ブログトップ | ログイン

岩佐徹のOFF-MIKE

toruiwa.exblog.jp

実況、ドラマなど放送全般、映画、スポーツ全般、 旅、食、友 etc

待ってますよー~どうしちゃったのかなN記者?~15/02/19

初場所13日目に物言いがついた一番について、全勝で史上最多33回目の優勝を飾った
横綱・白鵬が美酒に酔いしれた翌朝の恒例の会見で審判部をこっぴどく批判しました。
酔いも残っていたようだし、よほど不満がたまっていたのでしょう。
“問題”になって協会、審判部、横綱審議委員会があれこれ言っているのを聞いた2日後、
ブログにこんなことを書きました。
d0164636_982559.jpg
発言した場やタイミング、言葉のチョイスが悪かった。
できれば言わない方がよかった。
そして、史上最多優勝で前夜はかなり盛り上がったはず。
酔いが残った状態での発言を鬼の首でも取ったかのように
伝えたメディアは困ったものだ。

さらに、白鵬にはいろいろな不満や不信感がたまっていた。
たとえば…慕っていた大鵬の葬儀が“前例がない”との理由で
協会葬ではなかった。地に落ちた大相撲人気を挽回するため
先頭に立って頑張ってきたことや2007年7月場所で横綱に
なってから8年近く休場することなく“ふさわしい”相撲を
取り続けてきたこと…への敬意が少ないことなどです。
苛立つ気持ちは理解できます。
d0164636_99920.jpg
だから、何を言っても許されるとは思いませんし、以前から、
立派な横綱ではあるけれど、“ダメ押し”や胸の汗、賞金を
受け取るときの所作などに問題があると思っています。

しかし、協会側に問題がないかと言えばそんなことは
ないでしょう。私には取材の機会がないので“空気”しか
分かりませんが、この件で問題だと思うのは“匂い”です。

“事件発生”以来の北の湖理事長や横審、そして審判部の
“物言い”には、横綱を含めた力士たちより自分たちの方が
立場が上だということを示したがっている意図が露骨です。


白鵬を積極的にかばう発言はあまりなかったようです。特にメディアからは。
ふだんは“マッチ・ポンプ”…一ヶ所で騒ぎを起こさせておいて、別のところでそれを
否定する記事を書いて読者の興味を惹くのはスポーツ・メディアの常套手段ですが、
今回は“放火した”だけで逃げたようです。ハハハ。

そのせいかどうか知りませんが、白鵬はネット上でかなり激しいバッシングを受けました。
どこにそんな“アンチ白鵬”が隠れていたのかと驚くほど、非難の嵐が吹き荒れました。
攻撃する人の頭のどこかに彼がモンゴル出身だから…という意識がなければいいですが。
「ない」と言いきれますかね。
去年の夏場所の鶴竜x豪栄道で“マゲつかみ”があったと控えの白鵬が手を挙げました。
見落とした勝負審判はバツが悪かったことでしょう。 “恥をかかされた”形の審判部が
“腹に一物”持っていた…ってことはないのでしょうか? これも「ない」と言えますか?

この時点で、まさかとは思いましたが、白鵬の気持ちが 切れないか私は心配しました。

…結局、テレビで白鵬が謝罪の言葉を口にし、日本相撲協会は幕引きにしました。
世間的にはこれで一件落着ということなんでしょう。大多数の相撲ファンはほっと胸を
なでおろしたと思います。ただし、大阪場所が始まるころに再燃する可能性はありますね。
それとは別に、私には一連の騒ぎの中で腑に落ちない、納得できないことがあります。

先月半ばから大新聞の相撲担当デスクをしているN記者のツイートをフォローしています。
紙面に出ない、興味深い角界の裏側の話も含まれていて面白いからです。
彼は、審判部が反発し、横審がごちゃごちゃ言うなど騒ぎが広がり始めた1月28日から
29日にかけてこんな風に呟いていました。

白鵬の件で持論を展開したかったんですが、
僕が伝えたいことに紙面は頂けず。 (後略)


そして、翌日にはこのように。↓
d0164636_993621.jpg
…期待しました。
取材力があり、筆も立つ記者だと信じているだけに、自ら“白鵬擁護派”を名乗る彼が
どんな記事を書くのかには大いに興味がありましたから。
しかし、その後、うんともすんとも…なんです。白鵬の“は”の字も。ハハハ。

たまりかねて、今月9日に“リプライ”の形で問いかけました。
ブロックはされませんでしたが、鬱陶しいと思われたのか、どうもミュートされている
形跡があったので彼の目には届かないかもしれないだろうと思いつつ。

1月29日に
「白鵬擁護論をいずれ書く」と
ツイートされてから10日が過ぎました。
期待して待ってます。少し、待たせすぎ
じゃありませんか?
ミュートされてると、これも届かない
のかもしれませんが。


案の定、反応はありませんでしたが、翌日 別件で何度かやり取りをしたとき、最後に私が
「…白鵬擁護記事にますます期待が膨らみます。」とリプしたところ「お楽しみに。横審の
委員長批判も、かますつもりですから」と返ってきました。

”かます”と言われたら期待しないほうがおかしいじゃないですか。ハハハ。

しかし、それからまた10日が過ぎようというのに白鵬に触れたツイートはありません。
“忙しい”、“取材を続けている”という言い訳は聞きたくありません。13回に分けての
長尺のツイートもあったのですから。
大新聞ですから、“縛り”もあるのかもしれません。間隙をついて意味のあるツイートを
書くのは簡単ではないでしょうが、待ってる人間がいることをお忘れなく。ハハハ。

昨日の朝日夕刊は黒田の広島キャンプ合流を
一面に乗せていました。違和感はこれっぽっちも
ありませんでした。ハハハ。
d0164636_9125689.jpg

by toruiwa2010 | 2015-02-19 09:16 | 大相撲 | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。