ブログトップ | ログイン

岩佐徹のOFF-MIKE

toruiwa.exblog.jp

実況、ドラマなど放送全般、映画、スポーツ全般、 旅、食、友 etc

自薦・厳選300? 戯言2 15/02/07

このシリーズ、始めたのはいいですが、苦労しました。
・・・で、1年後の2回目から文章が長くなりました。
短い言葉で本質をつくのはそれほど難しいということ。
ハハハ。

( )内はその後の“変化”、今の感想です。

戯言(ざれごと) その2――2008年6月

沈静化?


遼君、藍ちゃん、愛ちゃん、ハンカチ王子…一時にくらべると、扱いが少なくなった。
斉藤を除けば、まともな実績が残せていないのだから当然だ。
10日の「ニュースウォッチ9」で伊達公子が有明で行われた“小さな大会の1回戦”に
圧勝したことを伝えていた。この日は“浦和とガンバに重いペナルティーが課された”
という関心の高いニュースもあったのに!
ニュースの値打ちを測るときの君たちの物差しを知りたい。
(どん底を経験した王子に復活の兆しがあるとか…はなはだ疑問だが)

イヤだね

“後部座席もシートベルト”はいいだろう。
しかし、高齢ドライバーには“もみじマーク”だそうだ。
いずれ、街を歩くだけでも何がしかのマークをつけなくては
いけなくなりそうだ。
d0164636_10164897.jpg
おかしくはないのか?

受信者の同意なしに広告・宣伝のメールを送付した業者に対し、
罰金の上限を現行の100万円から30倍の3,000万円に
引き上げるのだそうだ。
2007年9月に施行された改正道路交通法によれば、酒酔い運転の
罰則は“5年以下の懲役、又は100万円以下の罰金”だという。
…ハカリが壊れているとしか思えん。

難しいもの

つぶやきしろー、ダンディー坂野、レイザーラモンほど売れてしまうと、
消えるのも早い。
土田晃之、劇団ひとり、柳原加奈子…賢いし、いいポジションにいるね。
(後段の3人は自分の場所を確保したね)

知らんかった

日英首脳会談で「食料の高騰は“喫緊(きっきん)の課題”ということで
合意した…らしい。
間もなく70歳になるが、この言葉、生まれてから68年半ほどは
聞いた記憶がなかった。
このごろ、よく耳にするようになった。口にする大多数が政治家だ。
「急いで取り組まなければいけない大事な課題」ではいけないのか?

認められていいと思う

紳助、さんま、爆笑問題…お笑い出身で司会もこなすタレントは
かなりいる。しかし、アイドルでありながら、中居正広ほど
番組・コーナーをうまく仕切るやつはいない。
(大勢の出演者をまとめる力はたいしたものだ)

気持ちは分かるが…

“泳ぐのは僕だ”と北島康介が言う。
たしかにそうなのだが、現実は水着に“泳がされて”いる。
そもそも、F-1/バイクのエンジンや車体、ゴルフのクラブやボール、
棒高跳びのポール、テニスのラケット…が大きな差を生むことは
理解できても、水着でこれほど差がつくとは想像もしなかった。
d0164636_1017374.jpg
そのうち、絶対に土俵を割らないマワシ、蹴ったボールを自在に
曲げられるサッカー・シューズ、振ったら必ず真芯でボールを
とらえるバットが出てくるかも。
(6年半たったが、出てこないw)

彼はいずこ?

「からくりTV」で見た“将棋少年”、いま、どうしているのか?
算数より国語が好きだと言っていた。
「あんな、算数にはひとつしか答えがないやんか。
国語にはいっぱいあんねんで」…説得力のある洞察に感動した。
(祖父に頼み事しにくい理由「あんな 田中クン、俺 外孫やねん」)

不納得

「グー・グ・グー・グー・グー」だけで芸人をやっていけるのか?
半年、1年しかもたないと分かっていても…ねえ。
(やっぱり、やっていけなかった)

我は現代の奇跡か?

携帯・ファックスを持っていない
ともに、深夜・早朝でも遠慮なくプライバシーに踏み込んでくるのがかなわないから。
まあ、正直に書けば、どちらも扱う自信がないのだが。
d0164636_10171873.jpg
運転免許を持っていない
学生のときがチャンスだったが、「教官が威張っている」と聞いて、絶対にけんかに
なると思ったから。
(この1年後、スマホを持つようになった。今、重宝している)

異議あり!

法務大臣・鳩山邦夫が欠点の多いお方であることは認めよう。
しかし、朝日新聞の素粒子が死刑の執行を続ける彼を“死神”と呼んだとすれば、
それはそれで問題がある。
大臣が抗議した事実を伝えたのが16面だったことにも首をかしげる。
d0164636_10185298.jpg
「素粒子」では「2ヶ月間隔でゴーサイン出して
新記録達成。またの名、死神」などと表現した。
法相の発言について、朝日新聞社広報部は「社として
特にコメントすることはありません」としている。
(注:当時、ネットに出ていた記事から)


…言論機関として無責任ではないのか?
たぶん、頭に血がのぼったまま書いてしまったのだろうが、すくなくとも
執行命令書に署名する前の法相はきみよりは冷静に考えたと思うわれ。

それ以後、朝日はこの件に触れていないと思っていたのだが、違っていたようだ

21日夕刊の素粒子では「法相は職務を全うしているだけ」
「死に神とはふざけすぎ」などの抗議が1000件を超えて
寄せられたことを明かし、「死刑執行の数の多さをチクリと
刺したつもりです」と説明。
「風刺コラムはつくづく難しいと思う」とし「法相らを
中傷する意図はまったくありません」「表現の方法や技量を
もっと磨かねば」と、おわびとも取れる内容になっている。


…と、6/22付けの毎日新聞朝刊は伝えていたらしい(毎日jpから)

「表現の方法や技量をもっと磨かねば」は、まったくその通り
「法相らを中傷する意図はまったくありません」は、“白々しい”と言っておく

*いま、wikipediaをみると、問題の記事の掲載から
1か月以上たった8月1日、ようやく「適切さを欠いた
表現だったといわざるを得ない」として自らの行動を反省し、
事実上謝罪した…そうです。
by toruiwa2010 | 2015-02-07 10:19 | 自薦・厳選300? | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。