ブログトップ | ログイン

岩佐徹のOFF-MIKE

toruiwa.exblog.jp

実況、ドラマなど放送全般、映画、スポーツ全般、 旅、食、友 etc

自薦・厳選300? Cogito,ergo sum 6 15/03/01

Cogito,ergo sum 6 2009年1月  

文句あるか!


異論があったら遠慮なしに言ってもらいたい
今、ニーハイ・ブーツをはかせたら、香里奈が日本一!
d0164636_71473.jpg
肝心かなめ

境内に入る前に手を洗う、鈴を鳴らす…など、本来は時間がかかる
手続きを簡略化したことで初詣は全国に急速に広まったのだそうだ
(1/3 NTV「たけしの“教科書に載らない”日本人の謎))
「日本の神々は寛容だから、簡略化を受け入れてくれた 大事なのは
信じること」と学者が語っていた

その“信じること”が怪しいのだが、どうなるのか?

詩のボクシング

2007年だったと思うが、突然のメールで司会の依頼があった
ボクシングのリングに見立てたステージで詩を朗読し、優劣を競うらしい

人前に立つことが苦手なので断った

先日、ザッピングしているとき(1/3)BS-2で放送しているのを見た
司会者らしき人物も画面に映っていたが、わが身をそこに重ねることは
やっぱり難しかった
(披露宴の司会も苦手だ)
d0164636_721652.jpg
よかった!

“初”登板ではないようだが、マスターズ・リーグで元西鉄ライオンズの
池永正明が投げているのを見た
根拠不十分のまま、八百長の疑いで野球界から追放されたのが1970年
関係者の地道な努力が実って2005年にようやく処分が解除された男だ

下関商業高校から入団し、5年間で99勝を挙げた
マウンド度胸、凄み、速球の威力と変化球のキレ…
本格派の右腕では、稲尾、江川と並ぶビッグ3だと思う
(この3人は私の中で別格だ)

におい

4日の「サンデーモーニング」で浅井教授が話していた
戦後間もない頃の日本人にとっての“アメリカの象徴”は美空ひばりが歌った
「東京キッド」の中にあったと

たしかに、“チュウインガム”、“チョコレート”、“ジャズ”が歌詞の中にある

リグレーのガム、ハーシーの板チョコ…どちらも匂いの記憶が強烈だ
包みを開けたとき、鼻いっぱいに広がったあの匂いは、ストレートに
“しあわせ”や“豊かさ”のイメージに結びついた
まさに、アメリカそのものだった
d0164636_73141.jpg
座布団一枚

「深イイ話」で“浮気者か怠け者か”の話になったとき、
「“浮気する働き者”より“浮気しない怠け者”のほうがいい」と
四面楚歌の中で小倉優子が真剣な表情で訴えていた

少し時間が経過し、無邪気に遊びながら妻・中村玉緒を愛していたという
勝新太郎の話になったとき、島田紳助から例の調子で
「浮気をするから嫁を愛していない
浮気をしないから嫁を愛している
という問題ではないんだよ 分かるかな」と問いかけられたゆうこりん
「人生って、ハイリスク ハイリターンなんですね」

この子、なかなかやるなあ
(少し“足りない”キャラで売り出したがこの子はやるのさ)
d0164636_734733.jpg
テクニック

「女は中身(…が第一)。外見は自分が変えるから」
若い女性の間では名が知れているという高名な整形外科医の言葉だ
“逆”なら普通の男にも言えるのだが

おお、トロが…

築地の初せりで最高値のマグロを落としたのは日本人ではなかった
その名もリッキー・チェン…“香港のマグロ王”だそうだ
ぺ・ヨンジュンかGacktのNGみたいな顔をしたこの男、去年も
“No1”をさらったらしい

今年は、“沽券に関わるから”とがんばった銀座の老舗と話し合いで
“シェア”することになったとか
同じ仕入れ価格のマグロがそれぞれの店でいくらで提供されたのか
興味がある
d0164636_742535.jpg
整合性?

週刊朝日1/16号に「こいつだけは許せない 女が女にモノ申す!」
と題するなるワイド企画があった
“毒出し批評家”の肩書きで今井舞が書いている
「私生活を切り売りしない、というのが一流タレントの証。
でも、落ち目になると、持っているものは何でも使おうとする」…
と書き出し、24時間テレビで今井絵里子が長男に聴覚障害があると
公表したことを批判している

週刊朝日には先週号から東山紀之の「これまでと、これからと」が
始まっているのだが…

ちなみに、今井も東山も嫌いではない

むくどり

1979年のワールド・シリーズは強く印象に残っている
ボルチモア・オリオールズvsピッツバーグ・パイレーツは
7戦までもつれ込む熱戦だった

1勝3敗と追い込まれたパイレーツが地元・ピッツバーグでの
最終戦に勝ったとき、キャプテンのスタージェルはこう言った
「これでまた、あのクラブ・ケーキが食べられるってことさ」

クラブ・ケーキとは、ボルチモアの名物で、カニ肉を使った
ハンバーグのような食べ物だ

“元”巨人の上原のオリオールズ入りが決まった
松坂と違ってストライクを先行させるタイプだから野手には
歓迎されるだろうが、ホームランをたくさん打たれそうな予感も
(ここまで頑張るとは思わなかった)
d0164636_751056.jpg
カクメロ?

お笑いコンビが高校の“部活”を紹介するNHKの「熱中クラブ」が面白い
先日は愛知県立渥美農業高校の野菜部を“やるせなす”が訪ねていた
ここでは、四角いメロン、“カクメロ”を栽培しているのだ
プラスチックなどではメロンの大きくなろうとする力が強すぎて失敗
試行錯誤の末、鉄の箱に入れることで成功に結びつけた 
“纏足(てんそく)”か!

日をさえぎってしまうことを心配してしまうが、「普通の栽培法でも
“袋がけ”をするから同じなのだ」という
出来上がったメロンは糖度も問題なく、老舗高級専門店では1個15,750円で
売られているのだそうだ

この番組では、“やるせなす”や“スピードワゴン”が実にいい味を出す
d0164636_752965.jpg


*( )内は2015年現在の感想です。

ハッピー ひな祭り!!
d0164636_754933.jpg

by toruiwa2010 | 2015-03-01 07:13 | 岩佐徹的考察 | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。