ブログトップ | ログイン

岩佐徹のOFF-MIKE

toruiwa.exblog.jp

実況、ドラマなど放送全般、映画、スポーツ全般、 旅、食、友 etc

ダイカン・タイショ~日本語って難しい~15/01/28

1月20日の大寒を過ぎて、震え上がるような寒さの日は減った気がします。
昨日などはむしろ暑いぐらいでしたが、今日から1週間、日本は大寒波に襲われると
言うではありませんか。寒がりの私はまだまだ気を緩めるつもりはありません。ハハハ。

…“ダイカン”なんですよね。そして、7月23日は大暑…“タイショ”。
タイアン(大安)におみくじを引いたらダイキチ(大吉)だった…なんてね。
肌ざわり、手ざわりは“触り”ですが 目ざわり、耳ざわりは”障り”です。
一方は直接にコンタクトがあり、他方は感覚でしかありません。
“いっぴき”・“にひき”・“さんびき”だし、“いっぽん”“にほん”“さんぼん”です。
だから日本語は難しい。確かにそうですが、 覚えるしかありません。
d0164636_9322045.jpg
アナウンサーでも環境によっては“エアポケット”があって、間違ったまま覚えてしまう
ケースがあります。ニュースや情報番組で「12時34“フン”ごろ」などと読んでいるのを
耳にすることがあります。「バカじゃないの?」とか「アナウンサーなのに」とか言っては
いけません。それが正しいと思って育ってきただけですから。ハハハ。

30歳近くまで、私も 伏魔殿(ふくまでん)を“ふしまでん”だとばかり思っていました。
幼いころに少年雑誌で出会っている言葉ですが、ルビを見間違えて、そのまま記憶して
しまったのでしょう。放送では言わなかったことが救いでした。
このブログやツイッターで他人の間違いを“やんわり”と指摘することがありますが、
長い間 言葉を使って仕事をしてきたわりに自分がしゃべったり、書いたりする日本語が
絶対正しい、などと言い切る自信はまったくありません。気づかずに間違った言葉遣いを
している可能性は否定できません。誰にでも言えることですね。
d0164636_9182811.jpg
こんなこともありました。

北海道にフィギュアスケート・ファンのごく一部にはカリスマのような存在になっている
ブロガーがいます。どんな傾向があるかは自分で確認してください。自己責任でどうぞ。
ハハハ。 goo.gl/rtyqwU

ブログも偏っていますが、コメントを読むと ときに目が点になります。
「コメントがひどい」と私がブログに書いて間もなく、彼(彼女)が呟いていました。

岩佐徹氏は、私のブログに寄せられる
コメントをひどい言葉と批判していますが、
耳障りの良い言葉だけで物事は進みません。

d0164636_9191655.jpg
飛んで火に入る夏の虫。ハハハ。

そもそも、「耳障りのいい言葉」なんて
「耳障りな」日本語はないんだけどねえ。


…と“@なし”で呟き返しました。
数日後、彼女(彼?)はブログにこう書いていました。

ところで、岩佐徹氏が『耳障りの良い言葉』という日本語は無いと
ツイートされていました。『耳障り』とは不快なことを表す言葉であり、
不快なことが良いというのは、確かに意味が通りませんね。
ただ、『耳触り』であれば、聞いたときの感じや印象という意味ですから、
これが『耳障り』として使用されるようになり、響きが良くても実は
不快なものが紛れ込んでいるという意味で、『耳障りの良い言葉』に
なったのだと思います。
現在この言葉は確かに辞書には載っていませんが、『耳触り』が
掲載されるようになったと同様に、この言葉も用法の一つとして
掲載されるようになるのではないかと思います。
日本語は少しずつ変化していくのです。


なんたる“強弁”&“へ理屈”。ハハハ。

耳障りの良い言葉…も強行突破するつもりらしい。
誰だってミスはする。私も。
素直に「間違えた。お恥ずかしい」と言えば終わるのに。
ハハハ。


…と書いて、“ジ・エンド”としました。“凝り固まった”人といつまでも付き合う気は
ないので。心配なのはそのブログを読む人にとってブログ主の言うことは“絶対”だと
思い込む傾向があることです。今後、北海道方面の国語力が落ちないか心配です。ハハハ。

今、思い出したことがあります。ついでなので…。

“確信犯”という言葉。
かつては“道徳的・宗教的・政治的信念に基づいて、悪くないと信じてなされる犯罪”と
定義されていました。対象が限定されていたわけですが、今では悪いと知りつつ“ええい、
構やしない”と腹をくくって行動することにも使うようになっています。
私も、仕事で口にしたことはないと思いますが、ブログではこの言葉を使う方がむしろ
意味が通じやすくなると思ってあえて使うことがあります。ええ、“確信犯”です。ハハハ。

そして、先のブロガーが「でしょう?だから“耳ざわり”だって」と言っても認めません。
耳“障り”と書いたあとに“…の良い”と続けちゃダメなのさ。

なお、当ブログには、しばしば“目障り”なことも書かれていることがあります。
読むときは、十分にお気をつけください。ハハハ。

お知らせ

新年から(正確には年末から)FC2でも”営業”しています。
エキサイト・ブログに不具合が発生したときのためです。
まったく同じ内容ですが、テンプレートが変わると、印象も
変わるようです。よろしかったら。 bit.ly/1AkCkch

FC2で更新するのは気に入ったものだけの予定ですが、
とりあえず、感覚をつかむまで毎日…

by toruiwa2010 | 2015-01-28 09:22 | 岩佐徹的考察 | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。