”が今度も出ています。言われても仕方がない部分もあると思います。
しかし、軽装で冬山に登る、コースを外れたところを滑る、なんらかの準備不足で
太平洋の真ん中でヨットが航行不能になる、台風接近中にサーフィンをする…などで
遭難したのと同列に語ることはできないでしょう。

「現地に行かなければ分からないことがある」と戦場リポーターたちは言います。
言いたいことは分かります。「だから、単純な自己責任論を持ち出すな」と二人の
行動をかばう人たちの発言も一部は理解できます。しかし、“即身代金支払い”には
つながらないでしょう。編集次第ですが、町の声の中には「払ってもいい」とする
意見があります。

“人命第一”を最優先するなら、誰もがそう考えます。
しかし、“テロに屈しない”という考え方には反する行為になります。
ヨーロッパには身代金を払った国もあるようですが、今回はけたが違います。
直接的な支払ではなく、彼らの支配地域に人道支援に限定する形で要求額と同額の
資金援助をしてはどうか…とする意見もあるようですが、ISILの要求に応じれば、
国際世論から非難される可能性が大です。 “相手を利する”ことになりますから。

しかも、一度払えば「日本は脅せば払う」ことが世界中に広がり似たような事件が
多発する可能性が生まれてしまいます。
払わなかった結果、ISILが彼らの言う“処刑”を行えば、それはそれで国内世論の
非難を浴びることは避けられないでしょう。
考えれば考えるほど、日本政府は窮地に立たされていることが分かります。
誰にとっても、ヒリヒリ、じりじりする時間が続くことになりますね。

お知らせ

新年から(正確には年末から)FC2でも”営業”しています。
エキサイト・ブログに不具合が発生したときのためです。
まったく同じ内容ですが、テンプレートが変わると、印象も
変わるようです。よろしかったら。 bit.ly/1AkCkch

FC2で更新するのは気に入ったものだけの予定ですが、
とりあえず、感覚をつかむまで毎日…

by toruiwa2010 | 2015-01-24 09:43 | 岩佐徹的考察 | Comments(2)
Commented by デルボンバー at 2015-01-24 13:08 x
岩佐さんこんにちは。余談ですが、昨晩、全豪のプレイバックで、チャン対アガシ戦やってましたね。96年のセミファイナル、実況はもちろんにあの!黄金コンビ。岩佐さんはご覧にはならなかったと思いますが、正月の特番でチャンとアガシのペアと、錦織、松岡のペアの試合視たばかりなので、妙に新鮮でした。
Commented by toruiwa2010 at 2015-01-24 18:21
デルボンバーサン、こんばんは。

放送されてるらしいと分かって
見ようとしたのですが、なぜか
「契約すればみられる」と字幕が。
出向社員時代からずっと契約してるわ!
ハハハ。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。