ブログトップ | ログイン

岩佐徹のOFF-MIKE

toruiwa.exblog.jp

実況、ドラマなど放送全般、映画、スポーツ全般、 旅、食、友 etc

危うし「水曜日のダウンタウン」~やっちまったかもね~15/02/09

TBS「水曜日のダウンタウン」はプレゼンターが勝手にさまざまな“説”を唱え、それを
番組が検証するという企画が面白いと思って見ていますが、かなりの“うさん臭さ”が
付きまとっていたのはたしかです。
ここに来て2件 続けて突っ込まれ、やばいことになっています。
d0164636_737416.jpg
先週の放送で“タメ語が多いハーフのタレントは年下が自分に使ったときに切れるか?”
というテーマが取り上げられていました。
検証の仕方は、3人のハーフの女性タレントを別々に呼び、打ち合わせと称して若いADが
タメ語で話しかける…というものでした。
水沢アリーと道端アンジェリカは切れることもなく番組的には“空振り”(ハハハ)のあと、
3人目のダレノガレ明美で手応えがありました。

“使命感”に燃えるADが続けざまに放つなれなれしい言葉にそれまでも口を真一文字に
結んで決して笑わなかった彼女が「ねえ、タメ語やめなー。怒られるよ」とキリッとした
口調でたしなめたのです。視聴者には“切れた”と見えました。

ところが、翌日になって彼女が「昨日の放送 何回みてもひどい… 私に対してのタメ口を
キレたんじゃなくて、ADさんがプロデューサーにタメ口使っていたから、それに対して
怒ったのに、私に使ったのでキレてるみたいになってる…なんか本当ショックすぎる」と
ツイッターでクレームをつけたことで“裏”がばれてしまいました。
つまり、彼女は“ひっかけられた”のです。

放送での会話は…

AD「ダレノガレって何歳だっけ?」
ダレ「24」
AD「24か。水沢アリーとか道端アンジェリカとか会ったことはある?」


…と進んだところで「ねえ、タメ語やめなー」となっていますが、彼女の言ってることが
事実なら、リアルタイムの現場では違ったのでしょう。
d0164636_7364313.jpg
「やめなー」と言わせたADの言葉が「…会ったことはある?」ではなく収録のときには
「XX(プロデューサー)がいい加減な奴でさあ」的な言葉だった可能性があります。
作り手が都合のいいように“キリバリ”をしたわけです。テレビでは“編集”と言います。
困ったことに、確証はないもののバラエティ番組の編集室ではこれに近いこと、あるいは
これ以上のことがしょっちゅう行われているようです。

多くの場合、弱い立場のタレントが泣き寝入りするので明るみに出ないのですが、彼女は
“あまりにもひどい”と思ったので我慢しなかったわけです。
番組はその前の週の放送内容についてもクレームをつけられて謝ったばかりです。
松本人志も昨日の「ワイドナショー」の冒頭で「これはアウト」と認めていました。

同じパターンの繰り返しですね。
局からの「面白くしろ」という指示が強く、下請けが功を焦って無茶をする…これまでも
あった図式ですが、懲りないんですねえ、これが。困ったもんだ。ハハハ。

たぶん、きっと、おそらく…間違いなくダウンタウンには直接の責任はない話です。
制作過程についてはまったく関知していないはずですから。
それでも、タイトルに名前が入っている以上、ナニガシかの責任は負わざるを得ません。
たぶん、きっと、おそらく…間違いなくとは言いませんが、番組全体に元気がなくなり、
挙句の果て打ち切りになる可能性はありますね。

そして、たぶん、きっと、おそらく…間違いなくダレノガレのテレビ出演が減るかも。

江川紹子は張本某に逆らって「サンモニ」を下ろされた。
岩上安身の「とくダネ」降板はTPPを批判したためだと本人は主張しているらしいが、
番組が重用している時事通信・田崎史郎を番組内で怒鳴りつけたからだと私は推察。w。
勝谷誠二も番組内での発言が理由で降ろされることが多いみたいだ。
d0164636_735339.jpg
「ワイドナショー」がスタートしたころにコメンテーターとして出ているのを見かけた
岡江久美子をその後見なくなったが、思い当たる理由はある。集団的自衛権がらみの話で
松本人志が発言を求めたとき「私、こういう問題、本当に苦手なんでコメント控えさせて
下さい」と逃げてしまったのだ。
番組側が「ギャラ払ってるやんか!!」となったに違いない。w。

番組を下ろされる事情はイロイロですが、ダレノガレの今後に注目しましょう。ハハハ。
d0164636_7295552.jpg
昨日の夜、食卓に乗った卵焼き。
我が家は塩分も当分も控えめ。
店で出したら「味がついてねえぞ」と
つっかえされそうな一品。
砂糖も塩ももうひとつまみ…
私だってそう思わないわけではないが、
慣れって恐ろしい。これで十分だ。

by toruiwa2010 | 2015-02-09 07:42 | 放送全般 | Comments(2)
Commented by at 2015-02-09 17:22 x
岩佐様こんにちは。
当方、ニュース・情報番組以外はあまり地上波のテレビを拝見しなくなりましたが、全体的に製作陣の方々のモラルは低下しているのですかね・・・。

いわゆるコメンテーターと呼ばれる方々に関しては、本記事の登場人物でも、個人的に良識や人格を疑うような印象の方もおります。
かつては識者にも知性や教養を感じる方々が多く、大宅壮一・山谷新平・柴田錬三郎・梶山季之さんら文章や言葉にも重みがあり、「3時のあなた」「小川宏ショー」等を拝見すると、子供心にも、とても勉強になったのですが・・。
只「ミヤネ屋」等、近年のワイドショーは社会的なニュース・国際情勢が中心で、低俗な芸能ニュース等に時間を割く番組
が殆どなくなった事には好感をもっております。
Commented by toruiwa2010 at 2015-02-09 18:04
巽さん、こんばんは。

コメント有難うございました。
ご意見として承っておきます。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。